当サイトの独立調査と正直なレビューは、あなたが当サイトを通じてサービスを購入した時に受け取るコミッションで部分的にサポートされています。

レビューと専門家の意見 GoDaddy Hosting

ブレント・エマーソン
ブレント・エマーソン
ウェブホスティングの専門家

GoDaddyのホスティングサービスを詳しく試した結果、このプロバイダには全く魅力がないということが分かりました。たくさんのウェブホスティングサービスを試してきたのですが、GoDaddyはこれまでで一番イライラする利用体験でした。本当に信頼できるお得なホスティングをお探しの方は Hostinger の低価格な共有ホスティングプランがオススメです。


概要

GoDaddyのホームページ
GoDaddyは様々なサービスを提供していますが、質はあまり良くありません。

世界一有名なドメイン登録会社のホスティング

インターネットを使っていると、GoDaddyのことを耳にすることが時々あります。GoDaddyはドメイン名登録で認知度ナンバーワンのブランドなのです。しかし現在、GoDaddyはドメイン名登録だけが専門の会社から大きく進化していて、ウェブサイト関連のサービスをすべて提供しようとしています。

ホスティングサービスは、共有ホスティング、再販ホスティング、WordPress専用プラン、VPSホスティング、専用サーバーを用意しています。

ウェブサービスで20年以上の実績があるため、GoDaddyは質の良いサービスだろうと思いますよね。そんな期待通りのサービスなのか確認するために、GoDaddyで2度テストサイトを作り、数か月間使ってみてパフォーマンスを調査しました。この調査はWebsite Planetのウェブホスティング大比較(英語)の一環として行いました。大手ウェブホスティングサービスをすべて調査した大規模な企画です。

GoDaddyはホスティングの基準を満たさなかったため、日本のウェブホスティングサービスをすべて試験利用してみようという日本語版の大比較プロジェクトの対象にはなりませんでした

特徴

2.5
GoDaddyの基本的な特徴
充実したサービスとは言えません。

GoDaddyは色々な部分を改善できるはずです

GoDaddyはドメイン名登録を得意としていますが、ホスティングなどのサービスにはあまり力を入れていません。既にGoDaddyを利用している人にホスティングなどにも加入させて収入を得ようとしている印象です。

GoDaddyのホスティングを試してみるために、基本的なウェブホスティングプランを購入しました。今回のレビューではそちらに注目していきます。

まず、ホスティングはApache(アパッチ)ベースで、これは古いウェブサーバー技術です。多くのウェブホスティング企業は今では採用していない古い技術で、実際、トップレベルのホスティングサービスはアパッチを採用していません。性能の面で新しいNGINXやLiteSpeedより劣っていますし、WordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)でスムーズに利用できないのです。

ウェブホスティングは4つのプランを用意していて、帯域はすべて無制限です。ベーシックプランはストレージ容量が100GBで(古いHDDを使っていて、新しいストレージのSSDではありません)、他の3つのプランは容量が無制限となっています。

より高度なプランはデータベース数が多く、ベーシックプランではドメイン名は1つ、他のプランはいくつでもドメインを使用できます。処理能力と速度にいくらか違いがあるようなので、高価格なプランの方がRAMとCPUが多いことが分かります。

ホスティングにはcPanelを採用していて、一般的なツールはすべて利用できます。インストールの時にはInstallatronという自動インストーラツールを利用できるため(Softaculousとよく似ています)、WordPressだけでなく多数のCMSを素早く簡単にインストールできます。

他に何ができるのかというと、ハッキリ言ってそれだけです。提供していない機能の方が多いのです。

ベーシックプランに無料SSLはありません

SSL証明書は「あったらいいな」程度のものではありません。必須なのです。SSLはサイトと利用者の間で送受信するデータをすべて暗号化するもので、両者を保護してくれます。また、Googleなどの検索エンジンな安全なサイトを優先しています。

GoDaddyは唯一、今でも無料でSSL証明書を提供していない大手ウェブホスティング会社です。Let’s Encrypt証明書は質が良くてホスティング会社側がお金を払わなくても提供できますから、それさえないのは残念です。

代わりに、SSL証明書を非常に高価格で提供しています。1年で$70なのは高すぎです。ぼったくりとしか言いようがありません。

特別な機能は含まれていないので有料アドオンとして購入する羽目に

GoDaddyのホスティングプランにバックアップは含まれていません。実は、プランの一環として含まれているべきセキュリティ機能が全然ないのです。ウェブサイトビルダー付きのホスティングサービスは珍しくないですが、GoDaddyのホスティングプランにはそれさえありません。

