当サイトには、提携サイトへのリンクが含まれています。当サイトのリンクをクリックして提携サイトで製品を購入した場合、当社はアフィリエイト報酬を受け取ります。詳しくはこちら。アフィリエイトプログラムへの参加が当サイトのレビューに影響を与えることはありません。
  1. WebsitePlanet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 2021年おすすめのWordPress向けレンタルサーバー 5選【高速・安定】

2021年おすすめのWordPress向けレンタルサーバー 5選【高速・安定】

Diana MelnicDiana Melnic

ウェブホスティングサービスの多くはWordPressに最適化していると宣伝していますが、実際には必ずしもそうではありません。実は、普通のレンタルサーバーにいくつか機能を追加しただけでWordPress向けだと宣伝して値上げしていることも多いのです。

WordPress向けレンタルサーバーはそれ以上のものであるべきです。高性能にするために、根本からインフラを構築しているべきですし、サイトを安全に保つために無料のセキュリティ対策もしっかりしている必要があります。さらに、自動アップデートを含めWordPressに完全対応していることも重要です。

WordPressに最適だと宣伝しているレンタルサーバーサービスがたくさんあるなか、あなたにピッタリのサービスを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか?また、本当にお得なのか知りたいですよね。今回、そのような疑問にお答えするために詳しく調査しました!何十種類ものレンタルサーバーを調べ、価格、パフォーマンス、機能、セキュリティなどの面でじっくり比較しました。

あらゆる予算やニーズにピッタリのレンタルサーバーを大公開します。ご紹介するサービスの多くはWordPress向けのマネージドサーバーを提供しています。高性能を実証できたものを厳選しました!

お急ぎですか? 5月 2021年におすすめのWordPress向けレンタルサーバーはこちらです!

おすすめのWordPress向けレンタルサーバープロバイダの選考条件

WordPressに最適なレンタルサーバーを見つけるべく、似たようなWordPressサイトを作成して何十種類ものレンタルサーバーを使ってネットで公開しました。調査の注目ポイントは以下の通りです。

  • WordPressのマネージド機能。自動アップデート・バックアップ、ビルトインキャッシング、専門テクニカルサポート、高度なセキュリティなど、WordPress向けのツールを提供しているレンタルサーバーを探しました。フルマネージドプランがあるホスティングサービスもあり、メンテナンスをすべてお任せできます。自分でメンテナンスしたい方のために、このランキングではマネージドではないレンタルサーバーもいくつかご紹介します。
  • 通信速度。WordPressはサイトのロード速度に影響することが知られています。とても素早くページをロードできるようなレンタルサーバーでなければWordPress向けとは言えません。このランキングでは高速でロードできるものを厳選しました。
  • セキュリティ。WordPressのデメリットの1つはセキュリティに脆弱性があることです。そのため、率先してセキュリティ対策に取り組んでいるホスティングが必要です。WordPressの安全性を確保するためのセキュリティ機能があるレンタルサーバーを優先しています。
  • 価格。WordPress向けのマネージドレンタルサーバーはコストがかかってしまう場合が多いですが、じっくり探せばあらゆる予算に合ったソリューションが見つかるものです。このランキングでは、機能と価格をバランスよく提供しているレンタルサーバーサービスだけをご紹介します。コストパフォーマンスが高いおすすめのレンタルサーバーをご覧ください!

1. Kinsta―最速のWordPress向けマネージドレンタルサーバー

Kinstaは長年にわたってパフォーマンスが飛びぬけて良いホスティングプロバイダで、包括的なWordPress向けレンタルサーバーを提供しています数か月にわたって速度と稼働率を調査した結果、KinstaはWordPress向けのホスティングをお探しの方に自信を持ってお勧めしたいサービスです。

サイトごとに多数のデータセンターから選ぶことができます。東京と大阪の他にもアメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、オランダ、インド、オーストラリアなど本当にたくさんのデータセンターがあります。

