レビューと専門家の意見 Wix

1 位中 71 位のランキング ウェブサイトビルダー
4.9
50 6
テンプレート
4.9
使いやすさ
4.8
機能
5.0
価格設定
4.8
サポート
4.6
57か国語の11件のレビューに基づく情報
価格設定
Free $0
Connect Domain $4.5
Unlimited $12.5
ジェームズ・ギル
ジェームズ・ギル
サイト開発の専門家
Wixは初心者に最適なドラッグアンドドロップサイトビルダーです。充実したEコマースツール、メールマーケティング、500以上のプロがデザインしたテンプレートなどにより、他のサイト作成ツールと差をはかっています。

概要

Wix

まとめ

Wixは業界トップのサイトビルダーのひとつで、世界中190か国の1億1千万人以上の利用者にサービスを提供しています。このプラットフォームはかなり成功していますから、Wixが素晴らしいサイトを作るのにパワフルな機能を提供していることが分かります。例えばWixには以下のような機能があります。

  • プロがデザインしたテンプレートが500以上
  • Wixアプリマーケットにたくさんのアプリがあり、高度な機能を追加するのに便利
  • Wixエディタという素晴らしく充実したドラッグアンドドロップツール
  • 100%手数料ゼロで帯域幅が無制限のEコマースプラン

しかしみんなに最適なサイトビルダーなど存在しません。しっかり調査した人はWixは過去にトラブルがあったことをご存知でしょう。SEOに関する問題やカスタムコードを使用してサイトの機能を拡大できないことなどは過去に利用したことがあるユーザーから不評です。あなたにとってこのようなことは問題ですか?

さらに、Wixの無料プランを利用している人や、利用を検討している人は今後サイトを拡大していきたいと思っている場合、制約が多すぎると思うかもしれません。では、Wixのプレミアムプランはお金を払う価値があるのでしょうか?

もう一つ検討したいことはサポートスタッフがいつでも質問に応えてくれるのか、ということです。Wixはダイナミックでユーザーを中心にしたプラットフォームだ、ユーザーの質問に素早く回答していると宣言しています。実際はどうなのでしょうか?

メリットとデメリットを比較していくことでWixがあなたに適したサイトなのか分かるはずです。

テンプレート

4.9
Wix

簡単にカスタマイズできるテンプレートが豊富

Wixはテンプレートライブラリが充実していることで業界トップのサイトビルダーの一つです。カスタマイズ可能なテンプレートが500以上も用意されています。これらのテンプレートは無料で利用できますが、いくつかのテンプレート(主にEコマーステンプレート)は有料プランにアップグレードする必要があります。

テンプレートライブラリは16のカテゴリに整理されていてカテゴリごとにサブカテゴリに分かれています。カテゴリには音楽、動画、イベント、ブログ、ポートフォリオ、ランディングページなどがあります。特定の分野のテンプレートが欲しい場合はサブカテゴリを見てみましょう。例えば音楽のカテゴリにはバンド、ソロアーティスト、DJ、音楽業界向けのテンプレートなどがあります。

好きなテンプレートを選択したらWixのサイトエディタが表示されます。ダイナミックなドラッグアンドドロップのエディタなので編集しながら最終的にどのような仕上がりになるか見られるのが便利です。左側のサイドバーにはメニューや背景、アップロード、予約、ブログ、要素の追加、アプリの追加などのオプションが表示されています。

アイテムをサイトに追加すると、現在作業中のページに直接追加されるので好きな場所に自由にドラッグアンドドロップすることができます。追加した要素を編集するには要素をクリックするとメニューが表示されます。テンプレートに追加で機能を追加する必要がある場合はアプリを追加というボタンをクリックしてWixアプリマーケットにアクセスできるようになります。ここではたくさんのアプリから好きなものを選んでサイトの機能性を拡大することができます。例えばフォーム、Eコマースストア、支払い処理などのアプリを追加できます。

このようなテンプレートは素晴らしいマルチメディア機能を提供しているので動画、高画質画像、動画背景でさえも追加することができます。

このようなテンプレートには2つのデメリットがあります。まず、完全にレスポンシブというわけではないということです。モバイルテンプレートバージョンもありますが、モバイル版でもサイトがきちんと表示されるためには個別に編集する必要があります。ページレイアウト最適化ツールなどがあり、モバイルサイトを素早く編集することができますが、他のサイトビルダーではこのような作業は必要ない場合もあるので時間の無駄とも言えるかもしれません。

