1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

ベン・サリド
2020年9月29日

ホスティング会社が低価格のVPSサービスを提供している場合、2つのパターンがあります。高品質のサーバーに投資して確実なサービスを提供しているサービスは何年も愛用されていますが、古いハードウェアを購入してリソースが少ないような会社は、魅力的な宣伝で利用者を引き込み、短期的にたくさん収入を得ています。このようなケースでは長期的に利用している人は少ないです。

2つ目のアプローチをとっている会社は案外多く、損をするのは利用者です。質の悪いVPSプランだとサイトが遅く、完全に停止してしまうこともあります。サーバーを再開するだけでも数時間かかる場合があります。

今回、多数のVPSプランに加入して検査したほか、業界で トップレベルのウェブホスティングプロバイダを実際に試して 厳しい評価基準を満たせるものを厳選しました。 

基準を満たせなかったものがほとんどでしたが、素晴らしいサービスもいくつか見つかりました。では、価格の裏側に潜んでいる秘密と、あなたにピッタリの手頃なVPSホスティングサービスがどれなのか見ていきましょう。

お急ぎですか? 最も手頃でオススメのVPSウェブホスティングサービスはこちらです。9月 2020 

安くて最高のVPSホスティングサービスを検査したときの注目ポイント

  • 高品質サーバーこれは分かりやすいでしょう。パソコンやスマホのように、高性能なサーバーもあれば、性能が本当に悪いものもあります。IntelやAMDなどの高度なサーバーは、きちんと整備されたデータセンターでホスティングされており、冗長性、サイトの読み込み速度、高い稼働時間を保証しています。
  • 豊富なリソース:サーバーのリソースのうち、VPSは仮想部分で、アクセスできるのはあなただけです。とても小さなVPSを作成することはできますが、全く役に立ちません。以下でご紹介するホスティングサービスは基本的なプランでもストレージ容量が豊富でRAMもCPUも充実しています。
  • スケーラビリティ:VPSで一番重要なのは、ニーズに合わせてマシンをいつでもアップグレードできることです。しかし、会社によっては簡単にアップグレードできないこともあります。この記事でご紹介するサービスなら停止せずに簡単にVPSをアップグレードできます。
  • マネージドサポート:共有ホスティングと比べ、VPSはセットアップと管理が大変です。最高のプロバイダは何をすればいいのか分かりやすく教えてくれたり、管理されているサービスを提供しているので利用者自身が管理しなくて済みます。ただ、マネージドサポートにはそれぞれ違いがあるので、ホスティングプロバイダごとに何を期待できるか詳しくご説明します。
  • 価格:これは難しいですね。毎月数ドルで利用できたとしても、リソースが少なくてサポートも利用できないような質の悪いプランだと、安くても意味はありません。また、サイトの利用者から遠く離れたデータセンターにホスティングしていると快適に利用できません。この記事でご紹介するサービスは低価格なだけでなく、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

1. InterServer:アメリカで高パフォーマンス。WordPressを簡単インストール

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

知名度は低いですが、 InterServerのVPSプランはかなりパワフルです。最先端のデータセンターはアメリカの西海岸と東海岸に位置しているので、アメリカの利用者が快適に利用できます。ヨーロッパの利用者でも読み込み時間は許容範囲内でしょう。

クーポンコード「WEBSITEPLANET」をご利用いただくと、共有ホスティングまたはVPSホスティングの最初の1か月がわずか$0.01でご利用いただけます。期間限定キャンペーンなので 今すぐこちらからInterServerにお申し込みください。

VPS構成は16種類あり、マネージドサポートは一番基本的な3つの構成以外すべてのプランで利用できます。セットアップの段階でOSを選択でき、cPanelまたはDirectAdminなどのホスティングコントロールパネルも選べます。InterServerのマネージドサポートにはOSやコントロールパネルの再インストールやサーバーの誤動作の修復が含まれます。

InterServerのサービスの魅力の一つはWordPressサイトをとても簡単に公開できることで、共有ホスティングの自動インストーラと同じくらい簡単です。Webuzoツールを使えば素早く新しいサーバーを構成でき、必要な依存関係を自動的にインストールできます。技術に詳しくなくても約20分ですべて完了しますし、何があってもサポートは24時間年中無休で利用できるので安心できます。

