レビューと専門家の意見 GoDaddy Hosting

ヘンドリック・ヒューマン
ヘンドリック・ヒューマン
ウェブホスティングの専門家

洗練された使いやすいホスティングプラットフォームであるGoDaddyは、誰でも使いこなせるウェブホスティング会社でしょう。オリジナルブログを運営したり、再販やデベロッパーによるマネージドホスティングを始めてみたいという人にはオススメです。

概要

godaddy-overview1

みんなのホスティング会社

GoDaddyは本当に色々なホスティングサービスを用意しているため、どんなニーズにも応えることができている有名なホスティング会社です。

GoDaddyは世界最大のドメイン登録先・ホスティングサービス会社の一つであり、1997年に発足しました。ホスティング業界でいち早く活動を始めたのは成功した理由の一つでしょうが、GoDaddyのマーケティングは容赦ないからというのもあると思います。

GoDaddyは物議をかもした宣伝キャンペーンをいくつか行っており、会社の宣伝になった反面、一部のグループからは批判されています。それでもうまくやっているようで、GoDaddyは世界中の人が聞いたことがあるような有名な会社に成長を遂げたのです。

評判だけを見てみると、GoDaddyにはいくつか心配なことがあるかもしれませんね。

まず、GoDaddyはいくつか問題のある販売戦略を使用しています。アップセルや、誤解を招くような支払い条件などに関しては、利用を検討している人は今でも不安に思っているでしょう。これについては私がGoDaddyの利用者としてサービスを試した経験を基に詳しく説明していきます。

2つ目に心配なのは、この種類の会社が数多くの商品やサービスを提供していることは必ずしも良いことではないということです。複数のサービスに力を入れる反面、方向性が失われてしまうからです。また、たくさんの利用者がいますから、サービスの内容やサポート体制の質を妥協していることも考えられます。

このレビューではこの予想が本当なのか確認していきたいと思います。

GoDaddyは以下のようなホスティングサービスを提供しています。

  • WordPressホスティング
  • cPanelベースのウェブホスティング
  • VPSホスティング
  • 専用サーバーホスティング
  • ビジネスホスティング

レビューではGoDaddyのマネージドWordPressホスティングに注目していきます。

特徴

4.5
godaddy-features1

機能性を妥協しないで便利さを追求

GoDaddyは便利なアドオン機能を用意しているため、サイトを運営したことがなくても安全で最適化されたサイトを運営できます。

全体的にGoDaddyは素晴らしい機能を用意していると思います。SSL証明書、ドメイン登録、WHOISプライバシーのほか、パフォーマンスを向上するCDNやセキュリティツールなど、必要は物はすべて含まれています。

ただし、その多くは高価格なプランのみの利用か、別途で購入する必要があります。また、GoDaddyはホスティングプランとともに独自のサイトビルダーを提供していますが、この場合も有料となります。

ビジネスホスティング

GoDaddyのビジネスホスティングプランはパフォーマンスとVPSの安全なインフラを組み合わせたサービスで、初心者にも分かりやすいダッシュボードで操作できるため、マネージドホスティングと似たような利用体験です。

ネットビジネスが成長しているけどIT部を設ける時間や予算はない場合にとても役立つサービスでしょう。サーバーを管理しなくても自分でサイトやCMSを管理できるのが魅力的です。

何千ものWordPressテーマやプラグインあり

WordPressでサイトを作成する場合、GoDaddyは1000個以上の無料テンプレートを用意しています。用意されているテンプレートは見た目や機能性の面では最高品質というわけではありませんが、無料のWordPressテンプレートよりは優れていると思います。

また、いくつかインストール済みのプラグインもあります。WP101動画チュートリアル、Ninjaフォーム、問い合わせウィジェット、ドラッグアンドドロップ形式のビーバービルダー、GoDaddy独占のメールマーケティング機能などです。

ワンクリックでサイトをステージング

この機能を利用するにはデラックスWordPressホスティングプランに加入する必要があります。停止時間を最小限に抑えつつ、デザインを一新したりサイトに新しい機能を導入したりすることができます。サイトのコピーで作業している間、元のサイトは通常通り公開されたままとなります。作業が完了したら、最新バージョンのサイトを直ちに置き換えることができるのです。

