当社は、本サイトでご紹介している製品の提供企業からアフィリエイト報酬を受け取っています。詳しくは「広告に関する開示」をご覧ください
  1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. おすすめのWindows VPSレンタルサーバー 5選【2023年】 

おすすめのWindows VPSレンタルサーバー 5選【2023年】 

ベン・サリド ベン・サリドウェブホスティングの専門家
Windows VPSを使い始めることにしたのですね!このパワフルなホスティングソリューションを使うと簡単に遠隔アクセスが可能になったり、見慣れたWindowsインターフェイスを利用でき、充実したリソースやたくさんのケイパビリティがあるのが特長です。

では、デメリットは何でしょうか? まず、ホスティング会社の中には新しいサーバーOSであるWindowsサーバー2019を提供しているものもあれば、古いバージョンにしか対応していない会社もあるということです。2003年バージョンなど、とても古いものにしか対応していない会社もあるほどです。

さらに、マネージドホスティングの定義は会社によって異なります。そのためライセンスの内容も会社によって違います。Windowsホスティングではコントロールパネルからデータベースまで、すべてのライセンスが必要となります。

不要な心配は避けたいですよね。この記事を読めば最高のWindows VPS会社とサービスの内容が分かるので、あなたにピッタリのものを選べるはずです。

お急ぎですか?2023年2月年におすすめのWindows対応のVPSはこちら!

  1. Kamatera – 3大陸にデータセンターがあり、サーバーは100%モジュール型。最新のWindows Serverバージョンに対応しています。クラウドホスティングの力を最大限活用したい方におすすめ。
  2. Scala Hosting – 格安でリソースも充実
  3. 1&1 IONOS – 担当アドバイザーがレンタルサーバの基本を無料サポート

他にも2社をご紹介比較表よくある質問

最高のWindows VPS会社をご紹介するにあたって注目したポイント

私が行った試験では2008年のVPSで2016年版向けのアプリを動作させてみました。結果は悲劇的でした。また、管理されていないホスティングを試してみた時にも同じような結果となってしまいました。

市場で出回っている他の共有ホスティングプランよりもWindows VPSホスティングの方が期待しています。この記事でご紹介しているホスティング会社は以下のようなポイントが優れています:

  • パフォーマンス:他のホスティングと同じように超高速通信と妥協しない稼働率は必須でしょう。サイトはいつでも素早くロードされたいですよね。
  • Windowsライセンス:Windows VPSは特定のMicrosoftライセンスが必要となります。サーバーしか販売していないウェブホスティング会社もあり、その場合は自分でそれ以外の作業をしなければなりません。この記事でご紹介するプロバイダならそのような心配はありません。
  • スケーラビリティ:Windows VPSは高度なホスティングソリューションで、急速に成長しているサイトのニーズに応えることができますが、それよりアクセス者数が増えた場合はどうなるでしょうか? 必要に応じてスケールアップできるようなVPSでなくてはいけませんよね。
  • マネージドVPS仮想サーバーについてよく知らなくてもサイトをホスティングできるようなサービスが良いですね。そのためのマネージドサービスですから。この記事でご紹介する会社はホスティングのプロですからすべて管理を任せることができます。
  • 経済的なVPSホスティング:やはり価格は気になりますよね。サービスの内容が素晴らしくても価格が高くては意味がありません。こちらでご紹介したサービスはすべて手ごろな価格となっています。
以上のような要件に合ったサービスを厳選しました。では、トップ7をご覧ください。

Kamatera Windows VPS Host
Kamateraなら、簡単にサーバー構成をカスタマイズできます。

この記事でご紹介している他社のホスティングサービスと比べ、Kamateraは柔軟性の高いサービスでしょう。データセンターはアメリカ、カナダ、ドイツ、オランダ、イギリス、イスラエル、香港から選べます。

Kamateraは真のグローバルクラウドで、高度なインフラにより、ほんの数分でサーバーを立ち上げられます。利用可能なWindows Serverバージョンも最多で、2012バージョンから最新の2022バージョンまで利用できます。

唯一の欠点は、フルマネージドサービスは料金が比較的高いことでしょう。しかし、Kamateraの専門チームがサーバーの保守管理をすべて行ってくれますから、手間を省けます。30日間無料トライアルで良さを実感してみてください。

