当サイトには、提携サイトへのリンクが含まれています。当サイトのリンクをクリックして提携サイトで製品を購入した場合、当社はアフィリエイト報酬を受け取ります。詳しくはこちら。アフィリエイトプログラムへの参加が当サイトのレビューに影響を与えることはありません。

レビューと専門家の意見 Constant Contact

メリッサ・ハウン メリッサ・ハウン メールマーケティングの専門家

スモールビジネスでも簡単にメールマーケティングできるおすすめのツールをお探しの方は Constant Contactのメールプラン は必要な機能がすべてまとまっていて、イチオシです。メールマーケティングは初めて、オールインワンのプラットフォームが欲しいという方に最適なサービスでしょう。メールキャンペーン、サイト、ネットショップ、ソーシャルメディアマーケティングなどを一括管理できます。ただし、メールマーケティングの経験がある方は自動化機能やアナリティクスが不十分だと感じるでしょう。また、価格は高めです。

概要

Constant Contact早見表

無料プラン 30日間(アメリカは60日間)
初回購入価格 月額$20.00
メールテンプレート 300以上
連携アプリ 20以上
自動化
ライブチャットサポート

Constant Contactがビジネスの経営者にとって役立つ理由は?

Constant Contactは約20年前からサービスを提供しているため、メールマーケティングサービスの中では老舗です。何百万人もの利用者を誇るこのサービスはとても人気がありますが、だからと言って誰にでもおすすめできるとは限りません。あなたのビジネスにとって最適なツールか見極めるにはどうすれば良いのでしょうか?

Constant Contactをじっくり試し、機能から使いやすさ、カスタマーサポートまで、様々な角度から分析しました。その結果、このサービスはとても使いやすいメールマーケティングツールで、多彩な機能を提供して常に新しい分野に成長を続けていることが分かりました

Constant Contact campaign options
Constant Contactでは様々なキャンペーンを作成できるということが最初に目につきました。

インターフェイスはシンプルなので初心者も簡単に使いこなせますし、メールを配信する以外にも作業が山積みの忙しい経営者にぴったりです。さらに、全プランで60日間無料トライアル を利用できるので、安心して使い心地を実感できます。ただし、トライアル期間が終了すると、価格は業界の中では高めです。

さらに、自動化やアナリティクスなど、場合によっては必要不可欠な機能が利用できないというのもデメリットでしょう。また、このツールは英語でしか利用できないので日本語で表示できません。メールテンプレートは多言語に対応していますが、こちらも残念ながら日本語はNGです。

では、Constant Contactのメリットやデメリットについて詳し見て行きましょう。あなたに合ったサービスなのか見極めるためにお役立てください。

特徴

4.7

インテグレーションやテンプレートは充実、自動化機能は基本的なものだけ

Constant Contactは小規模ビジネスの経営者が必要な基本的な機能をすべて提供しています。リアルタイムのトラッキングやeコマースマーケティングなどを利用できますが、トップレベルのメールマーケティングサービスと比べると、少し不便なところもいくつかありました。例えばA/Bテストは件名しかできません。それに対して ActiveCampaign なら自動化シークエンスのパフォーマンスもテストできます。それでもシンプルで多目的なツールが必要なマーケティング担当者はConstant Contactで満足できるでしょう。

オールインワンのプラットフォーム

Constant Contactは単なるメールマーケティングサービスではないというのが第一印象でした。Create(作成)ボタンをクリックすると、メールの作成、自動化、SMSの投稿、宣伝、イベント、アンケート、ランディングページ、サイト、ネットショップから選択できます。

これらの機能が1つのプラットフォームにまとまっているため、目的別にたくさんのツールを使いこなす必要はありません。Constant Contactですべてのプロジェクトを管理できるわけです。オールインワンのConstant Contactでデジタルマーケティング業務を簡単にこなせるのはとても便利だと思いました。

インテグレーション

Constant Contactは20種類以上のインテグレーション機能があります。他社サービスほどではありませんが、基本的なニーズはほとんどすべてカバーできるでしょう。FacebookやWordPressで登録フォームを作ったりGoogleやOutlookから連絡先をインポートしたり、ShopifyWooCommerce などにネットショップを接続することも可能です。

