当サイトの独立調査と正直なレビューは、あなたが当サイトを通じてサービスを購入した時に受け取るコミッションで部分的にサポートされています。
  1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 2021年おすすめの安いレンタルサーバー

2021年おすすめの安いレンタルサーバー

エゼキエル・ブルーニ
エゼキエル・ブルーニ
2021年2月27日

ウェブホスティングの費用はピンからキリまでありますが、高くても質が良いとは限らないのがレンタルサーバー業界の特徴です。もちろん、安いけどパフォーマンスが悪くて使い物にならないレンタルサーバーもありますが、「高いのに必要ない機能ばかり」というぼったくりサービスもあります。

今回の記事では、同僚と協力して世界中のホスティングを数百件も調査しました。その結果、安くて質も優秀なレンタルサーバーがあることが分かったのです。夢のようですね。機能を妥協したり、ロード速度が遅かったり、サイトにたくさん広告が表示されたりなどと言ったワケアリサービスではありません。

レンタルサーバーはどれくらいのコストがかかるのか、気になりますよね。早速見て行きましょう!

調査結果のまとめ

今回の大規模な調査の結果、月額わずか119円からホスティングを利用できることが分かりました(本当です!こちらでHostingerの最新割引をご覧になれば信じていただけるでしょう)。安いレンタルサーバーは平均で月額500~600円となっています。どのホスティング会社がここまで安いのか気になりますね。質が良くてコストも安いサービスをこれから大公開します!

安いレンタルサーバーは本当に信頼できるの?

はい、信頼できます。ただし、きちんと下調べしておくことが重要です。月額100円で素晴らしいパフォーマンスを約束しているホスティング企業はたくさんありますが、約束通り良質なサービスを提供しているとは限りません。しかし技術は日々進歩していますから、レンタルサーバーも高速化・軽量化していて、価格も安くなり続けています。破格で高パフォーマンスのホスティングサービスもあるのです。

人気ホスティング会社の費用

現在、ホスティングがいかに安いか納得していただくために、当サイトWebsite Planetでとても高い評価を獲得しているホスティングサービスをまとめました。2021年おすすめのウェブホスティングサービスでご紹介しているものばかりです。「ランキングトップでご紹介しているサービスだと、費用も高くなってしまうのでは?」と思ってしまいますよね。実はとても安いのです。

これらのレンタルサーバーは初心者、小規模ビジネス、プロのプログラマー、代理店、企業など様々な利用者に適した価格帯のプランを用意しています。この記事では以下のプランの開始価格をご紹介していきます。

  • 共用レンタルサーバープラン。他の利用者のサイトと同じサーバーを共用するプランです。共用レンタルサーバーは一番安い傾向があります。
  • 仮想プライベートサーバー。VPSとも呼ばれています。他の利用者と同じサーバーでサイトが動作しますが、それぞれが仮想のOSを使用します。普通の共用レンタルサーバーよりパフォーマンスが良いのが特徴です。
  • 専用サーバー。独自のサーバーハードウェアで動作し、すべて自分で管理できますが、安くはありません。

ご紹介するホスティングサービスがすべて専用サーバープランを提供しているわけではありません。

InterServer

InterServer homepage
InterServerは共用レンタルサーバープランが1つだけあり、必要な機能がすべて含まれています

InterServerは必要な機能をバランス良く提供しているサービスです。とても安い共用レンタルサーバープランだけでなく、WindowsベースのASP.netサーバー、専用のストレージサーバー、GPUベースのサーバー、専用ホームサーバー、高速デプロイサーバーなどなど…。広く利用されているcPanelにも対応しています。cPanelは日本語で表示されるのでスムーズに利用できますね。

ほとんどの利用者はInterServerのスタンダードウェブホスティングプランが最適でしょう。月額 $2.50です。帯域やストレージは「ここまでしか利用できません」というはっきりした制限がありませんが、サイトへの通信量がかなり多い場合がアップグレードが必要になるはずです。

技術に詳しい方向けのVPSプランは月額わずか $6.00です。1コア、RAMは2GB、SSDストレージは30GBというスペックとなっています。一番安い専用サーバーは月額 $50.00 なのでもう少し費用が掛かります。

詳しくはInterServerの完全レビューをご覧ください

Hostinger

Hostinger homepage
HostingerはWebsite Planetイチオシのサービスです

HostingerはWebsite Planetで最高評価を獲得しているホスティングサービスで、このランキングで一番安いレンタルサーバーでもあります。業界最低価格で最高のパフォーマンスを楽しめるなんて、夢のようですね。共用レンタルサーバー、メールサーバー、WordPressホスティング、VPS、Windowsベースのホスティング、Minecraftサーバーもあります。様々なニーズに応えているサービスです。独自のコントロールパネルであるhPanelは日本語では利用できませんが、cPanelにも対応しているのはありがたいですね。

