レビューと専門家の意見 DigitalOcean

19 位中 53 位のランキング ウェブホスティング
4.5
サーバー地点
ニューヨーク
アムステルダム
サンフランシスコ
シンガポール
ロンドン
フランクフルトアムマイン
トロント
バンガロール
マーク・ホールデン
マーク・ホールデン
ウェブホスティングの専門家
DigitalOceanは専門のプロバイダで、経済的なクラウドインフラを利用したいデベロッパーに最適なサービスです。しかしサポートが必要な場合やトライアルをキャンセルしたり返金してもらったりする場合にはトラブルが発生します。長所や短所があるのは他のウェブホスティング会社と同じですから、サービス内容をしっかり理解すれば心配はありません。

概要

デベロッパーによるデベロッパーのためのウェブホスティング会社

DigitalOceanはデベロッパー向けのクラウドサービスです。クラウドとはサイトの成長に合わせてスケーラブルな仮想機械ネットワークのことです。代表取締役のマーク・テンプルトンはCitrix Systemsの急成長を先導しており、この会社は現在、12個のデータセンターを配備しており、195か国・100万人以上のデベロッパーにサービスを提供しています。

digitalocean-overview1

他のホスティング会社とは違い、DigitalOceanクラウドコンピューティングが専門の会社で、共有ホスティングやVPSホスティングサービスはありません。サイトに初めてアクセスしてみると、どのようなサービスなのかよく分からないかもしれません。ウェブデベロッパーの興味を引くことに力を入れていることは明らかです。ホームページには無駄がなく、技術に詳しくない人には難しすぎると思います。

サポートが必要な初心者にはこのサービスは向きませんから他のホスティング会社をご検討ください。サポートチームは実質的に存在しません。また、この会社はスペシャリストなのでみんなに適したサービスを提供しているとは言えません。

問題はあなたにピッタリのホスティング会社なのかということですね。

この記事ではこのサービスがあなたに向いているか判断できるように詳しくご説明します。また、私が実際に利用した体験も紹介したいと思います。準備はできましたか? では、始めましょう!

機能

4.6

しっかりした技術ツール(使い方を知っている必要があります)

DigitalOceanはデベロッパー重視のサービスなので無料ドメイン名、無料バックアップ、SSL証明書、ライブカスタマーサポートなどの一般的な機能や特長はありません。

しかし技術的なノウハウがある人はあなただけのクラウドサーバーを作成・管理できます。フローティングIPアドレスからプライベートネットワークなどあらゆるものが用意されています。ただしこれらの機能は他のプロバイダと違って使い方が分かりにくいことに注意しましょう。

digitalocean-features1

サービス環境

クラウドホスティングだけに力を入れているDigitalOceanですが、サービスの種類はかなり充実しています。目的に合わせて異なるプラットフォームを用意しています。アプリの導入のためのスケーラブルなドロップレットからファイルの保存のための容量ソリューションや安心のデータベースホスティングまでとても充実しています。興味があるサービスを選び、使用するものにだけ料金を払えるので経済的です。

トップのセキュリティ対策

DigitalOceanはデフォルトで含まれている追加の暗号化により、データを終端間で保護することができます。完璧というわけではないものの、他のサービスよりは断然良く、追加のセキュリティ対策が可能です。いくらかコーディングの知識が必要ですが、DigitalOceanのオンラインチュートリアルを参照できます。

サーバーロケーションを選択できる

DigitalOceanではプライマリサーバーの地点をドイツ、オランダ、インド、シンガポール、カナダ、アメリカなどから選べます。また、ダッシュボードからロケーションごとに通信速度試験することもできます。ただし、その情報だけに頼らないで外部のツールで通信速度を再確認してみることをお勧めします。

digitalocean-features2

ツールや統合機能

この会社のウェブベースのコントロールパネルやコマンドラインのほかにもDigitalOceanは複数のAPIにも対応しており、ワンクリックインストーラもいくつかあります(うまく機能しないという声も聞かれますが)。さらにチームでコラボレーションするためのツールやよくあるデベロッパーツールと統合することも可能です。Slackを統合することもできますが、統合がうまくいかないこともあるようです。

digitalocean-features3

利用の難易度

4.5

初心者より高度なユーザー向け

はっきり言ってDigitalOceanは使いやすさの面ではまだまだ改善が期待されます。ターゲットユーザーは高度なデベロッパーですからインターフェイスを使いやすくすることより低価格で機能とスケーラビリティを提供することに力を入れているのは理解できます。いくつか使いやすさを向上する機能もあるのは良いでしょう。

アカウントの作成

DigitalOceanでアカウントを作成するのはかなり簡単です。他の会社と比べてもかなり快適に加入できます。ただ、サポートに問い合わせようとするとデメリットが見えてきます。セットアップ作業中にサポートはほとんどありませんし、セットアップが終わってもサポートはかなり少ないからです。

私がアカウントを作成したときの利用体験はこちらでご紹介しています。

ドメインの接続とWordPressのインストール

実はアカウントを作成するのがかなり簡単なのに対して、他の作業はやけに難しいのです。ドメインを接続したりWordPressをインストールしたりするのは初心者には難しすぎると思います。SSHキーやコマンドターミナルを操作しなくてはいけないからです。しかしデベロッパーならサクサク行けると思います。

ドメイン名を接続してWordPressをインストールする方法についてはこちらをご覧ください。

詳しい資料

デベロッパーは資料が好きなのかもしれませんが、DigitalOceanには充実した資料が用意されており、だれでも利用できる知識ベースもあります。「Write for DOnations」プログラムでは知識ベースの記事を執筆して収入を得る取り組みで、同じ額が非営利組織に寄付されます。つまり、技術的なコンテンツはとても豊富でいつでも利用できるようになっているのです。

digitalocean-ease-of-use1

必要なリソースだけ選べる

システムはクラウドベースなので必要なリソースや機能だけを選んでその分の料金を払えばいいという仕組みです。他のホスティング会社ではパッケージに機能や特長をまとめて購入しやすくなっていますが、DigitalOceanは必要なものだけを選べるようにすることで料金を低く抑えているのです。