第2に、テンプレートを選択したら他のテンプレートに変更できませんGoDaddyのGoCentralビルダーのようにテンプレートだけを切り替えることはできません。テンプレートを変更したいならサイトを一から作り直す必要があります。投稿やその他のデータはそのまま移転されません。ですから慎重にテンプレートを選択するか、一からやり直す心の準備が必要になります。

機能

5.0
Wix

ブランドを簡単に作成、促進できます

Wixは初心者でもドラッグアンドドロップビルダーで魅力的なサイトを作成できるため、たくさんの機能性は期待していないかもしれませんね。幸運なことに他のサイトビルダーにはないような高度な機能があるのです。

使いやすいSEOツール

数年前、SEOの観点ではWixは最悪のサイトビルダーでした。しかし今では大幅に改善しており、SEOに関しては最高のサイトビルダーです。Wixが面倒を見てくれるのでSEOについて詳しくなくてもランキング上位にランクインできるようになります。Wixの「SEO Wiz」機能ではSEOを向上する方法をステップバイステップで教えてくれるのでGoogleのランキングを向上するのに役立ちます。

また、WixアプリマーケットにもSEOを改善するのに役立つアプリが複数あります。もちろん、すでにSEOの経験がある人はサイトエディタからSEOを直接変更することもできます。ウェブページ、写真、動画などサイトのその他の要素のSEOをカスタマイズすることもできます。WixはブログにSEOのヒントを紹介しているので得意になれるように学習することができます。

充実したアプリマーケット

コーディングの知識はないけど写真ギャラリー、Eコマースツール、ブログなどの高度な機能をサイトに追加したい人はご心配なく!Wixアプリマーケットには何百ものツールがあり、サイトの機能性を向上することができます。

必要な種類のアプリを検索するか、カテゴリを見て思いを巡らせることもできます。アプリマーケットにはブログ、予約、音楽、ネットショップ、写真など色々なアプリが用意されています。無料ツールもたくさんありますし、低価格で高度な機能を追加することもできます。

EコマースもOK

ネットショップサイトを作成したい場合はWixは100%手数料ゼロのEコマースプランを提供しており、売上を向上するのに必要な機能がすべて搭載されています。Eコマース専用のテンプレートの他にもストアアプリがあるので素早くショップを作成することができます。

また、以下のようなEコマースに適したアプリもたくさん用意されています。

  • 買い物かごアプリ
  • 価格表
  • ギフトカード
  • PayPalボタンなどの支払い処理アプリ
  • ライブチャットアプリ
  • フォームビルダー
  • 名刺
  • アマゾンやEtsyのショップをWixサイトに統合できるアプリ

メールマーケティングツール

多くのサイトビルダーはメールアカウントを提供していますが、基本的なメールの送受信しかできず、メールマーケティング機能はブロックされています。幸運なことにWixはメールマーケティングが可能なプランを複数用意しています。VIPプランでは毎月最高で5万通のメールを送信したり10のメールキャンペーンを行ったりすることができます。ビジネスアンリミテッドプランとビジネスVIPプランでは毎月最大10万通のメールを送ったり20ものキャンペーンを行えます。

Wixのメールマーケティングプラットフォームは「ShoutOut」というもので、プロフェッショナルな印象のメールを作成するのに必要なツールが用意されています。カスタマイズ可能なスタイルやテンプレートがあります。ウェブサイトビルダーと同じようにメールを簡単に作成してブランドを宣伝することができるので便利です。統計トラッキング機能もあるのでキャンペーンが成功しているか調査することができます。

Wix ADI

サイトの作成・デザインでもっと助けが必要という場合はWixは独自の人工デザイン知能(Wix ADI)を提供しています。日本語版では利用できませんが、新しくWixでサイトを作成する際には自分でテンプレートを選択してWixエディタを使って自分でサイトをカスタマイズするか、Wix ADIにほとんどすべての作業を任せることもできます。