また、Zapierのインテグレーションは何千種類もあります。どんなニーズにも対応できるアプリが見つかります。

Constant Contact integration options
Constant Contactのインテグレーション機能はカテゴリ分けされており、人気機能はインテグレーションのメイン画面に表示されています。

自動化

メールプランには基本的な自動化機能が含まれています。開封しなかった人にメールを再配信したり(件名を変えて配信することも可能)、ようこそ・誕生日・アニバーサリー用のメールテンプレートを利用したりできます。ただし、自動でようこそメールを送ったり、アクションに応じてメールシリーズを送ったりしたい場合はメールプラスプランが必要です。

Constant Contactは自動化の観点ではあまり感心できませんでした。自動返信や連絡先トリガーなどの基本機能はありますが、他社ツールの方が高度なオプションがあり、より柔軟に利用できます。GetResponseだと4種類のA/Bテストが利用できる一方、Constant Contactだと件名のスプリットテストしかできません。

メールテンプレート

Constant Contactは多数のテンプレートを用意しています。300種類以上のモバイルレスポンシブデザインから選んで自由にカスタマイズできます。

会社のテーマカラーやロゴを追加したブランドテンプレートを作ったり、業種別にデザインされたテンプレートを選ぶこともできますが、本音を言うと素晴らしいテンプレートばかりではありません。プロがデザインしたとは思えないものや、時代遅れな印象のものもあります。しかし数は多いですから、良いデザインもありますし、ニーズに合わせて簡単に編集することもできます。

Constant Contact email templates
Constant Contactのメールテンプレートはカラフルで目立ちますし、イベント向けデザインもあります。

リストの分割

連絡先一覧はアクション、場所、会社などの項目で簡単に検索できます。他にも、「連絡先タグ」という機能が特に便利です

タグを使うと任意の情報で連絡先をカテゴリに整理できます。ビジネスの目標を達成するのに重要な情報を基に戦略を立ててカスタマイズしたメールを配信できるということです。

ツアー会社を経営しているケースを例に見てみましょう。以前、バリ島に興味を示したお客さんをターゲットにしたいなどが考えられますね。そんな時、バリ島というタグを付けておけば、キャンペーン情報についてメールを送るのに役立ちます。

イベントの管理

この機能はかなりユニークで、他のメールマーケティングサービスと差を測っていると思います。Constant Contactはイベント管理ツールも提供しています。イベントを宣伝して、参加したい人に登録してもらうという2つの作業を同じプラットフォームでこなせるのは便利です。eコマース、ランディングページ、メールマーケティング機能と組み合わせることで、キャンペーンを最初から最後までConstant Contactで行えます。

トラッキング機能は登録やチケットの売り上げなど、知りたい情報をリアルタイムで表示してくれるのがとても便利だと思いました。最高なのは、これらの機能はメールプランとメールプラスプランの両方で利用できることです。

ウェブサイトビルダー

Constant Contactについて気に入ったもう1つのポイントは、サイトも作れることです。この機能も両方のプランに含まれていて、本当に簡単です。

Website & Storesというタブをクリックし、デザイン、レイアウト、色のテーマ、フォントなどを選んでいくだけです。様々なビジネスにあったサイトテンプレートが多く、プロが作ったような洗練されたサイトが完成します。ネットショップを作ることもできます。

eコマースツール

ネットショップに関して、Constant Contactのeコマース機能はトップクラスだと思います。メールキャンペーンにeコマースを簡単に導入でき、トラッキング可能なメールクーポンの設定、放置された買い物かごのリマインダーメールの送信、使いやすいテンプレートなど魅力が満載です。

すでにShopifyやWooCommerceを利用している場合、既存のネットショップを接続して連絡先を同期することもできます。アクションに応じて連絡先を区別したり、売り上げを伸ばすためにランディングページや登録フォームをカスタマイズしたりできます。両方のプランでいくつでも商品を販売できますが、手数料が1.5%掛かることに注意しましょう。

パフォーマンス

Constant Contact なら迷惑メールフォルダには入りません

簡単なメールを作成し、Constant Contactのキャンペーンが迷惑メールだと判定されるか無料オンラインツールを使って確認してみました。リンクがすべて正しいことを確認し、本当のメールキャンペーンに見えるように少し編集を加えてから迷惑メールか判定するツールに送信します。