残念ながら、日本語のテクニカルサポートはありませんが、英語に自信がある方は問題ないでしょう。また、セールスサポートは日本語で対応しています。

2021年おすすめのWordPress向けレンタルサーバー 5選【高速・安定】
Kinstaのレンタルサーバーは本当に高速なので驚いてしまいました。

エントリーレベルのスタータープランではWordPressサイトを1つホスティングでき、SSDストレージは10GBあります。マネージドWordPress機能も豊富です。また、毎日自動バックアップ、月間訪問数は25,000件となっています。

Kinstaの最大のデメリットは、このランキングで一番安いレンタルサーバーと比べると一番高価格のプランは5倍も料金が掛かってしまうことです。しかし、予算があればこのホスティングサービスはお金を払う価値があります。非常に高速で安定していますし、とても使いやすいレンタルサーバーです。

WordPress向けレンタルサーバーの特徴:

  • キャッシングプラグイン。サーバーレベルのキャッシングの他に、Kinstaは独自のWordPressキャッシングプラグインがインストール済みです。このプラグインは自動的にウェブページをキャッシングするもので、バックグラウンドで動作するのでユーザー側で操作する必要はありません。さらに、テクニカルチームがサイトのパフォーマンスを監視しており、他に最適化できる部分があると知らせてくれます。
  • WordPressに最適化されたサーバーを展開。KinstaのレンタルサーバーはGoogle Cloud Platform(GCP)を利用して、速度と安定性でレンタルサーバーを最適化しています。NGINXなど、その他の最適化機能でさらにサイトがスピードアップします。
  • MyKinstaコントロールパネル。複数のWordPressサイトを簡単に管理できるMyKinstaコントロールパネルでは、新しいサイトの作成、プラグインのアップデート、ステージング環境の作成などの操作ができるので、サイトの利用体験に影響を与えずに編集できます。MyKinstaは日本語でも利用できます。
  • ハッキング修復保証。WordPressはマルウェアに対して脆弱だということで有名ですが、Kinstaはハッキング対策があるのでサイトのセキュリティをさらに向上できます。Kinstaはサーバーレベルで追加のセキュリティ対策を行っており、マルウェアに感染した場合にサイトをクリーンアップしてくれます。
WordPressのマネージド機能。○(フルマネージド)
キャッシュプラグイン独自のキャッシングプラグイン(マネージド)
ストレージ容量10GB~250GB
帯域月間訪問数:25,000~300万件
稼働率保証99.9%
価格$30.00

2. Liquid Web―全プランでプレミアムWordPressプラグインを提供

Liquid WebはWordPress向けのマネージドプランが一番多いのが特徴です。リソースがとても充実しているだけでなく、iThemes SyncおよびiThemes Security Proという2つのプレミアムWordPressプラグインを全プランで無料で利用できます。さらに、自動アップデート・バックアップ、専門サポートなどもあります。残念ながら、カスタマーサポートは英語とスペイン語だけです(スペイン語は一部の時間帯のみ)。

さらに、Liquid Webはサイトを常にネットに公開すると約束しています。WordPressのマネージドプランはクラウドサーバーを使用しており、稼働率100%保証があるのは感心してしまいます。停止時間があった場合は1000%払い戻してくれるほどです。ウェブホスティング業界は前代未聞でしょう。

Liquid Web - managed WordPress features
Liquid WebはWordPressとプラグインを自動でアップデートしてくれます。

Liquid Webは高価格だということで知られていますが、エントリーレベルのSparkプランは他のプロバイダより安く、コストパフォーマンスも抜群です。サイトを1つホスティングでき、SSD容量は15GB、帯域は2TB、WordPress向けの無料サイトビルダー、メール数は無制限など、とても充実しています。機能の詳細は完全レビューをご覧ください。

WordPressはチェックアウトの時点で自動的にインストールされ、サイトやリソースの管理に役立つツールが盛りだくさんです。Liquid Web独自のWordPressダッシュボードがとてもすっきりしていて、オプションが素早く見つかります。また、コントロールパネルは日本語で表示できるのでスムーズに利用できるでしょう。

