当サイトには、提携サイトへのリンクが含まれています。当サイトのリンクをクリックして提携サイトで製品を購入した場合、当社はアフィリエイト報酬を受け取ります。詳しくはこちら。アフィリエイトプログラムへの参加が当サイトのレビューに影響を与えることはありません。
  1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. おすすめのWindows VPSレンタルサーバー 7選【2022年】 

おすすめのWindows VPSレンタルサーバー 7選【2022年】 

ベン・サリド ベン・サリドウェブホスティングの専門家 2022年7月2日
2022年7月2日

Windows VPSを使い始めることにしたのですね!このパワフルなホスティングソリューションを使うと簡単に遠隔アクセスが可能になったり、見慣れたWindowsインターフェイスを利用でき、充実したリソースやたくさんのケイパビリティがあるのが特長です。

では、デメリットは何でしょうか? まず、ホスティング会社の中には新しいサーバーOSであるWindowsサーバー2019を提供しているものもあれば、古いバージョンにしか対応していない会社もあるということです。2003年バージョンなど、とても古いものにしか対応していない会社もあるほどです。

さらに、マネージドホスティングの定義は会社によって異なります。そのためライセンスの内容も会社によって違います。Windowsホスティングではコントロールパネルからデータベースまで、すべてのライセンスが必要となります。

不要な心配は避けたいですよね。この記事を読めば最高のWindows VPS会社とサービスの内容が分かるので、あなたにピッタリのものを選べるはずです。

お急ぎですか?2022年7月年におすすめのWindows対応のVPSはこちら!

  1. Kamatera – 3大陸にデータセンターがあり、サーバーは100%モジュール型。最新のWindows Serverバージョンに対応しています。クラウドホスティングの力を最大限活用したい方におすすめ。
  2. Hostinger  – 大人気ホスティングサービスで、Windows VPSは4つの構成から選べます。
  3. InterServer – アメリカの企業。パワフルなVPS構成が複数あり、アメリカの顧客や訪問者にピッタリでしょう。

他にも4社をご紹介比較表よくある質問

最高のWindows VPS会社をご紹介するにあたって注目したポイント

私が行った試験では2008年のVPSで2016年版向けのアプリを動作させてみました。結果は悲劇的でした。また、管理されていないホスティングを試してみた時にも同じような結果となってしまいました。

市場で出回っている他の共有ホスティングプランよりもWindows VPSホスティングの方が期待しています。この記事でご紹介しているホスティング会社は以下のようなポイントが優れています:

  • パフォーマンス:他のホスティングと同じように超高速通信と妥協しない稼働率は必須でしょう。サイトはいつでも素早くロードされたいですよね。
  • Windowsライセンス:Windows VPSは特定のMicrosoftライセンスが必要となります。サーバーしか販売していないウェブホスティング会社もあり、その場合は自分でそれ以外の作業をしなければなりません。この記事でご紹介するプロバイダならそのような心配はありません。
  • スケーラビリティ:Windows VPSは高度なホスティングソリューションで、急速に成長しているサイトのニーズに応えることができますが、それよりアクセス者数が増えた場合はどうなるでしょうか? 必要に応じてスケールアップできるようなVPSでなくてはいけませんよね。
  • マネージドVPS仮想サーバーについてよく知らなくてもサイトをホスティングできるようなサービスが良いですね。そのためのマネージドサービスですから。この記事でご紹介する会社はホスティングのプロですからすべて管理を任せることができます。
  • 経済的なVPSホスティング:やはり価格は気になりますよね。サービスの内容が素晴らしくても価格が高くては意味がありません。こちらでご紹介したサービスはすべて手ごろな価格となっています。

以上のような要件に合ったサービスを厳選しました。では、トップ7をご覧ください。

Kamatera Windows VPS Host
Kamateraなら、簡単にサーバー構成をカスタマイズできます。

この記事でご紹介している他社のホスティングサービスと比べ、Kamateraは柔軟性の高いサービスでしょう。データセンターはアメリカ、カナダ、ドイツ、オランダ、イギリス、イスラエル、香港から選べます。

