レビューと専門家の意見 Cloudways

15 位中 53 位のランキング ウェブホスティング
4.6
サーバー地点
ロンドン
サンフランシスコ
シンガポール
ニューヨーク
アムステルダム
フランクフルトアムマイン
トロント
シアトル
ロサンゼルス
Chicago...
マイアミ
パリ
東京
シドニー
ソウル
ムンバイ
サンパウロ
アイオワシティ
モントリオール
もっと見る
非表示
マーク・ホールデン
マーク・ホールデン
ウェブホスティングの専門家
Cloudwaysは経済的かつ高品質でバランスのよいサービスを提供している会社です。プラットフォームにはデベロッパー向け機能(Git、ステージング環境、コラボレーション機能など)が盛りだくさんで、インターフェイスは使いやすいので初心者でもスムーズに利用できるはずです。3日間無料トライアルで少しだけサービスを試してみることができますが、返金保証はないので注意しましょう。

概要

完璧なプロバイダでしょうか?それとも複雑すぎるのでしょうか?

Cloudwaysはデベロッパーやアプリケーションを使いこなしたい高度なサイト管理者にオススメのホスティング会社です。専門用語が良く分からないという場合はこのレビューは難しすぎるかもしれません。

2011年に創立したCloudwaysはマルタに本社があり、マネージドクラウドホスティングが専門です。WordPress、Magento、Laravel、カスタムPHPアプリケーションなどの色々なホスティングニーズに応えています。

ここから難しくなっていきますよ。Cloudwaysは複数のクラウドサービスをインテグレーションするための一つのコンソールを提供しており、PHPデベロッパーがコンテナアプリを配備できるようになっています(つまり、アプリごとに仮想マシンを起動しなくてもPHPアプリケーションを配備、稼働することができるということです)。

すべての主要クラウドプロバイダとパートナーシップを結んでいるため、世界各国25地点以上に42個のデータセンターにサーバーを構えています。ただし、英語が分かるユーザー向けのサービスなので注意しましょう。

Cloudwaysは世界各国の利用者2万人にサービスを提供しており、50人以上の職員が働いています。Cloudwaysは高速、安全、安定、経済的なことで知られていますが、業界大手企業と比べるとまだまだ大企業とは言えません。

さらに、プランの内容は素晴らしいものの、初心者には必要ないような高度な機能がたくさん含まれています。Cloudwaysはビジネスの経営者やウェブデベロッパーのうち、セキュリティやパフォーマンスの向上に関する作業をプロに任せて効率を最大限引き上げたいという人にベストなサービスです。

cloudways-overview1

このCloudwaysのレビューでは機能、使いやすさ、パフォーマンス、サポート、価格などについて説明していきます。以下のような質問の答えが分かるはずです。

  • このプラットフォームの使いやすさは?
  • カスタマーサポートはどんな感じ?
  • 地点ごとの応答時間はどれくらい速い?
  • Cloudwaysの最大の注目ポイントは?
  • Cloudwaysより優れたサービスは?

このレビューを読めば、Cloudwaysがあなたにピッタリのサービスなのかはっきりわかるはずです。

機能

4.7

たくさん使いたいユーザー向けのパワフルなホスティング

Cloudwaysのプラットフォームを試験利用するため、マネージドWordPressホスティングサービスを試してみることにしました。全体的に価格、機能、速度がバランスよくて優れたサービスだと思います。

また、Cloudwaysは他のホスティングサービスからの移転サービス、ファイアウォール、自動バックアップなどの基本的な機能も提供しています。ドメイン登録やSSL証明書などは提供していませんが、Let’s Encrypt証明書を管理者パネルから無料でセットアップすることができます。

基本的な部分はともかく、Cloudwaysで注目したい機能について見ていきましょう。

cloudways-features1

クラウドベースのインテグレーション

Cloudwaysはクラウドベースのインテグレーターとして知られています。高パフォーマンスを必要としている大規模サイトのデベロッパーや管理者の間で人気があるのはそのためです(また、普通のサイト管理者のほとんどが使いこなせない理由でもあります)。

全然意味が分からないという人のために噛み砕いて説明しましょう。Cloudwaysでアカウントを作成すれば6つの大手クラウドプロバイダがホスティングするサーバーを作成できるようになるということです。

さらに、Cloudwaysはマネージドホスティングサービスなので、ソフトウェアのアップデートやサーバーの設定などの技術的に難しい作業を毎日行う必要がないのです。素晴らしいと思います!

cloudways-features2

ステージングサイトとURL

Cloudwaysはステージング環境とURLを無制限で提供しています。つまり、公開しているサイトに全く影響しないで新しい要素を試してみたり、コードを編集したりできるということです。

さらに、サーバー全体のクローンを作成できるワンクリックツールがあり、ファイルやデータベースを個別にクローンすることもできます。この機能を使うとサイトをステージングURLに移動して、作業が完了したら変更内容をサイトにプッシュできるのです。