また、クレジットカード不要の14日間無料トライアルがあるので、プランに加入する前にLiquid Webの性能を実感できます。

WordPress向けレンタルサーバーの特徴:

  • プラグインの自動アップデート。WordPressのマネージドレンタルサーバーの多くは自動でコアをアップデートしていますが、Liquid Webはプラグインも任せられます。さらに、サイトのコピーを作ってからアップデートするので、変更が安全だとテクニカルチームが確認してから公開されるのも安心です。
  • 画像の最適化プラグイン。このツールを使えばサイトの画像の名前や大きさを素早く変更できます。最適化することでWordPressサイトのロード時間を大幅に短縮でき、結果的にSEOが良くなりますし、利用者も快適に利用できます。
  • マネージドWooCommerceプラン。WordPressやWooCommerceでネットショップを作成したい場合、このプランがおすすめです。自動バックアップ・アップデート、WooCommerceのサポート、画像の圧縮、サーバーの最適化、Astra Proテーマなど、必須のプラグインがすべて込みのお得なプランです。
  • iThemes Security Pro。これはWordPressのセキュリティプラグインの中でもトップクラスです。全プランで無料で利用できます。マルウェアスキャナ、強力なパスワード生成ツール、ファイルの変更検知、セキュリティグレードのレポート、データベースのバックアップなどがあり、セキュリティダッシュボードに分かりやすくまとまっています。
WordPressのマネージド機能。○(フルマネージド)
キャッシュプラグインCache Enablerプラグイン
ストレージ容量15GB~800GB
帯域2TB~10TB

(上限あり)

稼働率保証100%
価格$19.00

3. InterServer―手頃な価格のWordPress向けVPS

InterServerはこのランキングで一番手頃なWordPress向けホスティングサービスですが、機能も妥協していません。共用レンタルサーバーもあり、それと比べるとWordPress向けVPS(Virtual Private Server・仮想プライベートサーバー)はやや高価格です。クラウドサーバーを採用しており、WordPress向けに完全に最適化されているInterServerのVPSプランはサイトにニーズに合わせてカスタマイズできます。

InterServer WordPress VPS
InterServerのWordPress向けVPSプランはスピード優先です。

InterServerのスタンダードプランを選ぶと、SoftaculousでWordPressをインストールできます。同僚がInterServerの性能を詳しく調査したところ、優秀な結果が確認されました。スタンダード共用レンタルサーバープランではストレージと帯域が無制限ですが、それでもWordPress向けVPSの方がおすすめです。InterServerのカスタマーサポートは英語でしか対応しておらず、残念ながら日本語で問い合わせることはできません。cPanelは日本語で表示できます。

WordPress向けレンタルサーバーの特徴:

  • WordPressに最適化。InterServerはNGINXとFastCGIなどの最新技術を採用しているので、WordPressサイトを高速で表示できます。
  • キャッシングプラグイン。WP Fastest Cacheプラグインがインストール済みなので素早く使い始められます。ダッシュボードから簡単に有効化でき、GZIP圧縮やブラウザキャッシュなどを任せられます。
  • 自動バックアップ・アップデート。InterServerはWordPressのインストールをアップデートしてくれます。また、毎日サイトのバックアップを作成するので安心です。必要な時は素早くサイトを過去のバージョンに戻せます。
  • InterShieldセキュリティ。無料でInterShieldセキュリティ機能を利用できるので、WordPressの脆弱性を心配する必要はありません。マルウェアスキャナ、DDoS対策、機械学習ファイアウォールなどを利用できます。サイトがハッキングされた場合にテクニカルチームがクリーンアップするという保証もあります。
WordPressのマネージド機能。自動バックアップ・アップデート
キャッシュプラグインWordPress VPSはキャッシングプラグイン付き
ストレージ容量30GB~無制限
帯域2TB~無制限
稼働率保証99.9%
価格$2.50