その結果、迷惑メールだと思われる部分は全くありませんでした

ただし、Benchmark は迷惑メール確認ツールがありますが、Constant Contactにはそのような機能はありません。外部のツールを利用する必要があります。

Constant Contact spam test score
Constant Contactで作ったメールは迷惑メール確認ツールで完璧なスコアを獲得しました。

機能一覧をご覧ください

使いやすさ

5.0

Constant Contact はとても使いやすい

Constant Contactの魅力の1つはインターフェイスがとても分かりやすいことです。メールマーケティングが初めてでも直感的に使いこなせるでしょう。短時間でも使い方を習得できます。視覚的なデザインで、画像やレイアウトなどのセクションがきちんと整理されていますし、アイコンがカラフルなのでとても分かりやすいのです。

キャンペーンを新規作成したり、購読者の一覧をアップロードするのも簡単です。エディタはドラッグアンドドロップ形式なのでメールを楽に作成でき、デザインのスキルがなくてもカスタマイズできます。また、変更が自動保存されるので作業が失われる心配はありません。

上でも説明した通り、登録フォーム、サイト、ネットショップなどもまとまっているため、メール以外の部分もとても使いやすいと感じるはずです。便利な動画チュートリアルやヒントなどもあります。上級マーケティング担当者は物足りなさを感じるかもしれませんが、初心者は本当に重宝すると思います。

ドラッグアンドドロップエディタ

Constant Contactはメールの編集作業も本当に簡単です。左側のメニューから要素を選び、好きなところにドラッグすれば配置できます。レイアウトがきれいできちんと動作しますし、技術が苦手でもマスターできます。

Constant Contact drag-and-drop editor and check for errors feature
メールに要素を簡単に追加したり、エラーを確認したりできます。

エラーの確認

配信ボタンをクリックする前に、エラー確認機能がケアレスミスをチェックしてくれます。リンクが抜けていたり無効だったり、テンプレートのデフォルトコンテンツがそのままになっているなどのミスを発見できます。また、テストメールを自分に送信して間違いがないか確認することもできます。

配信前にプレビュー

受信した時にメールがどのように表示されるか確認するのも大切です。Constant Contactではデスクトップとモバイルでメールがどう表示されるかチェックできます。

受信箱プレビュー(Inbox Preview)というアドオンを使うと、Gmail、Outlook、iPhone、iPad、Androidでメールがどのように表示されるかプレビューできます。月額10ドル(約1000円)の追加料金が掛かるので少し高めですが、便利な機能でしょう。

Constant Contact email preview
Constant Contactでは配信前にデスクトップとモバイルでメールのプレビューを確認できます。

Constant Contactがあなたにピッタリか確認するにはこちら

アナリティクス・レポート

4.5
Constant Contact analytics trends
Constant Contactのアナリティクスダッシュボードでは最新のトレンド情報を確認できます。

必要なデータにすべてアクセスできますが、それ以外でできることはあまりありません

アナリティクスとレポートはConstant Contactの強みではありませんが、弱みとも言えないと思います。必要なデータを取得することはできますが、詳しい情報は見られません。

モバイル専用のレポート、SNSの統計情報などの部分は力を入れているようです。しかし配信時間の最適化、データを基にした情報など、他社サービスで利用できるような便利なツールはありません。レポートを実際に見てみれば納得していただけると思います。Constant Contactはキャンペーンを最適化するために役立つ特徴はあまりありません。

標準的でシンプルなアナリティクスダッシュボード

アナリティクスダッシュボードはReporting(レポート)タブからアクセスできます。クリックすると、Emails(メール)とContacts(購読者)という2つのタブが表示されます。Emailsではメールに関する統計情報やトレントの概要、Contactsでは購読者のアクティビティと購読者数の移り変わりをチェックできます。

ダッシュボードでは期間を指定してレポートを表示したり、キャンペーンごとに比較したりできます。レポートはPNG、JPG、SVG、PDF、CSVという5種類のファイル形式でダウンロードできます。とてもシンプルで使いやすいと思いますが、カスタマイズできる部分はあまりありません。詳しく分析したい場合、レポートをダウンロードし、エクセルなどで試行錯誤することになります。