Kamateraは真のグローバルクラウドで、高度なインフラにより、ほんの数分でサーバーを立ち上げられます。利用可能なWindows Serverバージョンも最多で、2012バージョンから最新の2022バージョンまで利用できます。

唯一の欠点は、フルマネージドサービスは料金が比較的高いことでしょう。しかし、Kamateraの専門チームがサーバーの保守管理をすべて行ってくれますから、手間を省けます。30日間無料トライアルで良さを実感してみてください。

  • モジュール型仮想サーバ。1つのプランですべてのニーズに応えようとはしていません。CPUの仮想コア数、メモリ、SSD容量を必要な分だけ選べます。もちろん、いつでもスケールアップ・ダウンが可能です。
  • すべてのOSバージョンが利用可能。Kamateraは市場に出ているどんなバージョンでもインストールしてくれます。OSバージョンは制限されていませんし、どのバージョンを選んでもライセンス料金はすべて同じです。
  • 複数の管理レベル。アンマネージドプランだけを選んだり、管理パネル(Plesk for Windows)を追加したりするなど、Kamateraのカスタマーサポートにすべてお任せできます。
  • 稼働率99.95%を保証。各データセンターで冗長化が行われていて、Kamateraはほぼパーフェクトな稼働率を約束しています。

Kamateraについて詳しくは完全レビューをご覧ください。

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2012、2016、2019、2022
無料SSL ×
返金保証 ×(30日間無料トライアルあり)
最低価格 $4.00

2. Hostinger – 共有ホスティングから簡単にスケールアップ

hostinger_windows_vps
HostingerのWindows VPSプランは共用レンタルサーバよりかなり高価格ですが、その分の価値は間違いなくあります!

大手ホスティング会社であるHostingerは今でも最も革新的な会社です。共有ホスティングプランが非常に安価なのが人気の理由でしょう。

ではVPSはどうでしょうか? VPSはとても安いというわけではないものの、設定の内容が素晴らしいのが注目ポイントです。Hostingerは4種類のWindows VPSプランを提供しており、共有プランを利用しているユーザーがスムーズにアップグレードできるようになっています。

VPSはマネージドではありませんが、Hostingerの24時間年中無休のサポートを利用することができます。私はサポートスタッフが非常に親切なのが本当に感心しました。そのため、トラブルが発生しても安心です。

  • 1つのサーバーにつき、最新のIntel XeonプロセッサとRAM128GBの大容量となっています。最も基本的な設定でもディスク容量は50GB、帯域は5TBなので中規模のeコマースネットショップでも大満足のはずです。
  • 簡単にスケールアップ:もっとリソースが必要になったらプランをいつでも変更できます。
  • 専用IPIPを共有している別のサイトのせいでブラックリストに追加されてしまうというリスクを避けられます。DNSをセットアップしなくても直接アクセスできるようになるほか、SEOが改善される可能性もあります。
  • Windowsサーバー2012サーバーのWindows OSの最新版は2016版ですから最新ではありませんが、.NETやMSSQLベースのウェブアプリを稼働するのに適しています。

Hostingerについて詳しく知りたいですか? 詳しいレビューをご覧ください。

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2012 R2
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $1.99

interserver_windows_vps
Windows対応のVPS構成は16種類もあり、InterServerはあらゆるニーズに応えています。

アメリカの強豪、InterServerは色々なホスティングサービスを提供しており、最先端のデータセンターを3つ構えています。ニュージャージー州に2つ、ロサンゼルスに1つあるデータセンターによりアメリカのビジネスなら東海岸でも西海岸でも超高速パフォーマンスが保証されます。

この会社は見落としがちなWindowsホスティングに特別に力を入れており、16個のWindows VPS設定を提供しています。これにより、人気ブログからマルチサイトネットワークなど、ほぼ何でもホスティングできるようになります。

  • マネージドVPS – InterServerのスタッフが常在しているため、どんなOSに関する問題でも問題解決してもらえます。さらに、サポートチームがサーバーやファイアウォールをアップデートしてくれます。
  • 稼働率9%保証 – InterServerはサービス合意に稼働率99.9%保証を明白に掲げています。滅多にありませんが、万が一この保証が満たされなかった場合、月額料金を最大で50%返金してもらえます。
  • Windows 10、サーバー2016、サーバー2019から選択 – どんなWindowsプロジェクトを稼働している人でも、適切なOSバージョンを利用できます。
  • 24時間週7日体制のサポート – プロフェッショナルでサポートスタッフがいつでも親切に対応してくれます。