共用レンタルサーバーは長期契約に加入すれば月額 $0.99から利用できます。ストレージは10GB、帯域は100GBとなっており、一からサイトを作る場合はかなり高スペックです。

VPSプランは月額 $3.95からで、CPUコアは1個、ストレージは20GB、帯域は1000GBです。

当サイトが行ったHostingerのパフォーマンス検査の結果は完全レビューをご覧ください

A2 Hosting

A2 Hosting homepage
A2 Hostingは安くてエコなのが特徴です

A2 Hostingは共用レンタルサーバー、WordPressホスティング、VPSホスティング、再販ホスティング、専用サーバーなど様々なプランがあります。さらに、環境に配慮することで他社と差をつけています。利用者はホスティングサーバーを見る機会はほとんどありませんから、環境にどのような影響があるか考えることはほとんどないと思いますが、実はかなり悪影響を及ぼしています。そこでA2 Hostingはできる限り効率が良く、コストパフォーマンスも高く、環境に配慮したサーバーハードウェアを採用しています。どのホスティングを選ぶかによりますがA2 HostingではcPanelまたはPleskを利用できます。Pleskは日本語に対応しています。

環境に配慮しているからと言って価格が高いわけではありません。共用レンタルサーバーは月額 $2.49なのでかなり手頃ですね。ここまで安いのにストレージは100GB、帯域は無制限なのはとても優秀です。Hostingerの方が少し安いですが、A2 Hostingも見逃せません。

VPSホスティングは月額 $4.99 からとなっています。アンマネージドホスティングパッケージとしては一番安いプランです(CPUコア1個、帯域は2TB、ストレージは20GB)。遠隔からサーバー全体を自分で構成することになります。マネージドVPSホスティングの方が少し高いですが管理作業はすべてお任せできます。

アンマネージド専用サーバーは月額 $99.59からで、業界全体と比較すると安い方です。

A2 Hostingの長所や短所について詳しくは詳細レビューをご覧ください

SiteGround

SiteGround home page
SiteGroundは以前とはサービスの質が変わってしまいましたが、現在もWordPressホスティングにはおすすめです

SiteGroundはホスティング業界で老舗です。Googleクラウドで構成されているサービスなのでサーバーはレンタルしていません。VPSホスティングは利用できないということです。その代わり、一般的な共用ホスティング、WordPressホスティング、WooCommerceホスティング、クラウドホスティング(普通のホスティングにいくつか追加特典があるプラン)を利用できます。

SiteGroundはSite Toolsという独自のコントロールパネルを提供していますが、cPanelにも対応しています。Site Toolsは英語、イタリア語、スペイン語でしか表示できないので日本語で利用するにはcPanelを選びましょう。

共用ホスティングプランは最初の契約期間は月額 $6.99からなので他社と比べるとやや高いでしょう。更新料金はかなり高くなります。そのため、できるだけ安く利用したい場合は数年分の料金を前払いするのがお得です。スタータープランのストレージは10GBで、帯域は使い放題ですが、サイトのアクセス数は毎月約10,000件までに制限されています。

SiteGroundのWordPress・WooCommerceホスティングプランは共用ホスティングと同じ価格です。はっきり言って名前が違うだけでプランの内容は全く同じです。

他社より少し費用が高めのSiteGroundを利用する価値があるのか、詳細レビューをご覧ください

GreenGeeks

GreenGeeks home page
GreenGeeksは環境に優しいホスティングとサポート体制がとても優秀なのが魅力です

GreenGeeksは比較的小規模な会社で、共用ホスティング、WordPressホスティング、再販ホスティング、VPSホスティングを提供しています。名前の通り、cPanelベースのこのウェブホスティングプロバイダはエコホスティングであるという点でA2 Hostingと似ています。結果的にプランの価格は他社より高いのが残念です。

一番安い共用レンタルサーバープランは月額 $2.49という特別価格となっていて、ストレージや帯域は使い放題です。ただし、一番安い価格で利用するには3年分を前払いする必要があり、更新料金は導入価格の3倍なのでその点を注意しましょう。

GreenGeeksからホスティングサービスを購入すると無料ドメインが付いてきます。

一番安いVPSホスティングプランは月額 $39.95でまあまあ安いと言えます。CPUコアは4個、SSDストレージは50GB、帯域は10TBとなっています。

詳しくはGreenGeeksの完全レビューをご覧ください

ホスティングの選び方・アップグレードのタイミング

あなたにとってそのホスティングが最適化というのはサイトの内容とニーズによりますが、サイトを作って間もない場合は 低価格で高パフォーマンスのHostingerで満足できるはずです。

選ぶ前に他のサービスについて知りたい場合は2021年におすすめのウェブホスティングランキングをご覧ください。

プランに加入した後でニーズが変わった場合はどうすれば良いのでしょう?