Wix ADIはいくつかあなたに質問を投げかけ、それに対する回答とあなたのソーシャルメディアプロフィールをもとに、デザインアルゴリズムでパーソナライズされたサイトをデザインしてくれます。この方法で作成したサイトはすっきりしたデザインですべてモバイル端末に対応しており、カスタマイズ可能ですが、Wixエディタで作成したサイトと比べるとカスタマイズできる部分が限られています。Wix ADIで作成したサイトをWixエディタのサイトに変換することもできますが、逆にWixエディタのサイトをWix ADIに変換することはできませんのでご注意ください。

オリジナルロゴを作成

ロゴのアイデアがあるけど高額なデザイン料金は払いたくありませんか? Wixは独自のロゴメーカーがあるのでサイトのためにプロフェッショナルな印象のロゴを作成することができます。ロゴについていくつかの質問に応えればWixがスタイルや色などの面で提案してくれます。

ロゴはテキスト、形、色などすべての要素を編集することができます。ロゴを作成できたらサイトに直接追加することができます。最高なのはロゴの権利も所有できるので名刺や文房具に利用することもできるのです。

利用の難易度

4.8
Wix

必要な機能をすべて追加しましょう。コーディングの知識は必要ありません。

初心者ならWixのダイナミックなドラッグアンドドロップ編集ツールが気に入ると思います。必要な機能だけを追加してサイトの好きな場所に配置することができるのが便利です。

アイテムを使うのにコーディングの知識は必要ありませんし、要素をクリックするだけでカスタマイズオプションが表示されます。テンプレートにモバイル版があるのでモバイルサイトも簡単に作成することができます。スマホのアイコンをクリックすればモバイルサイトのデザインを編集できます。

ただしWixのモバイルサイトについて知っておきたいことは、パソコンサイトでの編集はモバイルサイトに反映されるものの、その逆は反映されないということです。つまりモバイルサイトを編集すると、編集内容はモバイルサイトのみに反映されます。モバイルでの利用体験を向上するためで、端末で表示される大きさを編集してもパソコンサイトには影響がありません。


ヘルプが必要な場合はWixの人工デザイン知能(ADI)機能をいつでも利用できることをお忘れなく。サイトについていくつかの質問に答えるだけでWixがサイトを作ってくれます。ツールを使えばサイトを編集することができるので、何百ものテンプレートを探さなくていいですし、デザインに詳しくなくてもいいのが便利です。Wixにすべてお任せできるということです。

カスタマイズできるフォームやライブチャットなどの機能に関してはWixアプリマーケットをご覧ください。「フォトギャラリー」や「ソーシャルメディア」など、必要なものを検索すれば利用可能なツールが表示されます。また、無料版しかないのか有料のプレミアムオプションもあるのか、ユーザーの評価なども表示されるので便利です。

Wixはコーディングして機能を増やしたり、高度な機能を追加したい人には向かないプラットフォームでした。できることと言ったら独自のiFramesを使って独自のHTML要素を追加できるということでした。しかし最近、Wix Codeという機能が導入されました。この機能を使うとデベロッパーはJavaScriptを使ってサイトを大幅に編集できるほか、Wixの充実したAPIライブラリを利用することもできます。これにより、たくさんの機能、アニメーション、インタラクション、要素などを追加することができます。WixエディタからWix Code画面にアクセスすることができます。

メリット

  • サイトを作成するのにコーディングの知識が必要ない
  • ページレイアウト最適化ツールで素早くモバイルのレイアウトを最適化できる
  • SEOウィザードやアプリでサイトのSEOを編集できる
  • ブログなどの機能を追加するのが比較的簡単
  • Wix Codeを使うとカスタムJavaScriptやWix APIで簡単にサイトの機能を拡大できる

デメリット

  • テンプレート(主にEコマース用)やアプリにはアップグレードにお金がかかるものがある
  • モバイルサイトを最適化するにはモバイルテンプレートを個別に編集する必要がある
  • テンプレートのCSSはカスタマイズできない

サポート

4.6
Wix

自分で問題解決するツールは充実しているが、高度なサポートは改善の余地あり

Wixは適切なサポートを提供していますが、いくつか改善点があります。主なサポートツールはインタラクティブなヘルプセンターです。質問を検索するか、カテゴリから探すことができます。