エキスパートによるレビューでInterServerについて詳しくご紹介していますのでご覧ください。

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2016、2019
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $6.00

liquidweb_windows_vps
Liquid WebのWindows VPSプランはとてもパワフルです。

Liquid Webは業界でも最も信頼されているプロフェッショナルな会社の一つです。利用者数は少なめですが、利用している人は非常に満足しています。Liquid Webは完全にマネージドのVPSサービスを提供しており、プランにはたくさんの素晴らしい魅力があります。

独自に設定した基準を見ると、この会社の高速VPSホスティングは業界最高のサービスという評価となりました。ページのロード時間やサーバーの応答の面で大手企業より優れたパフォーマンスなのです。

Windows VPSは2番目のプランからしか利用できまん。また、毎月支払いのホスティングを購入する必要があります。なぜこのようになっているのかはよく分かりませんし、やや高価格になってしまいますが、他とは比べ物にならないような素晴らしいサービスです。

  • CloudFlare CDN – 物的なサーバー地点が外国の利用者のロード時間に影響することはありません。CloudFlare CDNが無料で含まれており、日本からでも外国からでも素早くサイトが表示されます。
  • ServerSecureDDoS対策 – すべてのVPSプランにこのセキュリティ機能が含まれており、不正アクセスからデータを保護できます。さらに、この会社はDDoS攻撃対策も提供しています。
  • バックアップ – ローカルバックアップで安心。どんな故障でもサイトのコピーがあるので心配はありません。
  • Windowsサーバー2016および2019 – ニーズやサイトの従属性に応じて必要なOSバージョンを選ぶことができます。

Liquid Webがあなたに適したソリューションなのか詳しく知りたい方はエキスパートのレビューをご覧ください。

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2012、2016、2019
無料SSL ×
返金保証 ×(ただし、未使用分を返金してもらえます)
最低価格 $15.00

5. Hostwinds – ニーズにピッタリ合うように完全にカスタマイズ可能

hostwinds_windows_vps
HostwindsのアンマネージドWindows VPSプランの方が格安ですが、マネージドプランの方が手間を省けます。

Hostwindsは公平でしっかり情報公開している会社として有名で、ホスティングプランのすべての機能について詳しく説明しています。VPNプランも同じです。サーバー設定は自由自在に変更できますし、どのようなサービスが含まれているかも調節できます。

そのため、Hostwindsは業界で最も安価なVPSプランである可能性があります。Windows VPSも同じです。最初は価格を見て圧倒されました。あまりにも安かったので共有ホスティングの値段だと思ったのです。

そのため、Hostwindsは業界で最も安価なVPSプランである可能性があります。Windows VPSも同じです。最初は価格を見て圧倒されました。あまりにも安かったので共有ホスティングの値段だと思ったのです。

  • 最高レベルのカスタマイゼーション – 設定を選んで将来的に簡単にアップグレードできます(ダウングレードも可能です)。好きなOSバージョン、アプリケーション、パネル、その他の機能を自由に追加できます。また、自分でOSをインストールすることも可能です。
  • スナップショット – 毎晩バックアップされるため、スナップショットがキャプチャされた任意の時点にサイトを素早く復元することができます。
  • 無料でサイトを移転 – Hostwindsのプロにサイトの移転を任せることができます。すべて作業が完了したら新しいVPSセットアップを自由に楽しめます。
  • エンタープライズファイアウォール – 高度なファイアウォールでセキュリティ対策をすることでネットに潜む色々な攻撃からしっかり身を守ることができます。

Hostwindsについて詳しく知りたいですか? 詳しいレビューをご覧ください。

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2008、2012、2016
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $8.24

6. 1&1 IONOS – 無料の個別サポートが基本的なサーバー管理を手伝ってくれる

description-of-the-ionos-support-service
1&1 IONOSは専属サポートを提供している数少ないホスティングサービスの1つです。