Constant Contact email reports
Constant Contactでは期間を指定してレポートを閲覧できます。

モバイル・ソーシャルメディアの統計レポート

Constant Contactでは指標ごとに様々なレポートを生成できます。クリック率、開封率(モバイルだけの開封率など)といった基本情報だけでなく、ヒートマップやキャンペーンの比較など詳しい情報を確認することもできます。

特に注目したい機能はソーシャルメディアのトラッキングです。普通のメールレポートの他に、ソーシャルメディアのキャンペーンの成果をプラットフォームごとに見られます。

データを結果に反映しやすい

Constant Contactは GetResponseSendinblue などのように送信時間の最適化機能はありませんが、いつ送信すると効果的か把握できないわけではありません。アナリティクスダッシュボードでは開封率やクリックリスなどの基本情報を見られるので、キャンペーンを送信するのに最適な時間を判断するために必要な情報が揃っています

購読者を2~3個のグループに分け、グループごとに時間を決めて同じメールを送ってみれば良いのです。結果が出るのを待ち、データを比較すれば効果的な時間を割り出せます。その結果を今後のキャンペーンに反映しましょう。

アナリティクスについて詳しく見る

カスタマーサポート

4.8

カスタマーサポートは問い合わせ方法が多く、素早く対応

Constant Contactのカスタマーサポートは複数の問い合わせ方法で対応しており、全プランでサポートを利用できます。電話サポートは営業時間だけですが、他の方法で問い合わせても素早く対応してくれますし、きちんと質問に答えてくれます。

最初にライブチャットサポートを試しました。問い合わせフォームに簡単な質問を入力したところ、それに関連するサポート記事が表示されました(Wordから購読者をインポートすることに関する質問でした)。記事ではなくライブチャットに続行します。

約2分でスタッフから返信が届きました。最初はあいまいな答えだったのですが、聞き返すと明確に答えてくれました(Constant ContactではWordから直接購読者をインポートすることはできません)。また、Constant Contactが対応しているファイル形式にWordファイルを変換する方法についてアドバイスしてくれました。

質問の答えが素早く簡単に分かったので満足しました。念のため、翌日の午前3:20(アメリカ東部標準時)にも質問したところ、直ちに対応してくれました

Constant Contactのサイトによると、ライブチャットは月曜から金曜に対応しているそうです。時間帯は明記されていませんが、私の経験から推測すると平日であればいつでも対応してくれるでしょう。

Constant Contact live chat support
Constant Contactのライブチャットサポートは素早く対応してくれます。

次に、コミュニティ掲示板を試してみました。Community(コミュニティ)ページにアクセスし、Ask for Advice(質問する)をクリックし、簡単なフォームを記入します。メールを編集する方法について簡単なアドバイスが欲しいという内容を投稿しました。5時間もしないうちにカスタマーサポートスタッフから返信があり、返信があったという通知がメールで届きました。

返信には関連記事のリンクとその概要が書かれていてあまり詳しくありませんでした。はい・いいえで答えられるような質問ではなかったので不満ではありませんでしたが。リンク先の記事にはどのようにカスタマイズすれば良いのか的確なアドバイスが掲載されていて、かなり役立ちました。ただ、回答が届くまで5時間もかかったのは残念です。今すぐ回答してもらいたい場合はコミュニティ掲示板以外の方法で質問しましょう。

掲示板にはかなり詳しく回答が投稿されています。カスタマーサポートスタッフはサポート記事へのリンクを張ったりしてきちんと質問に答えていました。対応に時間が掛かっても構わない場合はおすすめです。

Constant Contact community forum support
カスタマーサポートスタッフがコミュニティ掲示板の投稿に回答してくれました。

最後に、Constant Contactのツイッターチームに質問を投げかけてみました。ヘルプセンターには、「ライブチャットや電話が利用できない時にはツイッターでお問い合わせください」と書かれています。本当に役立つのか疑問に思いました。

メールが迷惑メールフォルダに届かないようにする方法についてツイートを記入し、@ConstantContactをタグ付けします。わずか5分後、アドバイスが届き、追加資料へのリンクも3つ届きました。ここまで素早い対応は期待していなかったので素晴らしいでしょう。

Constant Contact Twitter support
Constant Contactのツイッターアカウントは本当に素早く回答してくれたのでびっくりです!