GoDaddyのウェブサイトビルダーを使いたいなら、全く別のビルダープランを購入する必要があります。しかし、そうするとWordPressを利用できませんし、ステージングサイト、CDNインテグレーション、キャッシングツールも全くありません。

専門用語ばかりで意味が分からなくても大丈夫です。GoDaddyでは利用できませんから。機能一覧をご覧ください

使いやすさ

2.0

使いにくいの一言

GoDaddyのホームページは誤解を招くと思います。きれいにデザインされていてロゴもモダンな感じがしますから、サービス自体も最新のツールが満載で使いやすく設計されていると思ってしまうのですが、実際は使いにくいのです。

プランを選ぶのも一苦労

プラン選びもかなり大変です。私は実際に試したりサポートに問い合わせたり、かなり頑張りました。しかし結局のところ、普通の「ウェブホスティング」プランを選んだ理由は他の種類のホスティングを選ぶ理由が見当たらなかったからです。

「ビジネスホスティング」の方がパワフルだと宣伝されているのですが、本当に高性能だということを示すデータはありません。WordPressホスティングもありますが、普通の共有ホスティングもWordPressに対応しています。さらに、WordPress専用プランの方がリソースが少ないのはいただけません。

ドメイン接続も大変

上でも説明した通り、今回はベーシックウェブホスティングプランを選びました。登録作業は全体的に簡単です。ドメインを接続するために、ネームサーバーではなくAレコードの情報がすぐに表示されました。一応、そのスクリーンショットを撮っておいたのですが、後で情報を再確認できると思い、あまり気に留めていませんでした。

簡単に説明すると、「ネームサーバー」はとても簡単にドメイン名を接続する方法です。

しかしその後でAレコードの情報はどこにも見つからなかったため、スクリーンショットを撮らなければドメインを接続するのはとても大変だったはずです。アカウントのメインエリアにはほとんど情報が掲載されていませんし、タブは購入できる追加サービスに関するものばかりで、プランに含まれている機能ではありません。

登録作業でこっそりアドオンが有効になっています
GoDaddyは登録作業でアドオンをこっそり買わせようとします。12か月後には有料になるので注意が必要です。

ドメイン接続の話に戻りましょう。必要な情報はどこにも見つからず、サポートも役に立ちませんでした。サポートに質問したのですが、スタッフの方が教えてくれたネームサーバー情報は間違っていたのでドメインを接続できませんでした。結局、スクリーンショットを見て自分でドメインを接続できたのですが、必要以上に面倒でした。初めてウェブホスティングサービスを利用する方はこんな面倒な作業は嫌ですよね。

きちんとGoDaddyに支払っても、詐欺だと思われてしまいました

3週間後、GoDaddyは私が不審な利用者だと思ったようで、いきなり本人確認が必要だと言われてしまいました。詐欺ユーザーだと認識したようです。

他のホスティングサービスでもこのような事が起きることがありますが、登録した直後に起きる傾向があります。他社の場合、本人確認するまでアカウントを利用できないようになっていることが一般的です。登録して3週間経ってからGoDaddyは本人確認していないことを思い出したのでしょうか?その時点ではコントロールパネルをあまりチェックしていなかったので、通知を見逃してしまったのかもしれません。

いきなりアカウントがキャンセルされてしまいました!

最初にセットアップした情報がすべてなくなってしまい、一から登録し直さなければなりませんでした。

最悪だと思いました。時間が無駄になりましたし、作業内容がすべて消えてしまい、スクリーンショットを撮っていなければドメイン名の接続さえできなかったはずです。

せめて、WordPressを簡単にインストールできたのは良かったですが。

InstallatronでWordPressをインストール
一番良かったのはこちらの青いボタンでした。
GoDaddy Hostingがあなたにピッタリか確認するにはこちら

パフォーマンス

2.0

GoDaddyはパフォーマンスも悪いです

ウェブホスティングを調査するとき、一般的なサイトにあるような機能をWordPressで追加してテストサイトを作っていきます。できる限り平均的なサイトを再現して、本当の性能を調べるためです。また、テクニカルサポートに問い合わせて、サイトの最適化方法を勧めてくれるか、実際にサポート側で最適化を行ってくれるか調べました。サイトの速度をアップしてもらえれば、第一印象が良くなりますよね。

GoDaddyのサポートスタッフはWP Smushというプラグインをインストールすることを薦めてくれました。画質を落とすことなくWordPressの画像を圧縮するプラグインです。まあまあ良い提案でしたが、それ以外はアドバイスしてくれませんでした。

