1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 最高のWindows VPSホスティング 5選 【大手ブランドだからと言って良いとは限りません】 2019年最新情報

最高のWindows VPSホスティング 5選 【大手ブランドだからと言って良いとは限りません】 2019年最新情報

ベン・サリド
ベン・サリド
49
2019年10月15日

Windows VPSを使い始めることにしたのですね!このパワフルなホスティングソリューションを使うと簡単に遠隔アクセスが可能になったり、見慣れたWindowsインターフェイスを利用でき、充実したリソースやたくさんのケイパビリティがあるのが特長です。

では、デメリットは何でしょうか? まず、ホスティング会社の中には新しいサーバーOSであるWindowsサーバー2016を提供しているものもあれば、古いバージョンにしか対応していない会社もあるということです。2003年バージョンなど、とても古いものにしか対応していない会社もあるほどです。

さらに、マネージドホスティングの定義は会社によって異なります。そのためライセンスの内容も会社によって違います。Windowsホスティングではコントロールパネルからデータベースまで、すべてのライセンスが必要となります。

不要な心配は避けたいですよね。この記事を読めば最高のWindows VPS会社とサービスの内容が分かるので、あなたにピッタリのものを選べるはずです。

イチオシのWindows VPSホスティングサービス

  • Hostinger – 非常に人気のあるホスティングサービスで、Windows VPS設定を4種類用意しているので必要に応じて自由に選べます。
  • Liquid Web – 高性能の仮想マシンにはたくさんの便利でワクワクするような追加機能があるので本当に素晴らしい利用体験です。
  • Hostwinds – 最低限のものから完全に管理されているものまで自由自在にカスタマイズ可能なのでニーズにピッタリのVPSを利用できます。
  • InterServer – すべてアメリカで営業しているこの会社は、アメリカの顧客や利用者に多様でパワフルなVPS設定を提供しています。configurations
  • GoDaddy – この大手ウェブホスティング会社は複数のWindows VPSプランを用意しています。リソースは十分ですが、機能を追加するとやや高価格になってしまいます。

最高のWindows VPS会社をご紹介するにあたって注目したポイント

私が行った試験では2008年のVPSで2016年版向けのアプリを動作させてみました。結果は悲劇的でした。また、管理されていないホスティングを試してみた時にも同じような結果となってしまいました。

市場で出回っている他の共有ホスティングプランよりもWindows VPSホスティングの方が期待しています。この記事でご紹介しているホスティング会社は以下のようなポイントが優れています:

  • パフォーマンス:他のホスティングと同じように超高速通信と妥協しない稼働率は必須でしょう。サイトはいつでも素早くロードされたいですよね。
  • Windowsライセンス:Windows VPSは特定のMicrosoftライセンスが必要となります。サーバーしか販売していないウェブホスティング会社もあり、その場合は自分でそれ以外の作業をしなければなりません。この記事でご紹介するプロバイダならそのような心配はありません。
  • スケーラビリティ:Windows VPSは高度なホスティングソリューションで、急速に成長しているサイトのニーズに応えることができますが、それよりアクセス者数が増えた場合はどうなるでしょうか? 必要に応じてスケールアップできるようなVPSでなくてはいけませんよね。
  • マネージドVPS仮想サーバーについてよく知らなくてもサイトをホスティングできるようなサービスが良いですね。そのためのマネージドサービスですから。この記事でご紹介する会社はホスティングのプロですからすべて管理を任せることができます。
  • 経済的なVPSホスティング:やはり価格は気になりますよね。サービスの内容が素晴らしくても価格が高くては意味がありません。こちらでご紹介したサービスはすべて手ごろな価格となっています。

以上のような要件に合ったサービスを厳選しました。では、トップ5をご覧ください。

1. Hostinger – 共有ホスティングから簡単にスケールアップ

hostinger_windows_vps

大手ホスティング会社であるHostingerは今でも最も革新的な会社です。共有ホスティングプランが非常に安価なのが人気の理由でしょう。

ではVPSはどうでしょうか? VPSはとても安いというわけではないものの、設定の内容が素晴らしいのが注目ポイントです。Hostingerは4種類のWindows VPSプランを提供しており、共有プランを利用しているユーザーがスムーズにアップグレードできるようになっています。

VPSはマネージドではありませんが、Hostingerの24時間年中無休のサポートを利用することができます。私はサポートスタッフが非常に親切なのが本当に感心しました。そのため、トラブルが発生しても安心です。

