JavaScript・CSS圧縮ツール

JavaScript・CSSのコードを圧縮してサイトを小さく、高速にしましょう!

例を表示
×

/* Show transparent overlay */
function pageOverlay(){
$('#overlay').height($(window).height());$('#overlay').width($(window).width());$('#overlay').show(); }

function pageOverlay(){$('#overlay').height($(window).height());
$('#overlay').width($(window).width());$('#overlay').show();}

または
ここにJavaScript・CSSファイルをドロップしてください
この入力フィールドは必須です。
ファイルを圧縮するために送信中です。

よくある質問

JavaScript/CSS圧縮ツールの機能を教えてください。
JavaScript・CSS圧縮ツールはJavaScriptとCSSの圧縮ツールで、すべてのJavaScriptやCSSファイルを元のファイルサイズの80%にまで削減することができます。コードをコピー&ペーストするか、複数のファイルをアップロードして圧縮することができます。JavaScriptの圧縮とサイズの削減にはUglifyJS 3とbabili-standaloneを利用しています。この圧縮ツールは空白を消し、コメントを削除し、ファイルを結合し、よくあるプログラミングのパターンを最適化・短縮します。さらに、試験機能もあります。
JavaScript /CSSを圧縮すべき理由は?
ページのロード時間はサイトのユーザーの利用体験を改善するのに大変重要なポイントです。一部のサイトビルダーはデザイン、コンテンツ、機能性を向上するかわり、ページのロード時間が長くなっています。しかしサイトの訪問者にとってページのロード時間は重要なことです。ページがロードするのに時間がかかるとバウンスする可能性が高くなります。サイトを圧縮することでスクリプトを最大で20%削減できるのでロード時間が短くなり、帯域幅の使用率も下がり、HTTPリクエストの数も少なくなります。
使い方を教えてください。
簡単です。コードを画面左の欄にコピー&ペーストするか、枠内にファイルをドラッグアンドドロップすることもできます。コードがJavaScriptかCSSか選択し、圧縮ボタンをクリックします。直ちに圧縮されたコードが届きます。また、高度なオプションボタンをクリックすれば設定することができます。
このツールを利用した後でもコードは読み取り可能ですか?
はい、このツールを使ってもコードは読み取り可能です。ページがより素早くロードし、ページが高速で表示されるのでサイトの利用体験が改善します。
164903
164903
このツールが気に入りましたか? 評価してください!
4.5 (834 ユーザーが投票しました)
投票済みです! 取り消し
評価するにはツールを利用する必要があります。
この入力フィールドは必須です。Maximal length of comment is equal 80000 charsコメントは最低10文字です

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

Ctrl+Dでこのツールをブックマークに追加しましょう!