毎日のバックアップにはワンクリック復元機能付き

GoDaddyはすべてのサイトを毎日自動でバックアップしてくれ、コピーは30日間保存されます。バックアップを復元する場合、ファイルとデータベースを復元するか、一つづつ復元するか選ぶことができます。バックアップと復元ツールはサイトの管理ダッシュボードのいたるところに表示されており、非常に使いやすいでしょう。

サイトのセキュリティ

GoDaddyはNorton、Sucuri、Spamhausなどの技術を応用して、独自のサイトセキュリティ・パフォーマンスツールを提供しています。チェックアウトの段階でセキュリティパッケージを別途で購入することができます。

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)、マルウェアのスキャンや削除、Googleブラックリスティングに関する問題の自動解決、CDN、高度なDDoS攻撃移転

などの機能が含まれています。

GoDaddy Pro

GoDaddy Proはツールをまとめたもので、デベロッパーや再販会社が複数のサイトを1つのダッシュボードで簡単に管理できるようにしています。すべてのサイトの主なプラグインや機能を1つの場所でアップデートできますし、自動バックアップを設定したり、サイトのクローンを作成したり、移転したり、リアルタイムで全サイトの利用者のアナリティクスを確認することもできます。

Pro Clientsでは顧客の代理でサイトやネットショップを管理でき、代理で物を購入することもできるのです。Pro RewardsはGoDaddyの友達紹介プログラムで、サイトをアップグレードしたり、料金を払ったときにポイントが得られる仕組みです。機能一覧をご覧ください

使いやすさ

4.8
godaddy-hosting-ease-of-use

素早く簡単に誰でも利用できるホスティングサービス

GoDaddyは複雑でパワフルな機能のあるツールを初心者でも簡単にサイトに導入できるようにしています。

GoDaddyは最初から、インターネットをより使いやすくすることに取り組んできた会社です。ドメイン登録やホスティングなど、GoDaddyの目標は誰でもネットで存在をアピールできるようにすることなのです。

そのためGoDaddyを利用すると、初心者でもとても簡単に使いこなせるようになっていることに気づくはずです。GoDaddyのインターフェイスはとてもスッキリしているので直感的に分かりやすくホスティングできる環境になっています。WordPressのホスティングは特にそうです。

WordPress用のインストール・セットアップウィザード

ホスティングプランを購入したらWordPressをインストールするのは簡単です。GoDaddyはシンプルなセットアップウィザードでインストール作業をステップバイステップ形式でガイドしてくれます。サイトで最も重要な設定を変更するために役立ちます。

使いやすいインターフェイス

GoDaddyのインターフェイスは私が見た中では最もシンプルで分かりやすくなっていると思います。インターフェイスには不要なものが全く表示されていませんし、ホスティングは初めてという人を混乱させるような不要なオプションもありません。バックアップの復元やドメインの変更や追加、WordPressサイトにアクセスすることなど、毎日行う作業はとても簡単に行えますし、目立つように表示されています。

WordPress専用ではない共有ホスティングにはcPanelコントロールパネルがついてきます。これは業界でも最高のホスティングマネージャとして評価されているツールです。経験豊富なユーザーはこのオプションを好むことでしょう。ほかのマネージドWordPressホスティングより自由に設定を変えられるからです。

ワンクリック移転ツール

もう一つとても便利な機能はGoDaddyの自動サイト移転ツールです。サイトを移転するためにサポートに問い合わせる必要はありません。ダッシュボードの指示に従ってGoDaddyに既存のWordPressサイトのリンクを入力しましょう。サイトの移転が完了するとGoDaddyからメールが送られてきます。

 

アカウントの作成

GoDaddyに登録するのはとても簡単ですから5分以内に終わるはずです。GoDaddyのいかがわしい販売戦略が心配かもしれませんね。私が見つけた唯一の問題は、支払い期間が最初から36か月が選択されていたことだけでした。他の作業は本当にしっかり情報公開しており、請求額の下にはっきりと更新料金が表示されています。