以上3つの問い合わせ方法以外に、営業時間内なら電話サポートも利用できます。対応時間は月曜から木曜は午前8時から午後10時、金曜は午前8時から午後9時、土曜は午前10時から午後8時だそうです(米国東部標準時)。

国によって電話番号が異なり、ウェブサイトビルダーと支払いに関する問い合わせ専用の番号もあります(対応時間はそれぞれ違います)。

料金

4.3

有料プランは2種類、価格は購読者数によって違う

Constant Contactはメールプランとメールプラスプランという2種類の有料プランを提供しています。メールプラスプランだとメールマーケティングに役立つ追加機能がいくつか利用できるという点でメールプランと異なります。アンケート、投票、クーポン、高度なeコマースマーケティング、自動メールシリーズなどを利用できるようになります。

eコマースやサイトなど他の部分はほとんど同じです。もう1つの違いはメールプランでは3人のユーザーを登録できるのに対し、メールプラスプランでは10人登録できることです。

プランはどちらも購読者によって違います。メールの配信数に制限はありません。最初からたくさん購読者がいる場合、Constant Contactは比較的高価格でしょう。また、ビジネスが成長したのでアップグレードが必要だった場合、高いと感じると思います。

Constant Contact の無料トライアル

無料プランはありませんが、メールプランの 60日無料トライアルで試用できます。支払い情報の入力が必要で、トライアル期間が終了する前にキャンセルしなければ料金を請求されてしまうのでご注意ください。

また、6か月または12か月分を前払いしておくと割引となります(それぞれ10%と15%割引)。非営利組織の場合は割引率が20%と30%にアップします。他社サービスと比べるとかなりお得です。

支払い方法はPayPalと主なクレジットカード(Visa、マスターカード、ディスカバー、アメリカンエキスプレス)に対応しています。

毎月のメールの数 購読者数 マルチユーザーアカウント 自動化 セグメンテーション アナリティクス 価格
メールプラン 無制限 0~50,000 ○ (3) あり(ベーシック) 月額 $20.00から。
メールプラスプラン 無制限 0~50,000 ○ (10) あり(ようこそメールやアクションに応じたメールを自動配信) 月額 $45.00から。

キャンセルと返金

Constant Contact My Account page
Constant Contactから解約する方法は少し分かりにくいです。

無料トライアルを始める前に、Constant Contactを解約する方法が知りたいですよね。思ったほど簡単ではありませんでした。アカウントページにアクセスすると、キャンセルするにはどこをクリックすれば良いのかはっきりしていません。Payment Plan(支払いプラン)の横にあるEdit(編集)ボタンをクリックすると、ネットで簡単にアップグレードするページが表示されます。キャンセルするには支払いチームに電話で問い合わせる必要があります。

Constant Contact cancellation terms
ページの下にはConstant Contactの解約に関する規約が書かれています。

また、少額の月額料金を支払うとアカウントを一時停止できます。こうすることで連絡先、レポート、画像にアクセスし続けられ、メールの作成や登録フォームを有効にしたままにできます。しかし、スケジューリングされたメールや自動メールは停止され、アンケートの結果やイベントの登録などは受信できなくなります。

完全に解約したい場合、電話で問い合わせる必要があります。フィードバックと解約したい理由を聞かれます。24時間以内に解約を確認するメールが届きます。簡単ではありませんが、特に面倒でもありません。

返金の請求は簡単です。有料プランに満足できなかった場合、最初の支払いから30日以内であれば返金してもらえます。そうするとConstant Contact側がプランを直ちにキャンセルしてくれます。この場合も、返金してもらうには電話で問い合わせなければなりません。

ユーザーレビュー

3か国語の1件のレビューに基づく情報
4.5
Constant Contactについて日本語で初のレビューを投稿しましょう!
レビューを書く
他の言語でレビューをご覧になれます
レビューに返信
返信する
へ Constant Contact
reply
ja
エラー
onclick="trackClickout('event', 'clickout', 'Visit User Reviews', 'constantcontact', this, true);"
View 1 reply
%d件の返信を見る
avatar
5
Alister Yoder
米国
2021年9月23日
Constant contact fit that bill

