レビューと専門家の意見 DesignMantic

17 位中 20 位のランキング ロゴデザインサービス
3.8
価格設定
Basic (Logo Only) $37
Standard (Logo + Business Card Design) $57
Pro (Logo + Business Card Design + Other Branding) $97
エゼキエル・ブルーニ
エゼキエル・ブルーニ
グラフィックデザイナー
DesignManticは、最高なサービスを開発することより、たくさんのサービスを提供することに力を入れているようです。それで良いという場合もありますが、DesignManticより優れたサービスは間違いなくあります。

概要

designmantic-overview1

多数のサービスを用意

DesignManticは単なるロゴメーカー以上のものです。以下でご紹介しますが、色々なデザインサービスを提供しています。ロゴなどは英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、トルコ語、フランス語、中国語、ロシア語、デンマーク語でデザインでき、サイトもこれらの言語で表示できます。

英語など、以上の言語のロゴを作成したい場合はこのサービスは役立つでしょう。日本のデザインスタジオに依頼するより安くロゴを作成できます。

ただ、提供されているソフトウェアでニーズに合うようなロゴを作成できるかは別の問題です。Wix Logo MakerTailor Brandsなど、他のオンラインロゴメーカーを使った方が良いのでしょうか? では、見ていきましょう。

機能

3.5
designmantic-features1

機能的ですが、あまりパッとしません

DesignManticは悪くはありませんが、他社と比べるとそれほどワクワクするようなサービスではありません。もちろん、ワクワクするようなロゴメーカーじゃないとダメというわけではありませんが、最低でも適切なロゴを作成できる必要があります。この点に関してDesignManticはもう少し努力が必要だと思います。いくつか良い機能もありますが、ロゴを作りたくて仕方がないというほどではありません。

DesignEvoBrandCrowdのようにDesignManticのロゴメーカーはライブラリベースのロゴメーカーであって人工知能(AI)技術を活用したものではありません。会社名を入力し、ドロップダウンメニューから業種を選び、ロゴを選び始めることができます。キーワードで絞り込むことも可能です。

他のライブラリベースのロゴメーカーと同じように、表示されるロゴの数はどんなキーワードを検索するかによります。「インターネット」と「ブログ」を検索した場合、インターネットの方がヒット数が多いのはこの種のロゴメーカーでは当たり前です。

アイコンは色々な種類があります。1ページにつき16個のロゴが表示され、402ページあったので単純計算したところ、6432個のロゴアイコンがあるようです。同じロゴが繰り返し表示されるということはないようですが、全ページを確認したわけではないので確実なことは言えません。良いものもありますがあまりパッとしないものもあります。まあまあな質のロゴがほとんどです。しかし時代遅れな印象のものが多く、クリップアートのような感じです。

幸運なことに、編集できる部分が多く、アイコンの要素ごとに色を選んだりできます。色遣いに注意すれば、まあまあなアイコンでもかなり改善できます。好きな色を自由に選べるのはとても良いと思いますが、グラデーションは使用できません。

書式のオプションはあまり充実していませんが、十分だと思います。特に気に入ったことは好きなだけテキスト「オブジェクト」を追加できることと、長さに制限がないことです。もちろん、実用的なロゴを作成したいなら長すぎるのはよくありませんが、柔軟性があるのは良いと思います。

要素はすべてドラッグアンドドロップでレイアウトを編集できますし、オブジェクトの大きさ、配置、回転をピクセル単位で微調整することもできます。また、いつでもメインのロゴアイコンを置き換えられます。

ロゴが完成して購入できたら、JPG、PNG、PDF形式でダウンロードできます。一般的にPDF形式は印刷向けだと説明していますが、DesignManticからAdobe Illustrator、Affinity Designer、Inkscape(無料ツール)などのアプリにPDFファイルをインポートした場合、自由にロゴを編集して無限にスケーラブルな形式(SVGやEPSなど)でエクスポートできます。

ロゴは自由にカスタマイズ可能

ロゴには形、シールド、マークなどの簡単なアイコンを追加してカスタマイズすることができるほか、一からロゴを作成することもできます。DesignEvoほどたくさんの形やアイコンがあるわけではありませんが、DesignManticはオリジナルのロゴを作成するにはどのようなツールが必要なのかということをしっかり考えてツールを設計したようです。

designmantic-features2

色々なグラフィックスを作成するためのツール

DesignManticにはロゴの作成以外にも機能があります。名刺デザイナー、レターヘッドデザイナー、Tシャツデザイナー、チラシデザイナー、結婚式の招待状デザイナーなどなど、たくさんのデザイナーツールアプリがあるのです。