  • 1つのサーバーにつき、最新のIntel XeonプロセッサとRAM128GBの大容量となっています。最も基本的な設定でもディスク容量は50GB、帯域は5TBなので中規模のeコマースネットショップでも大満足のはずです。
  • 簡単にスケールアップ:もっとリソースが必要になったらプランをいつでも変更できます。
  • 専用IPIPを共有している別のサイトのせいでブラックリストに追加されてしまうというリスクを避けられます。DNSをセットアップしなくても直接アクセスできるようになるほか、SEOが改善される可能性もあります。
  • Windowsサーバー2012サーバーのWindows OSの最新版は2016版ですから最新ではありませんが、.NETやMSSQLベースのウェブアプリを稼働するのに適しています。

Hostingerについて詳しく知りたいですか? 詳しいレビューをご覧ください。

2. Liquid Web – 追加特典満載のプレミアムVPS

liquidweb_windows_vps

Liquid Webは業界でも最も信頼されているプロフェッショナルな会社の一つです。利用者数は少なめですが、利用している人は非常に満足しています。Liquid Webは完全にマネージドのVPSサービスを提供しており、プランにはたくさんの素晴らしい魅力があります。

独自に設定した基準を見ると、この会社の高速VPSホスティングは業界最高のサービスという評価となりました。ページのロード時間やサーバーの応答の面で大手企業より優れたパフォーマンスなのです。

Windows VPSは2番目のプランからしか利用できまん。また、毎月支払いのホスティングを購入する必要があります。なぜこのようになっているのかはよく分かりませんし、やや高価格になってしまいますが、他とは比べ物にならないような素晴らしいサービスです。

  • CloudFlare CDN – 物的なサーバー地点が外国の利用者のロード時間に影響することはありません。CloudFlare CDNが無料で含まれており、日本からでも外国からでも素早くサイトが表示されます。
  • ServerSecureDDoS対策 – すべてのVPSプランにこのセキュリティ機能が含まれており、不正アクセスからデータを保護できます。さらに、この会社はDDoS攻撃対策も提供しています。
  • バックアップ – ローカルバックアップで安心。どんな故障でもサイトのコピーがあるので心配はありません。
  • Windowsサーバー2012および2016 – ニーズやサイトの従属性に応じて必要なOSバージョンを選ぶことができます。

Liquid Webがあなたに適したソリューションなのか詳しく知りたい方はエキスパートのレビューをご覧ください。

3. Hostwinds – ニーズにピッタリ合うように完全にカスタマイズ可能

hostwinds_windows_vps

Hostwindsは公平でしっかり情報公開している会社として有名で、ホスティングプランのすべての機能について詳しく説明しています。VPNプランも同じです。サーバー設定は自由自在に変更できますし、どのようなサービスが含まれているかも調節できます。

そのため、Hostwindsは業界で最も安価なVPSプランである可能性があります。Windows VPSも同じです。最初は価格を見て圧倒されました。あまりにも安かったので共有ホスティングの値段だと思ったのです。

そのため、Hostwindsは業界で最も安価なVPSプランである可能性があります。Windows VPSも同じです。最初は価格を見て圧倒されました。あまりにも安かったので共有ホスティングの値段だと思ったのです。

  • 最高レベルのカスタマイゼーション – 設定を選んで将来的に簡単にアップグレードできます(ダウングレードも可能です)。好きなOSバージョン、アプリケーション、パネル、その他の機能を自由に追加できます。また、自分でOSをインストールすることも可能です。
  • スナップショット – 毎晩バックアップされるため、スナップショットがキャプチャされた任意の時点にサイトを素早く復元することができます。
  • 無料でサイトを移転 – Hostwindsのプロにサイトの移転を任せることができます。すべて作業が完了したら新しいVPSセットアップを自由に楽しめます。
  • エンタープライズファイアウォール – 高度なファイアウォールでセキュリティ対策をすることでネットに潜む色々な攻撃からしっかり身を守ることができます。

Hostwindsについて詳しく知りたいですか? 詳しいレビューをご覧ください。

4. InterServer – アメリカ発の注目したいWindows VPSサービス

interserver_windows_vps

アメリカの強豪、InterServerは色々なホスティングサービスを提供しており、最先端のデータセンターを3つ構えています。ニュージャージー州に2つ、ロサンゼルスに1つあるデータセンターによりアメリカのビジネスなら東海岸でも西海岸でも超高速パフォーマンスが保証されます。

この会社は見落としがちなWindowsホスティングに特別に力を入れており、16個のWindows VPS設定を提供しています。これにより、人気ブログからマルチサイトネットワークなど、ほぼ何でもホスティングできるようになります。