パフォーマンスを向上する機能

高級なマネージドホスティングプロバイダで期待したいことですが、Cloudwaysには色々なツールが搭載されており、特に通信量のピーク時にページのロード速度を最適化することができます。これにはSSHストレージ、ビルトインキャッシュ(Memcached、Varnish、Redis)、CloudwaysCDNなどが含まれます。キャンペーンなどで突然通信量が多くなることが予想される場合でもサイトが停止してしまう心配はありません。

cloudways-features3

チームでコラボレーション

遠隔で作業している職員は増え続けていますから、チームの職員と効率的にコラボレーションできるようなツールが必要ですね。Cloudwaysでは他のメンバーにタスクを割り当て、サーバー、アプリ、サイトなどへのアクセス権限をメンバーそれぞれに割り当てることができます。

これはサイトのセキュリティ対策には必要不可欠な機能ですから、このような権限割り当て機能があるホスティングプロバイダをおすすめしています。

デベロッパーツール

デベロッパーの方にはCloudwaysは作業効率を上げるために様々なワークフローツールが用意されているのが魅力的です。例えば、Git自動デプロイでは遠隔レポジトリへの変更は直ちに適用されます。もちろん、SSHやSFTPアクセスなどの一般的な機能もあります。

cloudways-features4

利用の難易度

4.6

Cloudwaysは面倒な作業をこなしてくれます。

私たちは忙しいですよね。ビジネスを成功させるためにはたくさんしなければならないことがありますし、色々な問題を解決しなければいけません。マネージドホスティングソリューションを使えば重要なことに集中できるようになります。毎日行わなければならないつまらない作業はCloudwaysに全部任せておけるからです。

アカウントの作成

Cloudwaysでアカウントを作成するのは簡単です。メインサイトとユーザーインターフェイスがしっかりデザインされているからというのが大きな理由です。プラットフォームは主にデベロッパーや大規模なサイトをターゲットにしていますが、初心者でも簡単に使い方を習得できるはずです。

ステップバイステップガイドを読めばいかに簡単か理解していただけるはずです。

ドメインの接続とWordPressのインストール

また、ドメインの接続とWordPressのインストールも分かりやすくなっています。ネットのチュートリアルは簡単に見つけられますし、Cloudwaysは独自にヘルプ記事を用意しています。私がサイトをセットアップしているときに分からないことがあったらメインダッシュボードからいつでもライブチャットで問い合わせることができます。

Cloudwaysはドメイン登録サービスがないため、外部のドメイン登録先からドメインを購入してからCloudwaysに関連付ける必要があります。この作業はそれほど難しくはありませんが、しなければならないことが一つ増えますし、初心者は少し圧倒されてしまうかもしれません。

初心者でもエキスパートでもこちらのガイドを読めばやり方が分かるはずです。

WordPress自動移転ツール

ホストを移転するのが大変だということは身をもって知っています。特にアクセス量が多いととても大変な作業ですよね。Cloudwaysでは自動移転ツールで既存のWordPressサイトを簡単に移転することができます。

また、助けが必要という場合、Cloudwaysには無料でサイト移転専門サービスもあります。

cloudways-ease-of-use1

ワンクリックソフトウェアインストーラ

Softaculousほどではありませんが、Cloudwaysは10件のアプリをワンクリックでインストールすることができます。WordPress、Magento、Laravel、Drupalなどに対応しています。基本的な自動インストーラとは違い、Cloudwaysインストーラでは一つのサーバーでも複数のサイトにプログラムを配備することができます。

簡単にスケーラブル

サーバーを拡大する必要がある場合、数回クリックしただけで素早く処理できます。最高なのは、既存のサーバー設定やパラメータに影響がないということです。また、Cloudwaysは従量課金正なので、使用したリソース分だけ料金を支払えばOKです。

パフォーマンス

4.7

速度とパフォーマンスは最高

Cloudwaysのプラットフォームはサードパーティのクラウドプロバイダのサービスとインテグレートしているため、稼働率保証は会社ごとに確認する必要があります。幸運なことにCloudwaysはDigitalOcean、アマゾンウェブサービス、Googleクラウドなど、評判のよいプロバイダとしかパートナーシップを結んでいません。

これらは業界でも最高のクラウドプロバイダですから、一般的なホスティングサービスと比べてCloudwaysはロード速度が40~50%も速いと宣言できるのです。停止時間やサイトが遅いなどの問題は報告されていません。実はCloudwaysは安定性と通信速度の速さで定評があるのです。

それでも、トラフィック量が多いサイトを管理している場合、需要に応じられることを保証してくれるホスティングサービスが必要ですね。Cloudwaysが本当にしっかりしたサービスなのか確認するため、独自にSucuriロード時間テストを行ってみました。

結果には本当に感心しました。Cloudwaysはとても速いのです。私がCloudwaysで作成したサイトは全体でA+のスコアを獲得しました。ほとんどの国でロード時間は0.5秒以下でした。