ウェブサイトビルダーも

簡単なグラフィックスのほかに、テンプレートベースのサイトビルダーもあるようです。もちろんこのツールはロゴメーカーやその他すべてのサービスにインテグレーションされています。他のサイトと同じように、DesignManticはブランドを形成する際にすべての面をカバーできるサービスを目指しているようです。

印刷サービスやカスタムデザインサービスも

オリジナルのロゴをデザインしたくない場合、他の人に依頼して名刺、洋服、結婚式の招待状、販促物を印刷してもらえます。さらに、デザイナーを雇ってカスタムロゴ、文房具、リーフレット、ウェブサイトなどをカスタムデザインしてもらえます。

私がDesignManticを利用した感想

はっきり言って、このサービスに関して知っておきたいことは20分ほどですべて分かりました。会社名を入力し、アイコンを参照し、気に入ったものを選び、数分間編集するだけです。複雑ではありません。

designmantic-features3

ロゴの出来は?

ソフトウェアは使いやすく、すぐに使い方を理解できました。ロゴメーカー自体に関しては満足です。ただ、ロゴテンプレートの多くはあまりデザインが良くないため、気に入るようなデザインは少なく、選択肢が少ないと感じるかもしれません。もちろん、どのようなロゴを作成したいかによりますが。

シンプルなツールでまあまあ良いですが、私は他にもたくさんのロゴデザインサービスを使ったことがあるため、満足できませんでした。

利用の難易度

4.0
designmantic-ease-of-use1

使いやすさが最大の魅力

DesignManticのロゴメーカーはデメリットはあるものの、比較的直感的に利用できるのは良いと思います。また、グラフィックエディタを初めて利用する人の場合、試しにボタンをクリックしてみないと機能を理解できないかもしれませんが、元に戻すボタンがあるので気軽に試せます。ツールの使い方を理解しようとしている人にとっては複雑な機能がないのは良いことです。

インターフェイスで唯一理解しづらくてヒントが書かれていないのは、この小さなボタンです。より正確に大きさや配置を編集するためのオプションを開くボタンです。選択したキャンバスにオブジェクトがある場合しか表示されませんから、表示されていない場合は適用にクリックしてみてください。

designmantic-features2

このツールが気に入らなくても大丈夫です。他のロゴメーカーでもそうですが、DesignManticは無料でロゴを作成できます。お金がかかるのはダウンロードしたい場合だけです。他のロゴエディタで満足できない場合、DesignManticを試してみて損ないでしょう。

購入前にロゴを保存

他のレビューでも指摘していますが、これは非常に重要な機能です。DesignManticでは購入する前にロゴを保存しておけます。

アイコンライブラリの検索は簡単

高度な絞り込み機能はありません。スペルを間違えないでキーワードを入力するだけです。Googleのようにスペルミスを正してくれる機能はないので注意しましょう。ほとんどのケースで関連のあるロゴが表示されるはずです。

他サービスとのインテグレーションが可能

多様な機能を1つのサービスにまとめている方が良いという利用者にはDesignManticがオススメです。パソコンなどから画像をアップロードしなくてもロゴデザインを名刺やリーフレットに挿入できるのは間違いなく便利だと思います。

サポート

3.0
designmantic-support1

アップセルされる

DesignManticのサポートはまあまあ満足できです。便利で比較的素早く対応してくれますが、営業時間しか対応してくれません。

自分で答えを調べたい場合、知識ベースはありませんがFAQはある程度詳しく書かれているので役立ちます。スタッフに対応してもらいたい場合、ライブチャット、電話サポート、チケットシステムで問い合わせることができます。ただ、質問に関して詳しく答えてくれると期待しない方が良いと思います。

ライブチャット

ライブチャットはホームページから直接アクセスできます。

designmantic-support2

質問のスクリーンショットを撮るのを忘れたのですが、営業時間外に質問してみました。サポートチームはメールで対応してくれます。ネット上で納品書を確認することはできるか質問しました。メールでしか見られないそうです。

designmantic-support3

電話サポート

電話サポートでカスタムデザインサービスについて質問しました。ロゴメーカーアプリを使って作成したロゴを編集するためにデザイナーを雇うことはできるか知りたかったのです。