GoDaddyでホスティングしたサイトのページを完全にロードする平均速度は2.94秒で、全く良くありませんでした。世界各地でのページロードの平均速度は4.160秒でした。理想的にはロード時間は2秒以下であるべきです。稼働率は99.974%だったのはせめてもの救いでしょう。

技術的なことについて詳しく説明していきますが、お急ぎならサポートの項目にスキップしましょう。ただ、GoDaddyのサポートはもっと悪かったので心の準備をしておいてください。

データセンターは3か所のから選べますが、GoDaddyはそれらがどこにあるかはっきり明かしていないので、どれがパフォーマンスが良いのか見当もつきません。北アメリカ、ヨーロッパ、アジアから選ぶことになります。他のホスティング企業はデータセンターがどこに位置しているのかきちんと説明し、写真や詳細情報も明記されていることがほとんどです。

私は調査は完全にページがロードするまでの時間を測定するためにGTmetrixを好んで使っています。次に、Sucuriで世界各国のロード時間を調べ、UptimeRobotでサイトが常に公開されているか調べました。

GTmetrix

ページが完全にロードするまでの時間は最速でも2.2秒で、推奨の2秒を上回っています。平均ロード時間は2.94秒で、一番遅くて5秒でした。

GoDaddyで最速のロード時間は他社のホスティングサービスの一番遅いときのロード時間ですし、こんなに重いサイトだとほとんどの人が諦めてしまうはずです。平均速度もかなり遅く、3人に2人はバウンスしてGoogleの検索結果ページに戻ってしまうでしょう。

Gtmetrixのテスト結果
最高の結果でも満足できません。

Sucuri

世界各国の測定値を見ていきましょう。最速だった都市の平均ロード時間(3.833秒)は一番遅い都市とほとんど同じ(4.504秒)でしたから、どこにいてもパフォーマンスは悪いことが分かります。全世界を平均しても4.160秒というのは推奨のロード時間の2倍以上です。

これはかなりパフォーマンスが悪いとしか言いようがありません。下の検査結果は良い方です。

SucuriでGoDaddyのパフォーマンスを測定した結果
こんなに重いサイトは嫌ですよね。

UptimeRobot

稼働率を4か月間調査したところ、99.974%でした。悪くはありませんが、サイトが頻繁にダウンしてしまいました。1~2週間に一度、3~4分間サイトが停止してしまったのです。嫌な予感です。調査した他のホスティングサービスは調査中に3、4回しかダウン状態にならならなかったのに対して、GoDaddyは約20回もダウンしてしまいました。

また、稼働率保証もありません。

GoDaddyのウェブホスティングを選んだ場合、利用者はサイトが重いと感じることが多くなるはずです。

UptimeRobotでGoDaddyを検査した結果
まずまずですね。
GoDaddy Hostingのパフォーマンスはこちら

カスタマーサポート

2.0
ここまでの調査結果は一貫して悪かったですが、サポートはさらに悪いことが分かりました。GoDaddy以外にもサポートセンターを海外に移転しているホスティングサービスはあります(InterSeverA2 Hostingなどの質が良いウェブホスティング会社でさえも海外移転しています)が、GoDaddyのサポートは最悪です

エキスパートが24時間年中無休でライブチャットに応じていると宣伝していますが、実際にはライブチャットで問い合わせても毎回かなり待たされますし、全然利用できない時もあります。私がライブチャットで問い合わせたときに対応してくれたとしても、役に立ちませんでした。

また、電話サポートもありますが、高くは評価できません。

まず、サポートスタッフはほとんど英語が話せず、自分の会社について全く理解していませんでした。どんなサービスを提供しているのか、プランの違いは何なのか分からなかったようです。ウェブホスティングの仕組みも理解していませんでした。GoDaddyのパフォーマンスが悪かったことを指摘したら、「これ以上のパフォーマンスは無理です」とあっさり認めたのは悪印象です。

電話サポートは時間の無駄でしたし、何度も通話が途切れたり質問に答えてくれなかったりしました。途切れたらもう一度掛け直して対応してくれるのを待つ必要があり、前の会話の内容は保存されていませんから最初から説明しなおさなければなりません。その間にまた通話が途切れることもありました。

前の問い合わせ内容を確認したり、大きな問題があった時に解決してもらうことはできません。

プレセールスのスタッフとチャットしたときにはサービスが本当に素晴らしいと嘘をつかれました。宣伝用の原稿をそっくりそのままコピー&ペーストしていたのです。正しくペーストしなかったときもありました。