特長

  • モジュール型仮想サーバ。1つのプランですべてのニーズに応えようとはしていません。CPUの仮想コア数、メモリ、SSD容量を必要な分だけ選べます。もちろん、いつでもスケールアップ・ダウンが可能です。
  • すべてのOSバージョンが利用可能。Kamateraは市場に出ているどんなバージョンでもインストールしてくれます。OSバージョンは制限されていませんし、どのバージョンを選んでもライセンス料金はすべて同じです。
  • 複数の管理レベル。アンマネージドプランだけを選んだり、管理パネル(Plesk for Windows)を追加したりするなど、Kamateraのカスタマーサポートにすべてお任せできます。
  • 稼働率99.95%を保証。各データセンターで冗長化が行われていて、Kamateraはほぼパーフェクトな稼働率を約束しています。
Kamateraについて詳しくは完全レビューをご覧ください

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2012、2016、2019、2022
無料SSL
返金保証 (30日間無料トライアルあり)
最低価格 $4.00

2. Scala Hosting – リソースが充実した格安クラウドVPS

Scala Hosting self-managed cloud VPS feature list
Scala Hostingは性能を妥協していないので、素晴らしいスピードと信頼性が期待できます
Scala Hostingなら、WindowsベースのクラウドVPSを独自に構築できます仮想CPUは4コア~、メモリは8GB~で、リソースの下限は公表されていません。Kamateraほど柔軟ではありませんが、Scala HostingはKamateraが提供していない便利な特徴があります。クラウドVPSの全パッケージにおいて、スナップショットバックアップを3回取ることができ、30日間返金保証が適用されます。

なお、Windows対応なのはScala Hostingのセルフマネージドプランだけです。希望する場合、サーバにWindows Server 2019をインストールしてもらうこともできます。最新バージョンではありませんが、root権限が付与されますから、OSを自由に手動インストールできます。

Kamateraの同スペックのプランと比べ、Scala Hostingのリソースが多いサーバの方が安く、同じくらい高性能です。「構成が決まっていても構わない」という方は、Scala Hostingのプランを検討すると良いでしょう。

特長

  • サーバ管理が簡単。クラウドVPSの管理は、Scala Hostingのクライアントエリアで簡単に行えます。リソースのスケールアップ・スケールダウン、パフォーマンスの監視、サーバの停止・起動などが可能です。
  • 冗長性が高い。サーバデータは3台の異なるサーバに複製されます。1台のサーバで速度低下や障害などが起きた場合、通信は自動的に別のサーバに転送され、停止時間は発生しません。
  • 追加オプションが豊富。有料ですが、cPanelライセンスの購入、LiteSpeedウェブサーバーのプレインストール、便利なSoftaculousアプリインストーラの追加なども可能です。
  • 優先サポートも利用可能。VPSは主にアンマネージドですが、Scala Hostingのマネージドサポートも利用できます。対応時間15分単位で課金されます。
詳しくはScala Hostingのレビューをご覧ください

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2019
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $39.95

3. 1&1 IONOS – 無料の個別サポートが基本的なサーバー管理を手伝ってくれる

description-of-the-ionos-support-service
1&1 IONOSは専属サポートを提供している数少ないホスティングサービスの1つです。
1&1 IONOSはユニークな特長があるため、検討する価値があります。一番安いレンタルサーバはLinuxにしか対応していませんが、1&1 IONOSのほかのサーバはオプションとしてWindows OSをサポートしています。エントリーレベルのVPSから、メモリを最適化した高性能VPSまで、さまざまなプランが用意されています。

1&1 IONOSの最大の注目ポイントは、手厚いサポート体制です。利用者ごとに担当アドバイザーがつくので、質問がある場合はその人に連絡できます。担当アドバイザーにサーバーのニーズや目標を知ってもらうことができ、より効果的で役立つサポートを受けられます。

他社では高額の費用がかかる作業も、担当アドバイザーが手伝ってくれることもあります。サーバー監視やパフォーマンスの最適化、セキュリティ強化などを無料で行ってくれるのです。このように、IONOSはサポート体制が充実していますが、安くはありません。また、Windowsを選ぶと高額の月額料金が発生しますから、コストがかさんでしまいます。