  • スライスごとのVPS:InterServerは基本的なVPSユニットをスライスと呼んでいます。1つのスライスにつきCPUコアが1つ、RAMが2GB、SSDが30GB、帯域が2TB含まれます。スライスを増やすことでよりパワフルな構成になり、最大で16個のスライスが可能です。
  • スピードを向上するサーバー技術:Webuzoを使うことでNginxウェブサーバー、XCacheキャッシングツールなどの最新のウェブ技術をVPSに素早く構成できます。これらを組み合わせることでより素早いサイトの読み込みを実現できます。
  • 遠隔バックアップ:VPSへのローカルバックアップはいつでも実行できますが、遠隔ストレージソリューションも合わせて使用することで安心できます。毎月低価格でInterServerのクラウドソリューション専用のバックアップストレージを利用できます。
  • 稼働率99.9%保証:これはSLA(サービスレベル合意書)に含まれています。InterServerの稼働率が99.9%未満になったら月額料金の最大50%が返金されます。100%返金してくれた方が良いですが、10%しか返金してくれない会社もあるので、まあまあでしょう。

機能について詳しくはInterServerの詳しいレビューをご覧ください。

A2 Hosting:軽量なサイト向けの一番安いVPSサービス

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

A2 Hostingはミシガン州、アリゾナ州、アムステルダム、シンガポールに4つのデータセンターがあり、優れたVPSサービスを提供しています。プランは稼働率99.9%保証がありますし、「いつでも返金保証」もあります。

価格設定は少し分かりにくいのでご説明しましょう。プランにはアンマネージドVPS、マネージドVPS、コアマネージドVPSがあります。マネージドとコアマネージドは同じ価格で利用できますが、コアプランはサーバーへのルートアクセスも提供しているという違いがあります。この記事でご紹介している他のホスティングサービスはルートアクセスを提供しています。自分でサーバータスクを実行する場合に備えて、ルートアクセスが可能なプランを選ぶと良いでしょう。

アンマネージドプランを選んだ場合、現在利用可能なVPSプランの中で一番安いサービス[/VendorExternalUrl]を利用できます。基本的なアンマネージドVPSプランはアクセス量の少ない基本的なサイトなら大丈夫ですが、それ以上のサイトには向きません。それでもアンマネージドで十分か確認するのにはちょうどいいと思います。アンマネージドVPSをセットアップしたりメンテナンスしたりする方法を習得すれば、長期的にかなり節約できます。

  • リソース:アンマネージドサーバーは完全にカスタマイズできます。マネージドVPSプランは3種類あり、CPUコアは4~8個、RAMは4~8GB、SSDは75~150GBとなっています。全体的にA2 Hostingの強力な機会は中規模のプロジェクトに向いていて、人気サイトをホスティングするには向きません。
  • マネージドVPS:このサービスにはcPanelコントロールパネル、セキュリティパッチのほかに、セットアップ、アップデート、サーバーのメンテナンスの24時間年中無休サポート付きです。
  • ターボブースト:マネージドVPSプランもアンマネージドVPSプランもA2 Hostingのターボサーバーにアップグレードできます。この種類のサーバーは利用者が少なく、パフォーマンスの最適化機能付きです。このような後押しはありがたいですが、価格を検討するとアップグレードする価値はあまりないかもしれません。
  • いつでも返金保証:A2 Hostingではいつでもホスティング契約をキャンセルして、使っていない分の料金を返金してもらえます。他社のように30日など返金保証の適用期間に制限がありませんから、長期契約に加入することで一番節約できます。

詳しくはA2 Hostingの詳しいレビュー.をご覧ください。

3. Kamatera:国際クラウドを展開している企業レベルのサービス

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

Kamateraのサイトはホスティングサービスを提供しているようには見えないかもしれません。Kamateraは「パフォーマンスクラウド」というブランドを展開しており、アメリカ、カナダ、イギリス、オランダ、ドイツ、イスラエル、香港など13個以上のデータセンターを運営しています。

この国際的なインフラは様々な方法で利用できますが、今回注目するのはVPSですね。普通のサイトだけでなく、アプリケーションサーバーや企業のウェブサービスなど、Kamateraのクラウドサーバーなら安心して任せておくことができます。価格はそのままで定期的にハードウェアをアップグレードしているので時代に取り残されません。

唯一の問題点は、販売ではなく機能性を優先していることです。きれいなグラフィックス、派手なインターフェイスはありませんし、長期契約に加入しても割引はありません。しかし、このサービスは手頃な価格でパワフルでスケーラブルなサーバーを提供していますし、簡単に管理できるようにcPanelまたはPleskを利用できます。一番重要なところに力を入れているのは良いと思います。