スタッフの方は素早く対応してくれました。できるそうです。

質問に答えるだけでなく、押しつけがましくアップセルしようとしたのは残念でした。次のステップを説明するのではなく、デザイナーに依頼するサービスを売り込もうとしたのです。依頼サービスがあるのか教えてくれるだけでよかったので、押しつけがましいのは不快でした。

「はい」か「いいえ」で答えてくれればよかったのです。そのほうが親切だと思います。「いりません」と何度も言ったのですが、聞いてくれなかったのは本当に残念でした。

また、この時点でアプリで作成したロゴの著作権を取得するにはDesignManticのデザイナーに編集してもらう必要があるということが分かりました。これに関しても、サービスを売りつける以外、編集を依頼する方法について説明してくれませんでした。

チケット

チケットシステムは標準的でした。チケットを送信してメールで返事を待つだけです。チケットとメールシステムはつながっているからです。著作権に関する方針について詳しく聞いてみることにしました。FAQには著作権を取得できないとしか書かれていませんでしたし、チケットの返事が届く前に電話を掛けたからです。返事を読んでも答えは分かりませんでした。

designmantic-support4

価格設定

4.5

他のロゴメーカーと比べてやや低価格で、価格も納得できます。ベーシックパッケージではJPG、PNG、PDF形式でロゴを取得できます。スタンダードパッケージには名刺デザインも含まれています。プロパッケージにはレターヘッド、封筒、Facebookのカバー画像デザインも含まれます。

パッケージを選んだら、支払いはPayPal、Visa、MasterCard、ディスカバー、アメリカンエキスプレスに対応しています。ロゴの無料版をダウンロードすることはできませんし、非営利目的のための安いプランもありません。

購入後にロゴを編集する場合、新しいデザインとして購入し直す必要がありますのでご注意ください。購入をクリックする前に、本当に満足できるロゴなのか吟味しましょう。

一応返金してもらえますが、技術的なトラブルがあった場合だけです。例えばソフトウェアの故障やロゴをダウンロードするたびにテキストが破損している場合などには返金してもらえます。しかし返金する前にDesignManticはロゴを直そうとします。つまり、アプリや専属デザイナーが手作業でロゴを直すことでトラブルを解決しようとするということです。無条件で返金してもらえるわけではありません。

使用権

FAQページには著作権は利用者のものにはならず、商標登録することはできないそうです。著作権に関しては特に、「サンプルギャラリーの掲載されているデザインはすべて独占デザインであり、DesignManticが所有するものとします。

しかし他のサービスに関しては、大幅に編集した場合はデザインの著作権はあなたのものになることが一般的です(「大幅に」の定義はあいまいですが)。私は弁護士ではありませんから詳しいことは分かりません。

ご覧の通り、これに関して説明して欲しいと問い合わせたところ、ロゴをカスタマイズするためにお金を払った場合は著作権を譲渡してもらえるそうです。たぶんそういう意味だったのだと思います。それでもはっきりしませんが。

Basic (Logo Only)

$37
/ one-time fee
  • 高画質ファイル
始める

Standard (Logo + Business Card Design)

$57
/ one-time fee
  • ブランディングサービス
  • 高画質ファイル
始める

Pro (Logo + Business Card Design + Other Branding)

$97
/ one-time fee
  • ブランディングサービス
  • ソーシャルメディアデザイン
  • 高画質ファイル
始める

に関するまとめ DesignMantic

DesignManticは、最高なサービスを開発することより、たくさんのサービスを提供することに力を入れているようです。このアプローチが悪いというわけではありませんが、DesignManticを利用するなら、世界最高のロゴメーカーではないということを理解しておくべきです。まあまあ良いツールがたくさん用意されていると考えた方が良いでしょう。

あなたがそれに満足するかは別の問題です。

ロゴが専門のツールが欲しいという方はWix Logo MakerLookaをご検討ください。

エゼキエル・ブルーニ
エゼキエル・ブルーニ
エゼキエル・ブルーニはカナダ出身のメキシコ人です。オタクだそうです。彼は若いころからウェブデザインに携わっており、この仕事を始めた時にこんなアドバイスをされてたらよかったなという初心者向けアドバイスを発信するのが好きです。彼のお気に入りはテレビゲーム、タコス、オープンソースのソフトウェア、ネットゲーム、SF、ファンタシーで、ゲームが大好きだというのは言いましたっけ? 彼は自己紹介が好きではありません。
1112115