プランの違いを質問したのですが、彼女は違いを知らなかったようです。彼女は最初に「一部のプランにSSL証明書が含まれています」と説明していたのですが、その後で「一番高いプランにしか含まれていません」と言い、話が矛盾しています。また、どのプランがWordPressに対応しているのか分からず、私に合っているのがどのプランなのかはっきり説明できませんでした。このやり取りは1時間ほど続いたのですが、全く役に立ちませんでした。

ライブチャットは役に立ちませんでした
対応には本当にがっかりしました。

WordPressをインストールするのをサポートして欲しかったため、テクニカルサポートにその旨をはっきり伝えました。

サポートスタッフは「ご用件は何ですか?」と返信しました。

私はもう一度同じことを繰り返します。「WordPressをインストールするのを助けてほしいのですが。」

今度はどんな問題に遭遇しているのかと聞かれました。

もう一度、WordPressをインストールしたいのだと言いました。

同じようなやり取りを何度か繰り返した後、Installatronを使うように言われました。

次に、ドメインを接続するのを助けて欲しいと言ったところ、サポートスタッフは「接続はすでに完了しています」と何度か念を押してくれたのですが、実際は接続されていませんでした。ドメインは自動的に接続されるわけではありませんし、GoDaddyで登録したドメインでもありませんから、手作業で接続する必要があるのです。

きちんとしたサポートスタッフならDNS浸透テストを実行して、ドメインがどこに指定されているのか確認してくれるはずです。しかしGoDaddyのサポートスタッフは嘘をついたのです。このチャットでは相手からなかなか返信が届かず、会話が進むのにかなり時間が掛かりました。

自分でドメインを設足できるように、やっとのことでネームサーバーの情報を教えてもらうことができたら、チャットを終了しました。これで一件落着かと思いきや、サポートが教えてくれたネームサーバーの情報は間違っており、うまくいきませんでした。結局自分で問題を解決する羽目になりました。

テーマやWordPressのセットアップで質問をしたかったのですが、ライブチャットは最低でも数時間利用できない状態で、結局諦めてしまいました。

後でサイトを最適化することに関してメッセージを送ったところ、興味深いことが起きました。何人かサポートスタッフにメッセージを送れたのですが、1~2回メッセージを送った後に切断されてしまうという状況が何度も繰り返し発生したのです。最終的に繋がったスタッフの方は、WP Smushをインストールするといいですよとアドバイスしてくれました。意外と良いアドバイスです。

それでもページのロード時間は2.2秒で遅い方です。

「これ以上は無理ですか」と皮肉を言ったところ、皮肉だったことが分からなかったらしく、「そうです、これが最高速度です!」と嬉しそうな返事が送られてきました。

こんなに遅いのにこれが最高速度だと言うのですから、信じるしかありませんね。

GoDaddyの最速はこれだけのようです
チャットのスクリーンショットはもっとたくさんありますが、上の画像を見ればどのような対応なのか理解していただけるはずです。

料金

2.5
GoDaddyの価格は全体的に高めですが、無料SSL証明書などの基本的な特徴も含まれていないので、それを検討するとさらに高いように見えます。

3、12、24、36か月おきの支払いに対応しています。支払い方法はクレジットカードのみです。返金保証はありませんし、3年プランでもかなり高価格です。特に、HostingerInterServerなどと比べるとかなり高いでしょう。アドオンを追加するとどんどん高くなっていきます。

GoDaddyのチェックアウトページでは色々なアドオン機能を押し付けられ、すでにチェックが入っているので一つ一つチェックを外していかなければなりません。そうしなければホスティング料金以上の価格になってしまいます。「無料Office 365メール」などが無料なのは最初の1年間だけで、その後は自動的に期間が延長されてしまい、膨大な額を請求されかねません。

もちろん、GoDaddyにはこれに関して警告してくれませんから、お客さんが混乱しても構わないのでしょう。必要もないアドオンを買わせようとしている印象です。

無料ドメインは1年プランに含まれていますが、更新料金は高価格です。ドメインの値打ちは毎年30ドル以上だとGoDaddyは主張していますが、これは間違っています。Namecheapなら同じドメイン名を毎年10ドル以下で利用でき、プライバシー保護も整っています。さらに、ドメインだけをGoDaddyから購入した場合もそれより安く手に入ります。

GoDaddy Hosting レンタルサーバー

プラン名ストレージ帯域幅無料SSLサイト数価格 プラン名ストレージ帯域幅無料SSLサイト数価格Economy100 GBUnlimited-1$1.00詳しい情報DeluxeUnlimitedUnlimited-Unlimited$7.99詳しい情報UltimateUnlimitedUnlimited+Unlimited$12.99詳しい情報
詳細情報

GoDaddy Hosting WordPress ホスティング

プラン名ストレージサイト数バックアップ価格 プラン名ストレージサイト数バックアップ価格Basic30 GB1+$1.00詳しい情報Deluxe75 GB1+$10.99詳しい情報UltimateUnlimited1+$17.99詳しい情報EcommerceUnlimited1+$19.99詳しい情報
詳細情報

GoDaddy Hosting 再販業者ホスティング

GoDaddy Hostingからホスティングサービスを購入すると無料ドメインが付いてきます。

比較

GoDaddy Hostingを他のサービスと比較すると?