GreenGeeksは良質で手頃なWordPress向けレンタルサーバーです。初心者にピッタリでしょう。カスタマーサポートが飛びぬけて素晴らしいことが気に入っています。24時間年中無休のライブチャット、サポートチケット、電話で問い合わせられ、テクニカルサポートスタッフは親切で知識が豊富ですし、WordPressサイトをセットアップするのを最初から最後までサポートしてくれます

例えば、サイトを最適化する方法を質問したところ、スタッフの方が作業を行ってくれました。適切なプラグインをインストール・構成してくれ、変更内容を詳しく説明してくれました。

ただし、GreenGeeksのサポートは英語だけなので、日本語で質問したい場合は残念ながら役立たないかもしれません。

GreenGeeks - managed WordPress features
GreenGeeksにはWordPressサイトを素早く制作するのに必要なツールがすべてそろっています。

このランキングの他のサービスと比べるとエントリーレベルのライトプランはとても手頃な価格で、サイトを1つホスティングでき、ストレージ容量、帯域、メール数が無制限です。

WordPress向けのレンタルサーバーのページが別にありますが、メイン画面の共用ホスティングプランと全く同じです。GreenGeeksはWordPress専用のレンタルサーバープランはありませんが、共用レンタルサーバープランではLiteSpeedなどの機能を利用できるのでWordPressにおすすめです。GreenGeeksを実際に試したところ、パフォーマンスは少し不安定でしたが、全体的に高速でした

GreenGeeksからホスティングサービスを購入すると無料ドメインが付いてきます。

サイトを制作する時、GreenGeeksはセキュリティ対策などバックエンドの作業を行ってくれます。毎日バックアップが作成されるので、悪質な攻撃でサイトを失ってしまうことはありません。

また、アカウントは他の利用者から隔離されているのも注目ポイントです。サイトは共用環境でホスティングされていますが、GreenGeeksのコンテナベースのインフラにより、他の利用者にリソースを取られたりアカウントの安全性が脅かされたりすることはありません。

WordPress向けレンタルサーバーの特徴:

  • 最適化されたサーバー。GreenGeeksはWordPressサイトに最適な技術だと言われているLiteSpeedウェブサーバーを展開しています。エントリーレベルのプランでもサーバーリソースは十分ありますが、もっとパワーが必要な場合はダッシュボードからCPUやRAMを追加できます。ダッシュボードは日本語では利用できません。
  • LiteSpeed Cachingプラグイン。このツールは本当に使いやすく、WordPressサイトのページロード時間を大幅に短縮できます。ダッシュボードからワンクリックで有効にすることができます。
  • CDNをインテグレーション。WordPressサイトのパフォーマンスはデータセンターと利用者の位置に左右されます。Cloudflareはコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の1つで、サイトのキャッシュバージョンをたくさんのサーバーに保存することで世界中でより素早くサイトを表示できるものです。
  • 自動アップデート。デフォルトでセットアップされているわけではありませんが、ワンクリックインストーラでスケジューリングできます。
WordPressのマネージド機能。自動アップデート
キャッシュプラグインLiteSpeedキャッシュマネージャー
ストレージ容量無制限
帯域無制限
稼働率保証99.9%
価格$2.49

5. WP Engine―WordPressデベロッパー向けの無料特典が豊富

Kinstaと同じで、WP EngineもフルマネージドのWordPressサービスです。高速ではありませんが、ダッシュボードはとても使いやすいので初心者でも簡単にナビゲーションできます。Genesis Frameworkや多数のプレミアムテーマがあるなど、追加特典も豊富です。ただし、WP Engineは英語にしか対応していないので、残念ながら日本語で表示できません。

WP Engine's WordPress features
WP EngineはWordPress向けのツールが豊富ですが、安くはありません。

エントリーレベルのStartupプランでは1つのサイトをホスティングでき、SSDストレージ容量は10GB、帯域は50GBです。また、WP Engineの機能をすべて利用できます。追加料金なしで必要な機能をすべて利用できます。