I'm the office manager for a small business, and I was tasked with coming up with an email marketing solution that wouldn't kill our budget. Constant contact fit that bill. It has a ton of great features such as email scheduling, real-time reporting, and tracking options. I was able to manage multiple contact lists and was able to remove duplicate contacts automatically. The best part is that you don't need to be a design or tech wizard to use this product. It's perfect for any small business in my opinion.

avatar
4
Tyra Mcdougall
米国
2021年9月23日
this service is only for those with little or no email marketing experience

Personally, I feel that this service is only for those with little or no email marketing experience. I have run campaigns for multiple companies and found this software lacking for those wanting mid-range or enterprise-level features. If you're new to email marketing or you are a small business with a tight budget, this may work, but if you are looking for something more robust, then you may feel that you've overpaid using this product.

avatar
5
Damien Bain
米国
2021年9月23日
I really like the interface and setting up contacts is fast and easy

I really like the interface and setting up contacts is fast and easy. One of the best features was the ability to reuse emails formats for various campaigns. I had an ongoing email campaign and rather than having to set up each separate message, I could simply modify the original template and continue. It's great for anything from one-time emails to long-term campaigns. It has saved me a ton of time, and ultimately money

Constant Contact レビュー:まとめ

Constant Contactはとても使いやすくて多目的なツールで、小規模ビジネスや個人におすすめです。メールマーケティングは初めて、オールインワンのプラットフォームが欲しいという方に最適なサービスでしょう。メールキャンペーン、サイト、ネットショップ、ソーシャルメディアマーケティングなどを一括管理できます。

インテグレーション機能やテンプレートが多く、カスタマーサポートも迅速に対応してくれます。ただし、自動化ツールやアナリティクスはあまり洗練されていないので、メールマーケティングの経験がある方はより機能が豊富な Constant Contactの代わりにおすすめのサービス を検討すると良いでしょう。GetResponseActiveCampaign などがイチオシです。

簡単にメールマーケティングできる便利なツールが必要ならConstant Contactが良いでしょう。スモールビジネスにおすすめで、必要な機能がすべてそろっています。

よくある質問

Constant Contactとは?Constant Contactとは、スモールビジネス、非営利組織、個人におすすめのメールマーケティングサービスです。メールマーケティングの他に、サイト作成、eコマース、ソーシャルメディアなどたくさんのツールが含まれています。 これらの機能を全プランで利用できる のが便利です。他におすすめのサービスをお探しの方はおすすめのメールマーケティングサービスランキングをご覧ください。Constant Contactは無料版がありますか?無料プランはありませんが、Constant Contactの60日間無料トライアル を利用できます。「メールプラン」に含まれている機能をすべて利用できますが、トライアルを始めるには支払い情報を入力する必要があります。トライアル期間が終了する前にキャンセルしなければ料金を引き落とされてしまうのでご注意ください。Constant Contactのコストは?基本的なメールプランは月額 $20.00から、メールプラスプランは月額 $45.00からとなっています。Constant Contactの費用は購読者数によって違いますが、長期契約に申し込むと割引が適用されます。また、非営利組織の場合は割引率が高くなるのでお得です。お申し込みの際は Constant Contactのクーポンをご確認ください。Constant Contactのメリットは?初心者でも使いやすいツールで、時間があまりない場合に役立ちます。サイトやネットショップの作成ツールなども搭載されているため、デジタルマーケティングのオールインワンツールとして役立ちます。また、多数のメールテンプレートも利用でき、カスタマーサポートも迅速に対応してくれます。Constant ContactはMailchimpよりおすすめですか?初心者や小規模ビジネスの経営者にはConstant Contactの方がおすすめです。テンプレートも豊富で質もよく、編集ツールもMailchimpより使いやすいでしょう。Mailchimpの方がアナリティクスとA/Bテストが強みですが、基本的な機能に関してはConstant Contactの方が圧倒的に優れています

メリッサ・ハウン メリッサ・ハウン
メリッサは、コンテンツマーケティングとコピーライティングが専門のフリーライター、編集者、翻訳者として活躍しています。現在彼女はポルトガルのリスボンに住んでおり、暇さえあれば海に行き、ゆったりと生活しています。

Constant Contact の類似サービス

56874