特長

  • 高度なサポートオプション。サーバー構成やサードパーティソフトのインストールなどを1&1 IONOSが手伝ってくれる場合もあります。しかし、このような作業は追加料金がかかり、必要なサポートについて説明して見積もりを取る必要があります。
  • 1&1 IONOSの無料モバイルアプリ。1&1 IONOSのアプリを使えば、ホスティングの管理、請求書の閲覧、サポートへの問い合わせなどができます。
  • サーバーを素早くセットアップ。1&1 IONOSは新しいサーバーを55秒以内に利用可能にすることを目標としています。
  • Root権限を付与。1&1 IONOSの全サーバーで完全なRoot権限が付与されます。Windowsリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使ってパソコンをサーバーに接続すれば、遠隔操作できるようになります。1&1 IONOSは、Windowsリモートデスクトップとサーバーを接続するためのAPIをいくつか提供しています。
利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2019、2022
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $2.00

interserver_windows_vps
Windows対応のVPS構成は16種類もあり、InterServerはあらゆるニーズに応えています。
アメリカの強豪、InterServer(インターサーバー)は幅広いホスティングサービスを提供しており、最先端のデータセンターはニュージャージー州に4か所、ロサンゼルスに1か所、計5か所にあります。アメリカがターゲットであれば、高パフォーマンスのサイトになること間違いなしでしょう。

この会社は見落としがちなWindowsホスティングに特別に力を入れており、16個のWindows VPS設定を提供しています。これにより、人気ブログからマルチサイトネットワークなど、ほぼ何でもホスティングできるようになります。

InterServerはこの記事で一番安いWindows搭載VPSの1つです。十分な仮想CPUとメモリを確保でき、他社より格安です。ターゲット層がアメリカで、予算がある場合、InterServerなら失敗しません。ただし、アメリカ以外では表示が遅めです。

特長

  • 安心の月払い。 InterServerの場合、複数年契約に加入しなくても一番安い料金で利用できます。隠された更新料金もありません。妥当な料金を毎月支払うだけです。
  • 稼働率9%保証。InterServerはサービス合意に稼働率99.9%保証を明白に掲げています。滅多にありませんが、万が一この保証が満たされなかった場合、月額料金を最大で50%返金してもらえます。
  • Windows 10、サーバー2016、サーバー2019から選択。 対応バージョンは少なめですが、これらのバージョンはプリインストールが可能です。他のWindowsバージョンも手動でインストールできます。
  • Windows OSを無料で修復。 InterServerがサポートしているWindows OS(上記)を選んだ場合、重大なトラブルが発生した際に無料で修復してくれます。OSの再インストールもいつでも行ってくれます。
詳しくはInterServerの完全レビューをご覧ください

利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2016、2019
無料SSL
返金保証 30日間
最低価格 $6.00

5. Liquid Web – 追加特典満載のプレミアムVPS

liquidweb_windows_vps
Liquid WebのWindows VPSプランはとてもパワフルです。
Liquid Webは業界でも最も信頼されているプロフェッショナルな会社の一つです。利用者数は少なめですが、利用している人は非常に満足しています。Liquid Webは完全にマネージドのVPSサービスを提供しており、プランにはたくさんの素晴らしい魅力があります。

独自に設定した基準を見ると、この会社の高速VPSホスティングは業界最高のサービスという評価となりました。ページのロード時間やサーバーの応答の面で大手企業より優れたパフォーマンスなのです。

Liquid WebのWindows搭載VPSプランは3段階あり、メモリはそれぞれ4GB、8GB、16GBです。毎月、毎年、2年ごとの支払いが可能ですが、長期プランは最大50%割引となります。契約期間の選択肢が少ないので下位にランクインしましたが、素晴らしいプレミアムサービスです。