WP Engineは通信量が多いサイトにもおすすめです。Google Cloud PlatformとAmazonウェブサービスのサーバーを利用しているため、ロード速度や稼働率がとても良いのです。WP Engine独自のEverCacheはサイトのパフォーマンスを一歩先へ改善できるように設計されています。

フルマネージドサービスなので、WP Engineはほとんどのメンテナンス作業を行ってくれます。例えば、ウェブサイトのセキュリティ、WordPressコアやプラグインのアップデートなどはすべてお任せできます。実際、WP Engineの魅力の1つは毎日マルウェアスキャンするなど、最高レベルのセキュリティ対策があることなのです。

特徴:

  • Genesis FrameworkこのプレミアムWordPressツールには、36種類のStudioPressテーマが含まれているほか、パワフルなドラッグアンドドロップUI、SEO機能、ウェブサイトセキュリティなどたくさんの魅力があります。無料ツールは20万円相当です!
  • ワンクリックでステージング。サイトに新しい機能を追加したい場合、公開しているサイトに直接導入するのはリスクがあります。WP Engineならワンクリックでステージングできるので、サイトのクローンを作って新しい機能を安全に導入できます。問題がないことを確認してから公開できるので安心です。
  • コラボレーションツール。WordPressサイトをデザインして最適化するために、他のユーザーを簡単に追加できます。また、Gitにインテグレーションしていますし、専用のデベロッパー環境もあるので、効果的な開発ワークフローを展開できます。
  • 所有権の移転。WordPressで作業することが多いデベロッパーにとって、この機能は時間短縮にとても役立つはずです。サイトを公開したら所有権と支払いを簡単に移転できます。変更やアップデートが必要な場合に備えて、コラボレーターとして参加することもできます。
詳しくはWP Engineの完全レビューをご覧ください。
WordPressのマネージド機能。○(フルマネージド)
キャッシュプラグイン独自のEverCacheプラグイン
ストレージ容量10GB~1TB
帯域50GB~400GB
稼働率保証99.95%
価格$22.00

あなたにおすすめのWordPressレンタルサーバーは?

WordPressサイトに最適なレンタルサーバーを見つけるのは大変です。予算と機能の両方を考慮しなければなりませんよね。このランキングでご紹介したホスティングプロバイダはすべて高性能ですし、あらゆる予算に合ったプランを用意しています。さらに、高価格のプランでなくてもWordPressの機能を利用できる場合がほとんどです。

どれが良いか迷っている方のために、オススメサービスをまとめました。

速度と安定性を最優先したい方はKinstaがピッタリです。サーバーはWordPressのために最適化されているので、エントリーレベルのプランでもとても優秀なパフォーマンスを期待できます。MyKinstaダッシュボードも利用でき、複数のWordPressサイトをとても簡単に管理できます。

WordPressツールが充実したサービスをお探しの方にはLiquid Webがおすすめです。全プランでコアとプラグインの自動アップデートができます。さらに、iThemes SyncおよびiThemes Security Proという2つの有料WordPressプラグインを利用でき、サイトの保護や管理が簡単です。

デベロッパーやエージェンシーならWP Engineが最適でしょう。安くはありませんが、Genesis FrameworkやプレミアムWordPressテーマなどが含まれているのでお金を払う価値があります。

InterServerとGreenGeeksはどちらも低コストサービスとしておすすめで、通信量が小~中程度のサイトにピッタリです。InterServerはWordPressのために設定済みの低価格のVPSを利用でき、GreenGeeksは初心者に嬉しいWordPressサポートが魅力です

