1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. iPageでドメインを接続してWordPressをインストールする方法

iPageでドメインを接続してWordPressをインストールする方法

ヘンドリック・ヒューマン
ヘンドリック・ヒューマン
25
2019年8月12日

iPageはホスティング会社として長い業績があり、主にシンプルなホスティングを必要としているユーザーにサービスを提供しています。そのため、ドメインを接続してWordPressをインストールだけで簡単にホスティングをセットアップできると予想しました。本当に簡単だったのか見ていきましょう。

まず初めに、すでに読んでいない方はiPageのレビューiPageで新しいアカウントを作成する方法をご覧ください。読み終わったらこの記事をお読みくださいね。

では、iPageでドメインを接続し、WordPressをインストールしたときの体験について詳しく見ていきましょう。また、CDNのセットアップ方法についてもご紹介します。

WordPressのインストールについて

iPageのアカウントを作成できたら以下のページが表示され、あなたのドメインに関してWordPressのインストール先の入力を求められます。ドメインはデフォルトで購入したものが記入されているか、登録作業の際に移転するように求められます。

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image1

WordPressのインストールと設定作業が始まりました。1分以内に完了します。その結果、新しいWordPressのサイトに関する確認メールが届きました:

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image2

この時点でやっとiPageのダッシュボードにアクセスできるようになり、とてもシンプルな画面からWordPressホスティングをコントロールできるようになりました。

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image3

ここでは別のWordPressサイトを作成したり、SiteLockセキュリティを有効にしたり、サイトバックアップなど他のオプションにアクセスできます。

最後に、WordPressのセットアップ方法のウィザードを表示することができ、プラットフォームの使い方を説明してくれます。また、サイトの重要な設定作業を手助けしてくれます。静的ウェブページを表示するか、サイトにニュースやブログ記事を表示してサイトを更新するか聞かれた後、ウィザードは自動的に「お問い合わせ」ページを作成してくれます。

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image4

新しいWordPressサイトを公開する準備ができると、ウィザードはセキュリティの向上や統計情報の収集のためにJetpackプロフィールを接続するか聞いてきました。この時点でトラブルが発生したのでサポートに解決してもらう必要がありましたが、実際には指示に従って簡単に行えるはずです。問題が解決したら、「許可する」というボタンをクリックしてJetpackのセットアップを完了させるだけで終わりました。

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image5

これでWordPressサイトに無料のJetpackライセンスがインストールされます。また、Jetpackのサイトからプレミアムプランを購入することも可能です。

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image6

ドメインの接続

登録作業中にiPageからドメインを購入した場合、ドメインでサイトを利用可能にするために追加で作業する必要はありません。

GoDaddyなど他のプロバイダからドメインを購入した場合、iPageにGoDaddyのネームサーバーを指定する必要があります。iPageはこの作業について目立つように説明していませんし、資料も用意されていないのでGoDaddy側からDNSを更新する方法を調べなくてはなりませんでした。

新しいWordPressサイトを作成したら、後は適切なドメインを入力してドメイン登録先がiPageになっていることを確認するだけです。

CDNのセットアップ

私はサイトのパフォーマンスを最高の状態にしておきたいと思いました。ですからサイトの利用者が素早くページをロードできるようにするためにCDNを有効にしたいと考えました。その方法はダッシュボードに分かりやすく表示されていませんが、SiteLockからできると知っていたのでそこから行いました:

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image7

SiteLockはiPageの「WPエッセンシャル」プランで無料でついてきますが、自動的に追加されているわけではありません。代わりにSiteLockを購入するための金額が表示されていました。

How to Connect a Domain and Install WordPress on iPage-image8

SiteLockにドメインを指定すると、CDN・ファイアウォールが自動的に有効になったので、他に操作する必要はありませんでした。

まとめ

これでiPageのアカウント作成、WordPressのインストール作業、基本的なドメインセットアップ、SiteLockでのCDNの有効化が完了しました。

結論としては、ここまでの作業でiPageは初心者に優しい、使いやすいホスティングプラットフォームとして期待通りのサービスだと思います。唯一不満だったのは、ドメインの接続やSiteLock CDNのセットアップの作業で画面にヒントやアドバイスが表示されなかったことです。

どういうわけか、Jetpackのインストール作業は期待したほどスムーズにいかなかったのです。しかしこれは私だけの問題であり、あなたはスムーズにできるはずです。サポートチームが解決してくれました。

以上の作業は10分以内に完了し、新しいホスティング会社を利用した中で最速のサービスの一つでしょう。

iPageのダッシュボードはやや時代遅れな印象ですから、同じくらい使いやすくてより魅力的なインターフェイスがいいという人はGoDaddyをオススメします。それでもiPageが良さそう、と思った方はiPageの完全レビューをお読みください。

25 拍手
この記事が役立ったら拍手をお送りください!

関連記事

関連記事をもっと表示

コメントがありますか?

0 文字中 100 文字
必須項盬"Campo richiesto" Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低100文字です

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!