よくある質問は分かりやすいステップごとに説明されています。例えばギャラリーの画像を追加したり変更したりするガイドには6つのステップ形式で分かりやすく説明されています。動画チュートリアルが掲載されていることもあります。

さらにヘルプが必要な場合は2つの方法があります。まず、チケットを送信してサポートスタッフに返信してもらうのを待つことです。この面は改善の余地があります。いつ頃回答されるか教えてくれたらいいと思います。私はサポートチケットを送信したところ、45分ほどで回答が来ました。この際には詳しく質問に答えてくれましたが、別の日に問い合わせたところ、回答は届きませんでした。

2つ目のオプションはWixのサポートスタッフに電話してもらうことです。電話サービスはアメリカ太平洋時間午前5時から午後5時まで利用可能で、サポートスタッフが5分以内に折り返し電話を掛けてくれます。電話のサポートは英語、スペイン語、ポルトガル語で利用可能です。しかし特にピーク時にはいつでも利用可能わけではありません。

今すぐ対応してもらいたいという場合は自分からサポートに電話したいと思うことでしょう。残念ながらスタッフの方から電話がかかってくれるのを待つしかありません。しかし電話代がかかりませんし、電話がつながるまで待たされることもないのはいいでしょう。

サポートオプションは良いですが、簡単に見つけられるわけではありません。チケットを送信したり折り返し電話してもらうリンクはありません。問い合わせ方法をヘルプセンターで検索しなければなりませんでした。

問い合わせの内容に関連するトピックのページを開いたら「役立ちましたか?役立たなかった場合はこちらをクリックしてサポートにお問い合わせください。」という欄があり、そこからサポートに問い合わせることができます。役立たなかったをクリックすると問い合わせのリンクが表示されます。

しかしリンクをクリックすると以下のような画面が表示されるので改善して欲しいものです。問い合わせの内容についていくつか質問され、最も関連する文書が表示されます。また、実際にサポートに問い合わせるリンクも表示されます。

もう一つのデメリットはWixはライブチャットサポートを提供していないことです。サポートの文書はかなり良かったですし、このサイトビルダーはかなり人気がありますから、ライブチャットくらいはあるべきだと思います。

初心者の質問にも対応してもらえるように、サポート体制を改善してもらいたいものです。サポートにボタン一つで問い合わせられるようにしたらいいと思います。無料で折り返し電話してもらったり、文書やチケットでの問い合わせもいいと思いますが、Weebly、Site123、GoDaddyなど、他のサイトビルダーはライブチャットサポートがあるのでWixのサポート体制は感心できません。リアルタイムでスタッフとチャットできるのは最高ですよね。素早く対応してもらえることが保証されているからです。

価格設定

4.8

色々な種類のサイトに低価格なプランを用意

Wixは6種類のプランを提供しています。無料プランはとても基本的なもので、Wixのサブドメインを使うことになります。また、サイトにはWixのブランディングが表示されます。サイトを最大限に活用するためには有料プランにアップグレードする必要があります。

基本的なサイトにはコンボプランがいいでしょう。ストレージ容量は3GB、帯域幅は2GBです。このプランは個人用サイト、ブログ、小規模ビジネスのサイトに適しています。しかし帯域幅の制限があるので訪問者数を増やすのは難しいでしょう。

アンリミテッドプランにアップグレードすればストレージ容量は10GB、帯域幅は無制限になります。さらに、VIPプランにアップグレードすると10のメールキャンペーンを行ったり、VIPサポートを利用できるようになり、素早く対応してもらえるのが魅力的です。ビジネスの運営にサイトがとても重要な場合はVIPサポートは必要不可欠な要素になるかもしれません。

Eコマースサイトを作成したい場合はビジネスプランにアップグレードする必要があります。ビジネスプランはすべてオンライン決済システムを提供しており、販売手数料が100%無料です。最近始めたビジネスならビジネスベーシックプランがいいでしょう。ストレージ容量は20GB、300ドル相当の広告ギフトカードを利用できます。