Hostinger比較する 4.9 比較する
InterServer比較する 4.8 比較する
GoDaddy Hosting比較する 2.6 比較する
Bluehost比較する 2.5 比較する

ユーザーレビュー

7か国語の6件のレビューに基づく情報
1.7
GoDaddy Hostingについて日本語で初のレビューを投稿しましょう!
レビューを書く
他の言語でレビューをご覧になれます
レビューに返信
返信する
訪問 GoDaddy Hosting
reply
ja
エラー
onClick="trackClickout('event', 'clickout', 'Vendor Page - Visit User Reviews', 'godaddyhosting', this, true);"
View 1 reply
%d件の返信を見る
avatar
4.0
charan
米国
2016年12月22日
GoDaddy Hosting Review

All my blogs are with godaddy windows hosting, recently i purchased a new hosting plan. Got a free domain with big discount on economy hosting. my suggestion is need to add more features, like others hosting companies are offering.

に関するまとめ GoDaddy Hosting

繰り返しますが、GoDaddyのホスティングサービスは利用してはいけません。GoDaddyのドメイン取得サービスは良いですし、人気ブランドで認知度が高いですが、ホスティングサービスはお金の無駄です。

予算が少ない場合は Liquid Webをご検討ください。業界で現在最高のプレミアムホスティングサービスの一つです。ホスティングは低価格で利用したいけど、GoDaddyより優れたサービスが良いという方は Hostinger または Interserver をお試しください。

いずれにしても、GoDaddyは避けるべきです。

GoDaddyのコストは?
一番安いプランでも月額$1.00ドル(開始価格)で、ホスティングの契約を延長すると料金が約50%高くなります。より高度なプランを選ぶと価格がどんどん高くなっていきます。手頃な価格ですが、GoDaddyより質が良くて断然低価格なサービスは他にあります。最終的な決断を下す前にHostingerの低価格のプランをご覧ください。
GoDaddyがこんなに安いのはなぜ?
GoDaddyは安いとは言えません。価格はせいぜい平均程度で、断然質が良いホスティングでもGoDaddyの一番安いプランの月額料金の半額ほどです。

高性能でお得なホスティングはありますから、ウェブホスティングのクーポンページ で最新情報をご覧ください。頻繁に更新していますから、一番お買い得なサービスが見つかります。

GoDaddyはネットショップを作成するのに向いていますか?
一概には言えません。GoDaddyのサイトビルダーを使ってeコマースサイトを作ることはできますが、商品数が少ないシンプルなネットショップでなければあまりお勧めできません。より良いeコマース向けサイトビルダ ーはたくさんあります。

しかしGoDaddyの基本的な共有ホスティングパッケージは話が違います。サーバーパフォーマンスが最悪なので、ネットショップがなかなかロードしませんから、お客さんはすぐに他のネットショップに行ってしまうと思います。

GoDaddyより優れているウェブホスティングは?
他の大手ホスティングサービスはほとんどすべてGoDaddyより優れていると言っても過言ではありません。お財布に優しいサービスは HostingerInterServer でしょう。 Hostingerは月額 $0.99のホスティングプランがあり、全体的にGoDaddyより断然高パフォーマンスです。

オススメのウェブホスティングサービスのランキングをご覧ください。そちらでご紹介しているホスティングサービスはすべてGoDaddyより高性能です。

ブレント・エマーソン
ブレント・エマーソン
Brent is a freelance web developer who loves experimenting with new technology and sharing his experiences with others. While his career life can get hectic sometimes, he always makes time for the important things in life: good coffee, good wine, and quality time with his twin boys, Aiden and Sean.

GoDaddy Hosting の類似サービス

エックスサーバー
4.6
他社比でも明確な安定性とサイトスピードの高パフォーマンス
レビューを読む
お名前.com
4.6
知名度が高い老舗の東証一部上場企業が提供するサービスで、日本で監視・管理しているので安心
レビューを読む
ヘテムル
4.5
大容量200GBでお得なサービス
レビューを読む
mixhost
4.5
サーバーの性能は平均以上
レビューを読む
19953