  • リソース:CPUのコアは1~32個、RAMは1~132GB、SSDストレージは20GB~1TBから選べます。コストは毎月ではなく時間単位で計算するため、自由自在に変更でき、すぐに反映されます。
  • 30日間無料トライアル: 完全に無料なので、契約に加入したりお金を払ったりしなくても試せます。そのため、KamateraはVPSを利用したいけどまだ迷っているという方も安心して試せます。トライアルアカウントを開いてサーバーを動作させた後で利用を続けるか決めれば良いだけです。
  • 国際的な展開:Kamatera、FastComet、A2 Hostingは今回ご紹介したホスティングサービスのうち、アジア市場でサービスを展開している唯一の会社で、Kamateraは中東にも対応しています。このような地域の利用者向けのサイトを運営するならKamateraをお選びください。
  • フルマネージドサービス:追加料金が掛かりますが、サーバーのセットアップから完全なシステム構成とメンテナンスが含まれています。Kamateraの基本的なプランはこのランキングでも安い方ですが、このサービスを選ぶとコストが大幅にかかってしまいます。このサービスに慣れてきたらサービスから外せるので試してみる価値はあるかもしれません。

エキスパートの意見を知りたい方はKamateraの完全レビューをご覧ください。

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

ウェブホスティング業界で20年以上も活動を続けているLiquid Webは高性能で機能満載のVPSプランを提供していることで有名です。価格は少し高く見えるかもしれませんが、 Liquid WebのVPSプラン にはコントロールパネルのライセンス、スタッフによる24時間年中無休のモニタリング、ファイアウォールおよびセキュリティサービス、Cloudflare CDN、DDoS対策が含まれているので価格に納得できるはずです。

他のホスティング会社だとれらの機能に手数料が掛かります。基本的なプランにこれらを追加すると、Liquid Webの方が安いということに気付くはずです。さらに、サーバーセットアップからインストール、継続的な管理まですべて含まれている完全マネージドサービスですから、かなり魅力的です。

また、24時間年中無休体制のサポートは電話での問い合わせに59秒以内に対応すると保証しています。最高のサービスを探している方、サーバー管理をできるだけ任せておきたい方はLiquid Webをご検討ください。

  • VPSプラン:Liquid Webは使いやすさを優先しているため、細かくカスタマイズすることはできません。4つのプランが用意されていて、一番基本的なプランはCPUコアは2つ、RAMは2GB、SSDストレージは40GBとなっています。一番高価格なプランだとCPUコアは8個、RAMは16GB、SSDは200GBです。
  • 3つのデータセンター:アメリカには2つのデータセンターがあります。ミシガン州とアリゾナ州のほかに、オランダのアムステルダムのデータセンターも利用できます。独立審査のベンチマークによると、Liquid Webのサーバーはスピードの観点ではAmazonのクラウドインフラにも勝る優れた性能だということが確認されています。
  • 追加サービス:遠隔のオフサイトバックアップ、追加のクラウドストレージ、VPNファイアウォールなどは追加料金を支払えば利用できます。
  • 返金保証なし:あると良いのですが、残念ですね。1年契約、2年契約はキャンセルできませんから、使い始めるときには1か月契約から始めましょう。ニーズに合っているか確認してから長期契約に切り替えると良いでしょう。

加入する前にあなたのニーズに合っているか確認するならLiquid Webの詳細レビューをご覧ください。

5. FastComet:オセアニアと東アジアをカバーしている唯一のホスティングサービス

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

FastCometのVPSサービスはLiquid Webのサービスと似ています。 FastCometは4種類のVPSプランしか提供しておらず、すべて完全にマネージドプランです。この会社もできるだけ選びやすく、使いやすいように設計されています。

FastCometとLiquid Webの違いは、データセンターの位置です。アメリカとヨーロッパのほかに、FastCometはシンガポール、ムンバイ、東京、シドニーにもデータセンターがあります。

国際的なインターネットインフラの関係で、日本とオーストラリア以外からこの地点のサーバーにアクセスしようとすると読み込み速度が非常に遅いということが知られています。日本の利用者向けのサイトを公開する場合、一番速いのは間違いなくFastCometです。

  • 4つの分かりやすいプラン:基本的なVPSプランはCloud 1という名前で、CPUコアが1つ、RAMは2GB、SSDストレージは50GBとなっています。一番高価格のプランはCloud 4で、CPUコアは6個、RAMは16GB、SSDは320GBです。
  • フルマネージドサービス:FastCometは完全にサーバーを管理してくれますし、24時間年中無休対応のサポートスタッフはあなたのニーズをしっかり理解してそれに応じてサーバーをセットアップします。また、定期的に最適化やアップデートも行ってくれます。
  • 国際的な展開:アフリカと南アメリカ以外でサービスを展開しているFastCometは、日本とオーストラリアにオススメの唯一のVPSホスティングサービスです。
  • 7日間返金保証:Liquid Webは返金保証がないのに対して、FastCometは7日間カバーしてくれますが、業界標準は30日間ですからもう少しと言うところでしょうか。1週間賢く利用して、返金保証期間が終わってしまう前に、長期的に利用するか判断しましょう。