アップグレードしなければならないパターンは次の2つです。

  • ストレージ容量や帯域が足りなくなった場合。
  • より高度なホスティング機能が必要だったり、細かく管理したい場合。

ストレージや帯域が足りなくなった場合はホスティングサービスからアップグレードしてくださいという通知が届くはずです。サイトで収入を得られていない場合は別として、リソースが足りなくなった場合はアップグレードするべきでしょう。サイトで収入を得られていなければ、サーバーの使用を最適化する方法を考える必要があります。

ホスティングをより細かくコントロールしたい場合もありますね。例えば、高価格なプランやVPSプランに契約していなければ、どのPHPバーションを動作するか選べない場合があります。PHPバージョンを選びたい場合はアップグレードを検討しましょう。

よくある質問

サイトをホスティングする費用はどれくらい?
サイトのホスティング費用はピンからキリまであります。本当に安くホスティングできることもあります。例えばHostingerは長期プランを選べば月額 $0.99で利用できます。

とても高いレンタルサーバーもあります。例えば、Liquid Webはプレミアム機能が満載でとても優秀なウェブホスティングサービスですが、WordPressホスティングプランは月額 $19.00からとなっています。

おすすめのウェブホスティングサービスの記事で様々なプランをご紹介していますので是非ご覧ください。

サイトを運営するのに毎月いくらかかりますか?
ホスティング費用が月額100~200円程度だとかなり安い方です。レンタルサーバーは500~600円が多いですし、ホスティング会社によっては一番安くても1000円掛かる場合もあります。コーヒー1杯分の価格で1か月間サイトをホスティングできることが分かりますね。

ただし、一番安いホスティングプランを選ぶ場合、1年分の費用を前払いしなければなりません。毎月支払うと数百円高くなったり、2倍も高くなってしまうこともあります。ホスティング企業はできるだけ長期間サービスを利用して欲しいと思っています。ビジネスなのですから長期間利用するお客さんを獲得したいのは当たり前ですね。

どのプランを選ぶにしても、ホスティング契約に加入する際はウェブホスティングのクーポンページをご覧ください。最高の割引情報を頻繁に更新しています。

それに対して、Wixなどのウェブサイトビルダーは無料プランもありますから、無料でサイトを作って公開したい場合に役立ちます。ホスティング費用は掛かりません。ストレージ容量が少なかったり、Wixのブランディングがサイトに表示されるなどのデメリットはありますが、無料なのですから仕方がありません。(他にもおすすめのサイトビルダーをこちらでご紹介しています。)

Googleでサイトをホスティングできますか?
はい。サイトを運営するGoogleのツールは2つあります。

法人向けの大規模なツールは Google クラウドプラットフォームというもので、使う分だけ料金を支払うという形です。このサービスを使ってサイトをホスティングすることはできが、Googleクラウドプラットフォームは大規模で複雑なアプリや法人サイトを作りたいプログラマー向けに設計されているのでそれ以外の利用者にとっては難しすぎるでしょう。

Googleのホスティングは価格を計算しにくいのですが、WordPressサイトなら月額1500~2000円程度でホスティングできると思います。

2つ目のツールは Google サイト (Google Sites)という小規模なサイトビルダーです。 WixSquarespace などの高度なサイトビルダーと比べるとかなりシンプルで、普通のウェブページをアップロードすることはできません。Google Driveとインテグレーションされているのでチームと一緒に編集できるのは便利だと思いますがホスティングサービスではありません。

サイトのドメイン名を取得する費用は?
現在、ドメイン名の平均価格は1500円程度です。.com、.org、.netのドメイン名の平均価格ですが。需要が高いキーワードが含まれているドメイン名だと取得するのに数万円、数十万円も掛かってしまいます。

安いのは「.online」や「.me」というドメイン拡張子で終わるもので、わずか100円から取得できます。ドメイン名のキーワード、登録先によって費用が大きく異なります。

ドメイン名、キーワード、登録方法などについて詳しくはドメイン名の選び方 究極ガイドをご覧ください。

サーバーを自宅で運用する費用はどれくらい?
自宅でサーバーを運用すると電気代だけでなく、時間がかなり掛かり、ハードウェアに何万円も費やすことになります。また、運用方法について調べるのもとても時間が掛かるはずです。

ホスティング会社から専用サーバーをレンタルする方が断然簡単ですが、月額10,000~20,000円程度は当たり前、それ以上高いことも稀ではありません。さらに、サーバーが動作するようにデベロッパーやエンジニアなどを雇う必要もあることを考えると、とても大変です。経費で落とす方が良いですね。

この記事を評価
5.0 2 ユーザーが投票しました

コメントがありますか?

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!