ビジネスアンリミテッドプランではストレージ容量は35GB、メールマーケティングツールを使って毎月20のキャンペンを行ったり最高で10万通のメールを送信することができます。ビジネスVIPプランはトップのプランでストレージ容量は50GB、30時間の動画を投稿することができます。また、VIPサポートも利用できます。利用者をターゲティングしたい場合や売り上げを伸ばしたいEコマースサイトには、メールキャンペーンが重要です。大規模なネットショップの場合、ダウン状態になったり問題が発生すると売り上げを左右しますから優先的にサポートしてもらえるのはとても重要なことです。

すべてのプランで1年間無料ドメインを利用でき、14日返金保証もあります。

*価格や利用可能なプランは国によって異なりますのでご注意ください。Wixのサイトの価格欄を見れば詳しく価格をご覧になれます。

Free

$0
/ Month
  • ホスティングストレージ・: 500MB
  • 無料画像ギャラリー
始める

Connect Domain

$4.5
/ Month
  • ホスティングストレージ・: 500MB
  • サイトごとのページ数: 制限なし
  • カスタムドメイン
  • 無料画像ギャラリー
始める

Unlimited

$12.5
/ Month
  • ホスティングストレージ・: 10GB
  • サイトごとのページ数: 制限なし
  • カスタムドメイン
  • 無料画像ギャラリー
始める

ユーザーレビュー

Filter by
サービス
  • Choose servise
    • All
  • Free
  • Connect Domain
  • Unlimited
言語
  • レビューの言語を選択してください
    • English (33)
    • Deutsch (1)
    • Français (1)
    • Suomi (1)
    • עברית (2)
    • 日本語 (1)
    • Nederlands (1)
    • Polski (1)
    • Português (2)
    • Русский (11)
    • Türkçe (2)
並べ替え
  • 新しいもの順
  • 新しいもの順
  • 古いもの順
  • 最高
  • 最悪
レビューを書く
レビューに返信
Reply
訪問 Wix
ja
エラー
onClick="trackClickout('event', 'clickout', 'Vendor Page - Visit User Reviews', 'Wix', this, true);"
2
Wix User
日本
2
日本後サポートは最悪です!

Wixを長く使用しています。仕事にも活用しています。個人的には大変満足しています。初心者でも、誰でも簡単にデザイン性にも、機能性にも優れた本格的なウェブサイトが制作できる点では、クローズドソース型のCMSとしては、間違いなく世界一だと思います。よくWoropressと比較されますが、あちらはオープンソース型であり、どちらかと言えば制作会社などプロや上級者向けのCMSです。使いこなすには、それなりの知識やスキルも必要です。全くの素人や初心者では、おそらく使いこなすことは無理です。一方、Wixは全くの素人や初心者をターゲットにしています。知識やスキルもない全くの素人や初心者が、ここまで本格的なサイトを作れるCMSは他にはありません。その意味では、Wordpressとはまったく別物と捉えたほうがいいでしょう。また、日本のどんなCMSも全く足元にも及ばない、天と地ほどの差があります。それほどWixは優れています。世界で1億人以上のユーザーがいるのも納得です。ただ、日本においてWixの致命的な弱点はサポートです。日本語サポートはありますが、サンフランシスコからのメール対応のみです。それ自体は仕方ないとしても、サポートの対応については、どうひいき目にみても質が高いとは言えません。というより最悪です。海外からのサポートになりますので、時差があります。だから、その日のうちに回答が欲しくても、最短でも日本時間の翌日になるのは仕方ありません。困ることもありますが、我慢しなければならないと思っていいます。しかし、実態は酷いもので、質問を送っても全く返事がなりことが多くあります。こちらから何度か催促して、やっと回答いただけることが当たり前のようにあります。時にはあまりにも返事がないので、何とか自分で解決し、問合せのことなど忘れた頃に返事が来るってこともあります。全く意味がありません。笑い話です。いいえ、笑い話にもなりません。それならまだいい方です。場合によっては、どうしても回答が欲しいので、数日、日にちを開けて、気を使いながら何度か催促の連絡することもあります。でも、それでもまったく無視されてしまい、一切の回答やレスポンスがないこともあります。こちらも仕事で利用していますので、回答がなく問題が解決しないと、その先のお客様にも影響を与えてしまいます。どうなっているのか、状況もまったく分かりません。Wixは日本でも200万件の登録ユーザーがいると聞いています。そのうちアクティブ(稼働)ユーザーの数がどの位なのかはわかりませんが、相当な数になるかとは容易に想像できます。サポートへの問い合わせもきっと多く、限られた日本人スタッフでは、対応も大変なんだろうということは理解できます。しかし、無視はいけません。こちらも仕事で利用しているわけですし、回答が難しくても、何らかのレスポンスは必要です。プロとして当然です。ひょっとすると、Wix社内で面倒な客とレッテルを張られてしまっているのかもしれません。しかし、こちらは全くそんなつもりはなく、結構気を使いながら問い合わせをしています。これでは何のためのサポートなのかわかりません。質問の内容であれ、お客であれ、対応が面倒と思ったら回答しない、無視して放っておく・・・それでは困ります。この点については、Wix社も追加投資をしてでも、ぜひ、日本向けのサポートの充実化を図って欲しいものです。今の日本語サポートは、サービスとしては最悪のレベルです。というより、到底サポートとは呼べるものではありません。せっかく優れたCMSを提供しているのに、サポートの悪さがが、日本でのWixの評判を下げてしまっているのが残念でたまりません。ぜひ、非難と受け止めず、Wixを愛し、Wixを長く利用するものとしての激励として受けて止めて頂き、改善に努めて頂きたいと、切に願う限りです。海外のサポートは評判もいいと聞いていますので、日本向けのサポートも充実すれば、日本でもWixは無敵になるのではないでしょうか?