最も遅かったのはオーストラリアと東京で、東京は2秒近くもかかってしまいました。しかし私が選んだサーバーはロンドンのサーバーなので納得できます。1バイトにかかった時間は平均で200ミリ秒でした。

cloudways-performance1

サポート

4.5

ライブチャットでいつでもカスタマーサポートを利用できる

ライブチャットまたはオンラインチケットで24時間週7日いつでもカスタマーサポートに問い合わせることができます。これは大満足でした。しかし電話でスタッフと話したい場合、折り返し電話してもらうこともできます。他の会社でも同じですが、サイトには電話番号は記載されていません。

サポートに問い合わせる場合はライブチャットを利用してほしいという印象を受けました(第一、電話で話をしたい人はあまりいませんよね)。

また、Cloudwaysには充実した知識ベースが用意されており、たくさんのヘルプ文書やチュートリアルがあります。さらに、他のデベロッパーと話し合いたい場合はコミュニティー掲示板が活発に利用されています。

サイトのほかの部分と同じように、カスタマーサポートのページはしっかりデザインされており、ナビゲーションも簡単です。

ライブチャット

私がCloudwaysを利用したときには何度かライブチャットを利用してみました。どのクラウドプロバイダを選ぶか迷ったときにも問い合わせました。

スタッフの方はいつも素早く対応してくれました。時間帯にかかわらず、2分以内に応じてくれたのです。一度だけ、私の質問の意味が良く分からなかったのか、関係ないことを回答されましたが、それ以外は全体的に役に立つ対応で、正確な情報を教えてくれました。

Facebook

Cloudwaysの問い合わせページにFacebookが書かれていたので、ソーシャルメディアでのカスタマーサポートを試してみることにしました。無料トライアル期間はどれくらいかという簡単な質問をしたのですぐに返事をしてくれることを期待しましたが、2日たっても回答はありませんでした。

ツイッター

ツイッターも問い合わせページに大きく書かれていたのでそこでも対応を試してみました。どれくらいリソースを使ったか確認するにはどうすればいいのかという簡単な質問を送ってみました。

送信してから数分以内に既読と表示されたので素早く対応してくれるかと思ったのですが、数日たっても対応してくれませんでした。ソーシャルメディアではサポートしてくれないようです。

価格設定

4.6

Cloudwaysは安くありません。 最も安いサービスを選んでも、他の共有ホスティングプロバイダの最高レベルのパッケージと同じくらい高価格です。しかし、高パフォーマンスのホスティングを必要としているサイト管理者向けのプレミアムマネージドホスティングソリューションなのですから、驚くことではありません。

しかしいつでもアップグレード、ダウングレード、キャンセルでき、料金は使用時間ごとに計算されるため、使用した分だけしか料金を払わなくて済むのは良いと思います。ダッシュボードにログインすると、使用量と請求額を一目で確認できるのが便利です。

無料トライアル期間はわずか3日だけですが、マネージドホスティングプロバイダは無料トライアルが全くないことも多いので、3日あるだけ良いとも言えるでしょう。有料プランを利用することにした場合、支払い方法はVisa、アメリカンエキスプレス、マスターカードにしか対応していません。

キャンセルと返金

CDNを試すため、有料プランにアップグレードしなければなりませんでした。無料トライアルで試せないのは残念でしたが、管理者パネルでリアルタイムで料金を確認できるのは便利だと思いました。

cloudways-support1

使用した分しか料金を払わなくて良いため、返金に関する方針や保証はありません。実は、使用していないサービスの料金しか返金しないということが利用規約に明記されているのです。

それでも、返金をお願いしたらどうなるか試してみました。ライブチャットで問い合わせました。スタッフの方は返金する理由を聞かずにアカウントをダウングレードしてくれ、アカウントにクレジットとして適用してくれました。その時点では料金を払っていなかったため(1か月経たないと料金を請求されません)、返金するお金はなかったのです。

アカウントをキャンセルして返金してもらったときの体験についてはこちらでお読みいただけます。

Cloud Hosting

Moe Details

に関するまとめ Cloudways

Cloudwaysは経済的かつ高品質のバランスのよいサービスを提供している会社です。プラットフォームにはデベロッパー向け機能(Git、ステージング環境、コラボレーション機能など)が盛りだくさんで、インターフェイスは使いやすいので初心者でもスムーズに利用できるはずです。

唯一の問題は、Cloudwaysが良いかどうか迷っている人は無料トライアル期間がわずか3日だけだということと、CDNを試してみるには有料プランにアップグレードしなければならないということです。そのため、現実的にはサービスを試してみるにはお金を払わざるを得ません。

マーク・ホールデン
マーク・ホールデン
マークはHTML5、CSS、JavaScript、MySQL、PHPを専門とするプロのデベロッパーです。サイトを作成したり最新のツールを試験利用したりしていない時は、ロックバンドのドラマーとして活躍しています。オムレツを作るのが得意です。

Cloudways の代わりのサービス

916850