  • マネージドVPS – InterServerのスタッフが常在しているため、どんなOSに関する問題でも問題解決してもらえます。さらに、サポートチームがサーバーやファイアウォールをアップデートしてくれます。
  • 稼働率9%保証 – InterServerはサービス合意に稼働率99.9%保証を明白に掲げています。滅多にありませんが、万が一この保証が満たされなかった場合、月額料金を最大で50%返金してもらえます。
  • Windows 10、サーバー2012、サーバー2016から選択 – どんなWindowsプロジェクトを稼働している人でも、適切なOSバージョンを利用できます。
  • 24時間週7日体制のサポート – プロフェッショナルでサポートスタッフがいつでも親切に対応してくれます。

エキスパートによるレビューでInterServerについて詳しくご紹介していますのでご覧ください。

5. GoDaddy – 世界的に有名なホスティング会社は良質なベーシックサービスを提供

godaddy_windows_vps

ドメイン名プロバイダであるGoDaddyは何年も活動を続けている会社で、2000年代初期にはいかがわしい宣伝で注目を集めました。多数のアップセルや時々しかサポートが利用できないことなどによりあまり評判はよくありませんが、VPSサービスは比較的良いでしょう。

初心者でも簡単に利用できるインターフェイスにより、GoDaddyならだれでも素早くWindows VPSを利用できます。4つのプランから選べ、RAMは2GBから8GBまで用意されているので小・中規模のサイトの成長に対応できます。

価格設定はやや分かりにくいでしょう。マネージドではないプランにはWindows OSライセンスやPleskコントロールパネルライセンスが含まれていません。チェックアウトの際に注意しましょう。

  • 3種類の管理レベル – 自己管理、マネージド、完全マネージドが用意されています。マネージドと完全マネージドプランのみライセンスが含まれています。自己管理のプランはサーバーについてよく知っているプロ向けです。
  • OSの選択 – Windowsサーバー2008または2012に対応しています。新しいWindowsサーバー2016は利用できません。
  • サイト移転 – 完全マネージドプランでは無料移転サービスが含まれています。
  • 色々な追加特典 – 他のホスティング会社は無料で永久的に利用できるようにしていますが、GoDaddyの場合はSSL証明書や自動バックアップは別途で購入する必要があります。

詳しいレビューでGoDaddyについてご覧ください。

知名度の低い会社がトップに輝きました

Linuxと比べてWindows VPSの方が高価格で人気度も低く、一般的にセットアップがやや難しいでしょう。Windows VPSホスティングを選ぶ理由は.NET、ASP.NET、MSSQLなどのMicrosoft技術に従属しているからであることがほとんどです。

意外にも多くのホスティング会社はMicrosoftのオペレーティングシステム向けサービスをあまり提供していません。最高のVPSプロバイダの多くはLinuxのみにサービスを提供しているため、Microsoft向けのサービスは競争が激しくないのです。

HostingerGoDaddyなどの大企業は頑張っていますが、結局は小規模で知名度の低い会社が優勝となりました。プレミアムなマネージドサービスをバランスよく提供しており、自由にカスタマイズできる部分を多く確保することで価格を低く抑えて素晴らしいサービスを提供しているのです。

ブログ、ビジネスサイト、ネットショップなど、ウェブアプリやサイトのためのホスティングサービスをお探しの方はLiquid WebまたはHostwindsがオススメです。この2つの会社のうち、経済的なのはHostwindsです。

どちらの方が良いか迷っている方は以下の比較表をご覧ください。

バックアップWindows OS運用レベル
Hostinger手動のデータバックアップ込み
  • 2012
  • マネージドではない
Liquid Webすべてのプランにローカルサイトバックアップ込み。クラウドバックアップは別途で購入できるが有料。
  • 2012
  • 2016
  • 完全にマネージド
  • マネージドではない
Hostwindsすべてのプランで毎日クラウドに自動バックアップ
  • 2008
  • 2012
  • 2016
  • 完全にマネージド
  • マネージドではない
InterServerInterServerクラウドへのプレミアムバックアップサービスは有料
  • 10
  • 2012
  • 2016
  • マネージド
GoDaddy障害発生の場合のリカバリバックアップのみ。さらにマネージド・フルマネージドサービスでは1回オンデマンドのバックアップが利用可能
  • 2008
  • 2012
  • 完全にマネージド
  • マネージド
  • 自己管理
49 拍手
この記事が役立ったら拍手をお送りください!

関連記事

関連記事をもっと表示

コメントがありますか?

0 文字中 100 文字
必須項盬"Campo richiesto" Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低100文字です

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!