1&1 IONOSはユニークな特長があるため、検討する価値があります。一番安いレンタルサーバはLinuxにしか対応していませんが、1&1 IONOSのほかのサーバはオプションとしてWindows OSをサポートしています。エントリーレベルのVPSから、メモリを最適化した高性能VPSまで、さまざまなプランが用意されています。

1&1 IONOSの最大の注目ポイントは、手厚いサポート体制です。利用者ごとに担当アドバイザーがつくので、質問がある場合はその人に連絡できます。担当アドバイザーにサーバーのニーズや目標を知ってもらうことができ、より効果的で役立つサポートを受けられます。

他社では高額の費用がかかる作業も、担当アドバイザーが手伝ってくれることもあります。サーバー監視やパフォーマンスの最適化、セキュリティ強化などを無料で行ってくれるのです。このように、IONOSはサポート体制が充実していますが、安くはありません。また、Windowsを選ぶと高額の月額料金が発生しますから、コストがかさんでしまいます。

  • 高度なサポートオプション。サーバー構成やサードパーティソフトのインストールなどを1&1 IONOSが手伝ってくれる場合もあります。しかし、このような作業は追加料金がかかり、必要なサポートについて説明して見積もりを取る必要があります。
  • 1&1 IONOSの無料モバイルアプリ。1&1 IONOSのアプリを使えば、ホスティングの管理、請求書の閲覧、サポートへの問い合わせなどができます。
  • サーバーを素早くセットアップ。1&1 IONOSは新しいサーバーを55秒以内に利用可能にすることを目標としています。
  • Root権限を付与。1&1 IONOSの全サーバーで完全なRoot権限が付与されます。Windowsリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使ってパソコンをサーバーに接続すれば、遠隔操作できるようになります。1&1 IONOSは、Windowsリモートデスクトップとサーバーを接続するためのAPIをいくつか提供しています。
利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2019、2022
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $2.00

7. Contabo – ヨーロッパ諸国で高パフォーマンス

Contabo Windows VPS
Contaboは幅広いWindows VPSプランを提供しているため、ニーズに合ったプランを選べます。

Contaboのホームページは時代遅れな印象がありますが、パフォーマンスは抜群です。ドイツに2つの最先端のデータセンターがあり、ヨーロッパ全土で最高の信頼性を誇るホスティングサービスです。

VPSプランは7個あり、いずれもLinuxとWindowsに対応しています。必要に応じて仕様をカスタマイズできるのも嬉しいですね。全プランがWindows Server 2012をサポートしており、4つの100% SSDプランは2016と2019バージョンにも対応しています。

料金は格安で、複数の支払期間があり、優れた機能もありますから、ヨーロッパをターゲットとするならContaboがピッタリです。ただし、プランはすべてアンマネージドですから、サーバーの構築と管理は自分で行う必要があります。

  • SSDブーストまたは100%SSDから選べる。SSDブーストサーバーの方が遅いですが、格安でストレージ容量も大きいのが特長です。一方、100%SSDプランでは、より高速で効率の良いマシンが使えますが、ストレージ容量は小さめです。
  • 高度なサーバー管理。Contaboのコントロールパネルで、Root権限の付与、VPSの再起動、Windowsの再インストールなどが容易に行えます。
  • サーバースナップショット。100%SSDプランではサーバースナップショットを作成できます。システムをアップデートする前に、スナップショットをとって現在のVPSを保存しておきましょう。何らかのトラブルが起きた場合、スナップショットを復元するだけで前の状態に戻せます。
  • DDoS対策。全プランにContaboのDDoS対策システムが含まれます。DDoS攻撃の防御率は99%だそうです。
  • 追加のバックアップ容量と監視サービス。追加料金がかかりますが、このようなサービスがあるのは安心ですね。VPSが停止した場合、Contaboのスタッフが連絡してくれます。また、別のサーバーに保存されているバックアップから復元できます。

当サイトの専門スタッフが全機能をテストしました。詳しくはContaboの完全レビューをご覧ください。

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2012R2、2016、2019
無料SSL
返金保証 14日間
最低価格 $4.44