高度なサーバー管理

DigitalOceanコンソールにはいくつかビジュアルのサーバー管理ツールが用意されており、他にもウェブベースのLinuxコンソールからSSHにアクセスしたり管理したりすることもできます。cPanelなどを利用したい場合、自分でインストールする必要があり、別途で料金もかかります。そのため、自分でクラウドサーバーを管理する場合、コマンドラインのノウハウがいくらか必要です。

パフォーマンス

4.6

比較的高速ですが、停止時間には注意

DigitalOceanのメリットの一つは、サイトに通信速度試験ツールがあるので12個のサーバーすべてのパフォーマンスを素早く確認できることです。このスクリーンショットを見ると、私のISPのサービスがいかに悪いかがはっきり分かりますね。

digitalocean-performance1

また、独自にSucuriページロード試験も行ってみました(ホスティング会社からの情報だけを信用してはいけません)。下のスクリーンショットはその結果です。

全体的に稼働しているときには比較的高速ですが、私の利用経験と他のユーザーレビューによると、DigitalOceanでは停止時間が目立つようです。また、サイトが停止してしまった場合、サポートチームに助けてもらえる可能性は極めて低いでしょう(これに関しては後ほど詳しく説明します)。

digitalocean-performance2

サポート

4.0

TrustPilotでは45%のユーザーが低評価

ウェブホスティング会社のほとんどはカスタマーサポートがしっかりしていることを大きな特徴として宣伝しています。しかしDigitalOceanはサポートを大々的に宣伝していません。DigitalOceanには他の面は優れているものの、サポートは強みではないからです。この会社のTrustPilotでの評価は10点中3.5点で驚くほど低く、ユーザーの45%が星1つと評価しています。

これらの低評価のほとんどがサポートがないことを指摘しています。あるユーザーは「DigitalOceanにはカスタマーサポートが全くありません。理由もなくアカウントをロックされ、チケットを送信しても対応してくれませんでした。最悪です」と書いています。

レビューで見られる苦情に反論したいところですが、私も過去数年間でDigitalOceanを何度か利用したことがあり、利用体験が悪かったことも何度かあったのです。過去には私のクライアントサイトのロードが停止してしまい、サポートは問い合わせに2週間以上応じてくれませんでした。

数年の間でサポートが改善されていることを願っていたのですが、今回サービスを試してみるためにチームに問い合わせてもメッセージに対応してもらえませんでした。サポートチケットを送信しようとしたのにエラーページが表示されてしまいました。

digitalocean-support1

チームに問い合わせようとしたらバグが発生したのです。バグを解決するのに取り組んでいるというバナーが表示されていましたが5日待っても解決されていませんでした。

本当に残念です。

digitalocean-support2

価格設定

4.6

業界では安価な方ですが、一番安いというわけではありません

DigitalOceanの価格モデルはクラウドホスティングの性質により、他のホスティングプロバイダとはちょっと違った価格設定です。毎月特定のパッケージを利用する代わりに固定価格の料金を払うのではなく、どれくらいリソースを使用するのかに合わせて独自のプランを作成できるのです

また、毎月最大で672時間までは使用時間ごとに料金を払う仕組みで、それ以上利用した場合は一律の月額料金がかかります。

また、色々な支払い方法に対応しています。Visa、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ディスカバー、PayPalのほか、銀行振替、発注書、自動決済にも対応しています。

キャンセルと返金

TrustPilotに星1つと評価したアンソニー・コスグローブさんによると、彼がトライアルをキャンセルしなかったため、40ドル請求されたそうです。ユーザーがキャンセルするのを忘れたらお金を払わなくてはいけないのは当たり前だと思うかもしれませんね。しかしそれより重大な問題があるのです。

DigitalOceanには返金保証がありませんし、キャンセル作業をしているときに問題が発生しても(このレビューを執筆している時点では)サポートに問い合わせることができないのです。

私も問い合わせようとしました。サービスを試験利用しているときに支払った料金1.03ドルを返金してもらうように申請できたらよかったのですが、サポートシステムが故障していたため問い合わせることはできませんでした。この場合は1ドルだけだったので大したことはありませんでしたが。

私がDigitalOceanの契約をキャンセルして返金してもらえなかったことに関してはこちらをお読みください。

Cloud Hosting

Moe Details

に関するまとめ DigitalOcean

DigitalOceanは専門のプロバイダなので、低価格のクラウドインフラを利用したいデベロッパーに最適なサービスです。クラウドプロバイダに期待したい機能はすべて含まれていますし、価格もリーズナブルでしょう。

しかし初心者がサポートが必要な場合やトライアルをキャンセルしたり返金してもらったりする場合はトラブルが発生します。そのためDigitalOceanを利用し始める前に利用規約とサービスや合意の内容をしっかり確認することが重要です。

しかしだからと言って興味をなくさないでくださいね。長所や短所があるのは他のウェブホスティング会社と同じですから、サービス内容をしっかり理解すれば心配はありません。

マーク・ホールデン
マーク・ホールデン
マークはHTML5、CSS、JavaScript、MySQL、PHPを専門とするプロのデベロッパーです。サイトを作成したり最新のツールを試験利用したりしていない時は、ロックバンドのドラマーとして活躍しています。オムレツを作るのが得意です。

DigitalOcean の代わりのサービス

910977