また、GoDaddyは不要なメールも最小限です。アップセルは多いですが、デフォルトで選択されているというわけではありません。これについて詳しく知りたい方はGoDaddyのアカウントの作成方法をご覧ください。

ドメインの接続とWordPressのインストール

GoDaddyはサイトのホスティング作業のすべてを能率化していると思います。

アドオンの購入やその有効化などの作業は素早く簡単に行えます。GoDaddyはバックグラウンドでほとんどの作業を行ってくれます。特にドメインの接続やウェブサイトセキュリティ機能の追加などはすべて任せられます。

アカウントのセットアップ、WordPressのインストール、CDNの追加という作業は約30分で終えることができました。しかしホスティングを購入してWordPressをインストールするだけなら15分以内に終わるはずです。いかに素早く簡単にできるか知りたい方はステップバイステップの完全ガイドをご覧下さい。

パフォーマンス

4.5
GoDaddy Hosting

非常に安定して高速なサーバー

GoDaddyの稼働率は素晴らしいとはいかなくても、トップレベルのパフォーマンスでしょう。

GoDaddyが得意なのはパフォーマンスの面です。ほとんどすべてのホスティングサービスで稼働率99.9%を保証しています。私が見た中で最高の保証というわけではありませんが、GoDaddyは評判を守るために控えめな保証をしているのかもしれません。実際のパフォーマンスはかなり良いからです。

試験ツールによって結果は少しばらつきがあるものの、GoDaddyは稼働率では上位20%、速度では上位10%というパフォーマンスです。過去12か月ではほとんどの月で稼働率99.9%を維持しています。しかし例外も時々あり、稼働率が99.9%を下回ることがあります。

ユーザーとしてはパフォーマンスに関して文句はありません。ここまでのところ、私はWordPressサイトで作業していますが、テーマのインストールやコンテンツの作成など、どんな作業も素早くロードされます。

しかしこれは私の主観ですから、確認のため、Sucuriパフォーマンステストで中立的な結果を確認してみました。GoDaddyはA+のパフォーマンススコアとなっています。下のスクリーンショットをご覧ください。

アメリカでの平均ロード時間は約369.2ミリ秒でした。しかしダラスやロサンゼルスなど例外はいくつかあり、600ミリ秒以上のロード時間となりました。アメリカ国内でこれだけの差があるのは不思議です。サンフランシスコとアトランタでは非常に高速な200ミリ秒以下だったからです。インドは1347ミリ秒でかなり遅いですが、インドでは標準的です。全世界を見てみると、GoDaddyは全体的に他社より高速ですが、ホスティング会社の中でトップ5にランクインできるほどではありません。

カスタマーサポート

4.3
godaddy-hosting-support

サポートはまちまち

GoDaddyは会社の成長とともに、技術に詳しいスタッフと一般的なサポートスタッフと一緒にするようになったようです。つまり、技術的な質問には必ずしも素早く答えてくれるとは限らないということです

また、人気があるため対応にかかる時間もばらつきがあります。今すぐ問い合わせたい場合は2つの方法があります。ライブチャットと電話はたくさんの国で専用ラインが設けられています。両方とも24時間週7日体制で対応してくれますが、残念ながらライブチャットはいつでもオンラインというわけではありません。

残念なことに、GoDaddyはヘルプセンターも改善が必要だと思います。探している情報がなかなか見つからないことがあるからです。 また、メールサポートに対応していないのは不思議です。

以下の会話でも見られる通り、サポートスタッフの方はどう対応していいのか分からないことがあるらしく、研修が不十分なのかな、と思ってしまいます。サポートセンターを外部委託している会社でみられる現象です。

また、GoDaddyのWPプレミアムサポートサービスはマネージドWordPressホスティングの利用者専用です。このサービスはクレジットシステムで提供されています。プランのレベルが高いほどクレジットをたくさんもらえるというわけです。クレジットは管理作業を助けてもらうためにサポートスタッフに問い合わせる時に利用できます。

クレジットと引き換えて利用できるサービスにはテーマの管理、プラグインの管理、設定ファイルの変更、データベースの管理、SEOに関してサイトを審査してもらうことやその他WordPressに関する重要な作業が含まれます。