詳しくはエキスパートのFastComet詳細レビューをご覧ください。

6. Scala Hosting:手頃なフルマネージドホスティングで、ニーズに合わせた仕様をセットアップ

安くて安定したVPSホスティングサービス 6選

このホスティングサービスはテキサス州が本拠地です。ダラスとブルガリアの首都ソフィアにデータセンターがあり、北アメリカとヨーロッパにサイトの利用者がいる場合に適したサービスです。いずれかのデータセンターでVPSマシンをプロビジョニングし、マネージドまたはアンマネージドから選択できます。

どちらを選んだとしても、ニーズに合わせた仕様にVPSをカスタマイズできます。CPUコア、RAMメモリー、SSD容量(またはより低価格のHDD)を選べますし、スケールアップ、スケールダウンも自由にできます。専門スタッフによるモニタリング、自動バックアップ、高速化機能など様々なアドオンサービス(有料)も利用できます。

Scala HostingのマネージドVPSプラン はアンマネージドプランより少し高価格ですが、私としてはマネージドの方が明らかに良いと思います。Scala Hostingの24時間年中無休のマネージドサービスは、セットアップから最適化までサーバーを完全に管理してくれるだけでなく、毎日の遠隔バックアップ、独自のコントロールパネルやセキュリティツールも含まれています。

  • 完全にカスタマイズ:CPUコアは1~24個、RAMは2GB~32 GB、SSD容量は50GB~500GBから選べます。コストを削減したい場合は、SSDではなくHDDストレージを選び、様々なメディアファイルに使いましょう。
  • SPanel:Scala HostingはVPS用に独自のコントロールパネルを開発しており、業界のリーダーであるDirectAdminやcPanelに対抗しています。すっきりして使いやすいだけでなく、他のパネルよりかなり安いという特長があります。複数のアカウントを使用する場合、SPanelならアカウントを追加してもコストは高くなりません。これはcPanelより魅力的でしょう。
  • 30日間返金保証:VPSプランはすべてしっかり返金保証付きです。初めてScala Hostingを利用する場合は最初の1か月以内に返金をお願いすると無条件で全額返金してもらえます。
  • 稼働率99.9%保証:Scala Hostingは稼働率99.9%を下回った場合、ダウンタイムが0.1%増えるごとに10%のクレジットを提供してくれます。つまり、99.8%だと10%、99.0%以下になると100%返金してくれます。品質を優先しているのは明らかですね。

詳しくは Scala Hostingの詳細レビューをご覧ください。

地域と時間の余裕を判断基準に

ホスティングサービスを選ぶ準備はできましたか? まず、サイトの利用者がどこにいるのかじっくり考えましょう。サイトの利用者がいる場所にできるだけ近いところにデータセンターがあるホスティングサービスを選ぶのが大切です。

InterServerとA2 Hostingで迷っている場合、サイトの利用者がアメリカ沿岸部にいるなら InterServer の方がパフォーマンスが良いでしょう 。 

コストパフォーマンスの面では Scala Hosting の方が優秀です。Scala Hostingが独自に開発したコントロールパネルを使えば本当に簡単にVPSを管理できますし、ほかのホスティングサービスが提供しているパネルより断然低価格です。

VPSの管理に時間を掛けたくないという方は Liquid Web または FastComet をご利用ください。この2つのサービスは少し高めですが、ほかのホスティングサービスより効率よく利用できます。

詳しくは 最高のウェブホスティングサービスランキング をご覧ください。

それでも迷っている方は下の比較表を参考にしてみてください。

種類データセンター返金保証
InterServerアンマネージド、マネージドアメリカ30日間
A2 Hostingアンマネージド、マネージドアメリカ、オランダ、シンガポールいつでも使用量に応じて返金
Kamateraアンマネージド、マネージドアメリカ、カナダ、イギリス、オランダ、ドイツ、イスラエル、香港30日間無料トライアル
Liquid Webマネージドアメリカ、オランダ返金保証なし
FastCometマネージドアメリカ、カナダ、イギリス、オランダ、ドイツ、シンガポール、東京、インド、オーストラリア7日間
Scala Hostingマネージドアメリカ、ブルガリア30日間
この記事を評価
4.6 31 ユーザーが投票しました

コメントがありますか?

必須項盬"Campo richiesto" Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低100文字です
0 文字中 100 文字

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!