に関するまとめ Wix

Wixは初めてサイトを作る人にオススメです

Wixは業界トップのサイトビルダーとしてかなり立場を固めています。コーディングに関して全く知識がない人や使いやすいウェブサイトツールが必要な初心者に最適です。

しかしWixは初心者だけに向いているツールではありません。機能が充実しているので経験はあるけどサイトを作成する時間がない、使いやすいツールが欲しいという人にも向いています。さらに、他社のような複雑なソフトウェアや高額の料金は払いたくないけどeコマースソリューションが必要という場合にもオススメです。また、Wix Codeが導入されてからコーディングができる人は独自の機能、アニメーション、要素などをJavaScriptやHTMLで追加してサイトをカスタマイズできるようになりました。

Wixの最大の魅力は使いやすさです。機能を素早く追加でき、メールマーケティングやEコマース開発などの高度な機能のアプリがあるのでWordPressなどの複雑なサイトビルダーと同じくらいの機能性があります。

Wixの主なデメリットはライブチャットや電話で素早くサポートに問い合わせられないことです。しかしチケットで問い合わせて回答が届くのを待つことはできます。サポートスタッフに対応してもらえないと次のステップに進めないという場合は不便です。

もう一つのデメリットはテンプレートを選択したら他に変えられないことです。Wixほど有名なサイトビルダーではこのようなデメリットは意外でしょう。サイトのデザインを一からやり直したい場合には大変です。通常のウェブマスターの場合はそれほど問題ではないと思いますが、本当に気に入ったテンプレートを選択するようにご注意ください。気が変わったら最初からやり直さなければなりません。

もう一つのデメリットは小さなことですが、WixはカスタムCSSを追加したり既存のスタイルシートを編集したりできません。このようなことができれば本当に簡単にカスタム編集が可能になるのに残念です。

このようなデメリットがあってもWixは初めてサイトを作成するのにおすすめのツールです。専門のデベロッパーなどを雇わなくてもプロフェッショナルな印象のサイトを作成することができます。

ジェームズ・ギル
ジェームズ・ギル
ジェームズ・ギルはベテランライターでITサポートの経験があります。彼はEricsson、Compaq、GE、アメリカ銀行、Dellなどの大企業で働いた経験があります。

Wix VS その他のウェブサイトビルダー

%sは他のウェブサイトビルダーと比べてどれくらい優れているのでしょうか? 別のウェブサイトビルダーを入力すれば横に並べて比較を確認することができます。
Please enter the ウェブサイトビルダー for comparison
VS
比較するためには%sを入力してください。

Wix の代わりのサービス

14717