知名度の低い会社がトップに輝きました

Linuxと比べてWindows VPSの方が高価格で人気度も低く、一般的にセットアップがやや難しいでしょう。Windows VPSホスティングを選ぶ理由は.NET、ASP.NET、MSSQLなどのMicrosoft技術に従属しているからであることがほとんどです。

意外にも多くのホスティング会社はMicrosoftのオペレーティングシステム向けサービスをあまり提供していません。最高のVPSプロバイダの多くはLinuxのみにサービスを提供しているため、Microsoft向けのサービスは競争が激しくないのです。

HostingerGoDaddyなどの大企業は頑張っていますが、結局は小規模で知名度の低い会社が優勝となりました。プレミアムなマネージドサービスをバランスよく提供しており、自由にカスタマイズできる部分を多く確保することで価格を低く抑えて素晴らしいサービスを提供しているのです。

ブログ、ビジネスサイト、ネットショップなど、ウェブアプリやサイトのためのホスティングサービスをお探しの方はLiquid WebまたはHostwindsがオススメです。この2つの会社のうち、経済的なのはHostwindsです。

どちらの方が良いか迷っている方は以下の比較表をご覧ください。
  注目ポイント 利用可能なWindows OS 管理レベル  
Kamatera 30日間無料トライアル。サーバーを自由にカスタマイズできる 2012

2016

2019

2022

フルマネージド

アンマネージド

Hostinger ハイスペックなVPSプランでサイトを成長させられる 2012 アンマネージド
InterServer 安全でパワフルなサーバー。プロが24時間年中無休でサポート 2016

2019

Windows 10

マネージド
Liquid Web 業界最速のVPSの1つ。バックアップを含む 2016

2019

フルマネージド

アンマネージド

Hostwinds 無料でサイトを移転し、毎日バックアップしてくれる 2008

2012

2016

フルマネージド

アンマネージド

1&1 IONOS 担当アドバイザーが基本的なサーバー管理を手伝ってくれる 2019

2022

アンマネージド
Contabo 独自のサーバーコントロールパネルでVPSを容易に管理できる 2012

2016

2019

アンマネージド

よくある質問

おすすめのWindows VPSは?すべてのニーズに応えられるWindows VPSはありませんから、Windows VPSに何を求めるのか検討するのが大切です。とは言うものの、Kamateraは必見です。世界各国にデータセンターがあり、最新のOSバージョンに対応しています。予算が限られている場合は、格安のHostingerが良いかもしれません。パフォーマンステストで高性能であることが分かりました。無料のWindows VPSはありますか?いいえ。無料VPSの宣伝を見たことがあるかもしれませんが、当サイトが行った無料VPSの徹底検証では、実際は無料ではないか、そのようなプランは存在しないことが分かったのです。とは言え、Kamateraは30日間無料トライアルを提供していますし、こちらのクーポンページでお得な割引をご利用いただけます。より低価格でWindows VPSをゲットしましょう。 「サーバーOSはWindowsにしたいけど、VPSが良いか分からない…」という方は、おすすめのWindows対応のレンタルサーバをご覧ください。Windows VPSとLinux VPSの違いは?Windows VPSと他のVPSの根本的な違いは、サーバーOS(サーバーが実行しているOS)です。もちろん、費用も異なります。Windows VPSは、サーバーごとにライセンス料金がかかるため、他のVPSプランより割高です。比較的安いWindows VPSをお探しの方にはInterServerのWindows VPSが良いでしょう。「どうしてもWindows VPSが必要」という場合(ASP.NETやMSSQLなど、Microsoft社の技術に会社が依存している場合)を除き、Linux VPSを選ぶと良いでしょう。 当サイトでは多数のホスティングサービスをテストし、おすすめのレンタルサーバをご紹介しています。

この記事を評価
3.8 34 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。 Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低10文字です
コメントがありますか?
返信する
%s件の返信を見る
View %s reply
関連記事
関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

We check all comments within 48 hours to make sure they're from real users like you. In the meantime, you can share your comment with others to let more people know what you think.

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

816272
100
5000
89143
速度と稼働率が最高image

破格の高性能ホスティング

さらに、ドメイン名とメールアドレスを無料でゲット