特長

  • CloudFlare CDN。 物的なサーバー地点が外国の利用者のロード時間に影響することはありません。CloudFlare CDNが無料で含まれており、日本からでも外国からでも素早くサイトが表示されます。
  • ServerSecureDDoS対策。 すべてのVPSプランにこのセキュリティ機能が含まれており、不正アクセスからデータを保護できます。さらに、この会社はDDoS攻撃対策も提供しています。
  • バックアップ。 ローカルバックアップで安心。どんな故障でもサイトのコピーがあるので心配はありません。
  • Windowsサーバー2016および2019。 ニーズやサイトの従属性に応じて必要なOSバージョンを選ぶことができます。
Liquid Webのレビューで詳しくご覧ください。
利用可能なWindows Serverバージョン Windows Server 2012、2016、2019
無料SSL
返金保証 (ただし、未使用分を返金してもらえます)
最低価格 $15.00

Windows搭載VPSの選び方

Windows VPSはLinux VPSより人気度が低く、割高ですが、WindowsにおすすめのVPSはたくさんあります。この記事では高性能VPSをご紹介しましたが、ニーズを検討して最適なサービスを選びましょう。

迷っている方のために、おすすめのVPSをニーズ別でご紹介します。

全世界で高パフォーマンスのVPSが必要なら、Kamateraが最適です。データセンターは世界13か所にあり、訪問者がどこにいてもWebページは高速で表示されます。また、VPSにプリインストール可能なWindows Serverバージョンが最多なのもポイントです。

CPUとメモリが多いVPSが欲しい場合、Scala Hostingが一番お得です。リソースが充実したWindows搭載VPSのなかでもかなり安く、全体的に感心するほど高パフォーマンスでした。

Windows搭載VPSが初めてなら、1&1 IONOSがおすすめです。専任コンサルタントが設定作業をサポートしてくれますから、安心して始められます。幅広いサーバーオプションも用意されており、必要に応じて柔軟にスケールアップできるのも嬉しいポイントです。

  注目ポイント 利用可能なWindows OS 管理レベル 最低価格  
Kamatera 30日間無料トライアル。サーバを柔軟にカスタマイズできる 2012, 2016, 2019, 2022 アンマネージド。オプションとしてマネージドサービスが利用可能 $4.00
Scala Hosting 格安で、リソースが充実 2019 アンマネージド $39.95
1&1 IONOS 専任アドバイザーが基本的なサーバ管理をサポート 2019, 2022 アンマネージド $2.00
InterServer 格安で、米国で高パフォーマンス 2016, 2019, Windows 10 アンマネージド $6.00
Liquid Web VPSのパフォーマンスは業界最高 2016, 2019 マネージド $15.00

よくある質問

おすすめのWindows VPSは?

最適なWindows VPSはニーズによります。カスタマイズの自由度が高く、世界中で高パフォーマンスの仮想専用サーバをお探しなら、Kamateraをお試しください。格安で使いやすさを優先するなら、InterServerが良いでしょう

無料のWindows VPSはありますか?

いいえ。無料VPSの広告を見たことがあるかもしれませんが、実際は無料ではなかったり、詐欺だったりすることがあるので注意が必要です。とは言え、Kamateraは30日間無料体験できます

Windows VPSとLinux VPSの違いは?

Windows VPSと他のVPSの実質的な違いは、サーバが使用するOSだけです。もちろん、費用も異なります。Windows VPSは、ライセンス料がかかるため、他のVPSプランより高額である傾向があります。

格安のLinux搭載VPSをお探しの方は、2023年におすすめのレンタルサーをご覧ください。

Windows VPSは共用レンタルサーバより優れていますか?

仮想専用サーバー(VPS)は、他のユーザーとリソースを共有しないため、共用レンタルサーバより高性能で、信頼性も高いという特長があります。しかし、料金は割高です。初心者の場合、あるいはサイトへのアクセス数が少ない場合、格安のWindows共用レンタルサーバで十分かもしれません。

ホームページの作り方2023年完全ガイドでサイト作成に関するアドバイスをご覧ください。

この記事を評価
4.8 36 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。 Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低10文字です
コメントがありますか?
返信する
%s件の返信を見る
View %s reply
関連記事
関連記事をもっと表示
本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。
Popup final window
家族や同僚にこの投稿を共有してください。

We check all comments within 48 hours to make sure they're from real users like you. In the meantime, you can share your comment with others to let more people know what you think.

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

816272
100
5000
89143
速度と稼働率が最高image

破格の高性能ホスティング

さらに、ドメイン名とメールアドレスを無料でゲット