注目ポイントこのような場面に最適開始価格
Kinsta調査で速度が第1位のWordPress向けのマネージドプラットフォーム通信量が多いサイトを素早くロードしたい場合$30.00
Liquid Web稼働率保証がベストで帯域が実質使い放題サイトを常に公開したい場合$19.00
InterServer非常に低価格のWordPress向けマネージドレンタルサーバーで、ドメインとリソースが無制限通信量が小~中程度のサイト$6.00
GreenGeeksカスタマーサポートが抜群で低コストのホスティングWordPressの初心者$2.49
WP Engineデベロッパーツールが使いやすく、WordPressにピッタリのフレームワークウェブデベロッパー・エージェンシー$22.00

よくある質問

WordPress向けのおすすめレンタルサーバーは?
予算があれば、WordPress向けのレンタルサーバーランキングで第1位なのはKinstaです。この結果は当サイト独自の調査結果を基にしています。Kinstaはスピードのベンチマークで常に上位にランクインしている優秀なサービスなのです。さらに、リソースが多く、ダッシュボードがすっきりしていて、追加機能はエントリーレベルのプランでも利用できます。おすすめのレンタルサーバー大比較でKinstaのパフォーマンスを他の大手サービスと比較しましたのでご覧ください。

予算が厳しい場合、InterServerのWordPress向けVPSプランは手頃な価格で利用できます。Kinstaのようなマネージドサービスではありませんが、自動アップデートを活用できます。

WordPress向けのレンタルサーバーを選ぶ時に注目すべきポイントは?
当サイトでWordPress用のレンタルサーバーを調査、評価する時には最適化されたサーバーなどの特長、キャッシングプラグインなどスピードアップに役立つ機能などに注目しています。また、セキュリティ機能を無料で提供しているホスティングサービスも良いでしょう。

ほとんどすべてのホスティングサービスはワンクリックインストーラを提供していますが、自動アップデート・バックアップなど、WordPressのマネージドサービスで必須の特徴も重要です。フルマネージドホスティングサービスならすべてお任せできます。おすすめはLiquid Webです

WordPress向けのマネージドレンタルサーバーは高価格ですか?
共用レンタルサーバーよりはコストがかかりますが、ステージング環境、マネージドセキュリティ機能、24時間年中無休のテクニカルサポートなどの特長があるのでお金を払う価値があります。WP EngineやKinstaと比べるとLiquid Webは比較的低コストですこちらのクーポンページでWordPress向けのレンタルサーバー割引の最新情報をご紹介しています

マネージドホスティングが良いけど予算が足りない場合、InterServerなどのホスティングプロバイダをご検討ください。SoftaculousやInstallatronなどのワンクリックインストーラで自動アップデートできるなど、WordPressのマネージドホスティングと同じような機能を利用できます。

他のサービスが気になる方はおすすめのWordPress向けマネージドレンタルサーバーをご覧ください。

WordPress専用のレンタルサーバーでなければいけませんか?
場合によります。最低でも、WordPressに最適化されているレンタルサーバーか、LiteSpeedなどの高速OSを実行しているものが必要です。ほとんどのレンタルサーバーはWordPressのワンクリックインストーラがあり、自分でアップデートやバックアップできます。例えばGreenGeeksのホスティングプランでは、Softaculousインストーラで自動アップデートをコントロールできます

一方、フルマネージドのWordPress向けレンタルサーバーにもメリットはたくさんあります。サーバーは完全に最適化されていて自動でアップデートでき、毎日バックアップ、高度なセキュリティ対策、サイトをスピードアップするためのツールなどの追加特典が多いのです。必須ではありませんが、簡単にサイトを管理するために役立ちます。

アクセス量が多いサイトやとても重要なサイトにはWordPress専用のホスティングが必要でしょう。プレミアムWordPressホスティングサービスはWordPress専用なので、パフォーマンスが改善されます。WP Engineなど一部のサービスはWordPress向けの無料特典も提供しています。

この記事を評価
4.541 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。Maximal length of comment is equal 80000 charsコメントは最低10文字です

コメントがありますか?

レビューに返信
%s件の返信を見る
View %s reply

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

274256
100
5000
86240