ライブチャットサポート

残念ながら、この人気ホスティングプロバイダを利用することのデメリットの一つは、混雑時にサポートの対応が遅れることです。例えば月曜日の朝にライブサポートに問い合わせた時にはこのようになりました。

godaddy-support1

ご覧の通り、私は77人目に並ぶことになり、推定待ち時間は約51分と表示されています。実際はそれ以上かかりました。GoDaddyはCDNを提供しているのか、それとも外部から購入する必要があるのか知りたかったのです。サポートスタッフは情報を確認するのにしばらく時間がかかりましたが、サイトのセキュリティ機能の一環としてCDNを提供していると教えてくれました。

別の機会に問い合わせた時には約5分で対応してもらえました(推定待ち時間は3分でしたから、今回もやや長く待たされましたが)。定期的な支払いの請求書はどこにあるのか質問しました。ジュリアンは親切に簡潔に質問に答えてくれました。

godaddy-support2

チャットが終わるたびに利用体験に関するアンケートに答えることができます。

godaddy-support3

電話でのサポート

前にも書きましたが、GoDaddyの利用規約と返金方針は分かりにくくなっています。ですから規約について説明してもらうためにサポートホットラインに電話しました。チャットより電話の方がコミュニケーションを取りやすいと思ったからです。

ライブチャットと同じように、対応してもらえるまでにかかる時間はサポートセンターがどれくらい忙しいかに左右されます。しかし普通は比較的速く対応してもらえます。今回はボタンを押してから10秒以内にスタッフに対応してもらうことができました。

問い合わせる時にはカスタマーIDとサポートPINを準備しておきましょう。スムーズに対応してもらえます。今回はディミトリが対応してくれました。

電話サポートはライブチャットと似たような利用体験でした。ディミトリは親切で、必要な情報を教えてくれました。

これは技術的な問い合わせではありませんでしたから、サポートスタッフならだれでも答えられるはずの質問です。ただし、技術的に難しい質問や会社の方針に関する質問をするとスタッフの方が正しい情報を確認するために5~10分ほど時間がかかります。

電話のサポートが終わるとメールで短いアンケートが届きます。

godaddy-support4

料金

4.3

価格は柔軟だが細字部分はしっかり確認しよう

GoDaddyは低価格で、更新料金についていくらか透明化したものの、今でも問題があります。

WordPressや共有ホスティング、VPS、専用サーバーではGoDaddyは色々なサービスを多様な価格で提供しています。とても良いのはすべてのホスティングパッケージで色々な支払い期間に対応していることです。毎月から3年おきの支払いまで、とても柔軟です。契約期間が長いほど割引率は高くなります。

ほとんどすべてのプランで帯域が使い放題ですが、価格を考えるとストレージ容量はやや少なめでしょう(VPSや専用サーバーでは他のリソースも少なめです)。例えば、Superb InternetのエントリーレベルのGridLITEプランではストレージ容量が20GBなのに対して、GoDaddyのベーシックWordPressプランでは10GBまでです。

また、すべてのプランで1年間無料ドメインを利用できますが、最低で1年契約を選択する必要があります。また、WordPressのホスティングに関しては1年間無料でSSL証明書を利用できるのは高価格なプランだけです。しかしすべてのビジネスホスティング、VPS、専用サーバープランにはSSL証明書が含まれています。

GoDaddyが批判されたことの一つは、たくさんのアップセルがあり、プランによってはサービスを追加しなければならない場合が多いということです。例えば安価なプランを選んだ場合、SSL証明書、ウェブサイトセキュリティ、バックアップ、メール、ドメインプライバシーなども追加で購入しなくてはならないでしょう。

GoDaddyはMicrosoft 365 Outlookメール、ドメイン(プライバシー付き)、SSL証明書などの機能では更新料金も高いと思います。

さらに、GoDaddyのマーケティング戦略でいかがなものか、と思ってしまうのは、買い物かごにアイテムを追加して放置した場合、以下のようなメールを送ってくることです。

godaddy-pricing1

キャンセルと返金

GoDaddyから商品を買う前に返金方針をしっかり読んでおきましょう。毎月プラン(契約期間が1年以下のプラン)の場合、購入してから48時間までしか返金方針が適用されません。しかし1年プランでは標準的な30日返金保証となります。

SEOやソーシャルメディア管理サービスなど、GoDaddyのほかのサービスでも同じです。

もう一つ注意しておきたいのは特定の条件を満たさなかった場合、返金の対象外になってしまうということです。例えば、サイトからマルウェアを手動で削除した場合、ウェブサイトセキュリティ機能の返金は対象外になります。

返金してもらうためにはサポートスタッフに電話しなくてはならないため、やや面倒で時間もかかります。私が返金を請求したときにはスタッフの方が返金方針を確認しなければならず、スタッフをしっかり研修されていないのか心配になりました。返金を処理するまでに最高で10日かかるとGoDaddyは指摘していますが、私の場合は2日以内に完了しました。

私の体験を基に、こちらの詳しいガイドでキャンセルと返金方法を説明したのでご覧ください。

ユーザーレビュー

6か国語の6件のレビューに基づく情報
1.8
Filter by
言語
  • English (1)
  • Español (1)
  • Deutsch (1)
  • Français (1)
  • Suomi (1)
  • ไทย (1)
並べ替え
新しいもの順
  • 新しいもの順
  • 古いもの順
  • 最高
  • 最悪
GoDaddy Hostingについて日本語で初のレビューを投稿しましょう!
レビューを書く
他の言語でレビューをご覧になれます
レビューに返信
Reply
訪問 GoDaddy Hosting
ja
エラー
onClick="trackClickout('event', 'clickout', 'Vendor Page - Visit User Reviews', 'godaddy-hosting', this, true);"
View 1 reply
%d件の返信を見る
charan
米国
4.0
GoDaddy Hosting Review

All my blogs are with godaddy windows hosting, recently i purchased a new hosting plan. Got a free domain with big discount on economy hosting. my suggestion is need to add more features, like others hosting companies are offering.

2016年12月22日

比較

GoDaddy Hostingを他のサービスと比較すると?

Hostinger 比較する 4.9 比較する
InterServer 比較する 4.8 比較する
GoDaddy Hosting 比較する 4.5 比較する
Bluehost 比較する 2.5 比較する

に関するまとめ GoDaddy Hosting

個人や再販を始めたい人向けのホスティングサービス

サポートと価格にはいくらか改善が求められますが、GoDaddyは簡単・スムーズにホスティングできるサービスを提供しています。

GoDaddyはもともと、ホスティング初心者やとても簡単にホスティングできるようにしたいという人向けのサービスを提供している会社です。しかしより複雑なニーズの利用者向けにもいくつか高度な機能があるサービスを用意しています。GoDaddyのサービスや機能はすべて簡単に購入してセットアップできます。直感的でスッキリしたインターフェイスで操作が簡単なのです。

しかし良いことばかりではありません。GoDaddyで最もよくある苦情は返金方針が複雑で、たくさんのアップセルがあるということです。そのため、このプラットフォームでは便利な分、余分にお金を払うことになりそうです。

GoDaddyがあなたに適したホスティング会社であるかどうかに関わらず、細字部分をしっかり読むことが重要です。特に長期的に料金がどれくらいになるのかに注意しましょう。いずれにしてもこのサービスはとても使いやすくて洗練されたサービスです。

ヘンドリック・ヒューマン
ヘンドリック・ヒューマン
こんにちは、僕はヘンドリックです。ウェブについて詳しいです。僕について知っておいて欲しいことは2つあります。サイトを作るのが好きだということと、サイトの作り方について執筆するのが好きだということです。あなたも楽しく簡単にサイトを作成できるようにするために僕はここで活動しています。

GoDaddy Hosting の類似サービス

エックスサーバー
4.6
他社比でも明確な安定性とサイトスピードの高パフォーマンス
レビューを読む
お名前.com
4.6
歴史と知名度の高い日本の東証一部上場企業のサービスであり、日本で監視・管理された安心さがある。
レビューを読む
ヘテムル
4.5
大容量200GBで月額約1,000円
レビューを読む
mixhost
4.5
平均以上のサーバーのパフォーマンス
レビューを読む
19953