1. WebsitePlanet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. Wix eコマースのレビュー│ネットショップにおすすめ? 2021年

Wix eコマースのレビュー│ネットショップにおすすめ? 2021年

Ezequiel Bruni Ezequiel Bruni 2021年9月16日
2021年9月16日

「ネットショップを作成して商品を販売したいけど、専門知識がない!」Wixはそんなあなたに役立つサービスです。詳しく検証していきましょう。

ドラッグアンドドロップ形式でサイトを作れるWixは、便利な無料プランがあり、実はECサイトの作成も可能です。使いやすく、自由にサイトを作れるため、競争の厳しい世界でも中小企業の経営者が成功していくために役立ちます。初心者向けでありながらも、かなり高性能です。

この記事のタイトルから予想できると思いますが、今回はWixのeコマースプランについて深く掘り下げていきます。ECサイトを制作するのにWixは本当におすすめでしょうか? 他のサイト制作ツールのeコマース機能と比較するとどうでしょう? また、Wixのネットショップ機能はどのような人におすすめでしょうか?

以上のような質問にお答えするため、eコマースに関連する機能や特長を徹底的に検証していきます。さっそく始めましょう。

特長

率直に言いますが、Amazonのような大規模なオンラインショップを制作したい方にWix Storesはおすすめしません。一方、シンプルなECサイトを作るのであれば、Wixは必要な機能をすべて提供しています。

まず、当たり前ですが、ECサイトに製品を追加・削除するという最低限の機能があります。写真をアップロードし、商品名や説明を入力し、価格を設定するだけなのでかなり簡単です。また、すでにECサイトが完成している場合は.csvファイルから製品情報をまとめてインポートすることもできます。

wix store
Wix Storeに商品を追加するのはとても簡単です。

しかし、これだけでは優れたECサイトビルダーとは言えません。実は、Wixにはありとあらゆるeコマース機能があるのです。きれいなECサイト向けテンプレートから在庫管理ツール、多言語サイトや複数の支払い方法への対応、カゴ落ちの復元まで、さまざまな機能が利用できます。

業界最高のeコマースプラットフォームではありませんが、ほとんどのユーザーが満足するオプションやツールが用意されています。

説明するだけでは信じていただけないかもしれませんね。実は、Wixの無料プランでも一部のECサイト向け機能を試してみることができます。ただし、支払いを受けるには最低でもビジネスプランにアップグレードする必要があるので、その点だけご注意ください。

以上を踏まえたうえで、機能や特長について詳しく見ていきましょう。

テンプレート

Wix900種類以上のテンプレートがあり、さまざまなスタイルを網羅しています。少し時代遅れなデザインもいくつかありますが、全体的に魅力的なデザインが豊富です。また、すべてのテンプレートでWix Storeアプリを利用できます。100種類を超えるECサイト向けテンプレートにはStoreアプリがインストールしてありますが、Storeアプリは他のテンプレートでも利用できるのです。

サイトの制作を始めた時点でeコマース用テンプレートを選ばなかった場合、Wix Storeはアドオンとして後からサイトにインストールできます。

つまり、ECサイトではなく、普通のサイトを制作してから「商品を売りたいな」と思ったら、WixアプリマーケットでWix Storeアプリをインストールすれば良いわけです。ほんの数分で完了しますし、インストールが完了したら、ホームページはECサイトに様変わりします。ドラッグアンドドロップエディタで自由に編集でき、編集画面に表示されたサイトがほぼそのまま訪問者に表示されます。

テンプレートはすべて自由にカスタマイズでき(詳しくはWixの完全レビューをご覧ください)、モバイルにも対応しています。

screenshot_20210622_183553
Wixは多数のECサイト向けテンプレートがありますが、普通のテンプレートでもネットショップを制作できます。

ちなみに、メディアライブラリにはUnsplashのストック画像が100万件以上もあります。ストック画像を商品ページに使用するのはおすすめしませんが、サイトの他の部分で使用したい場合に役立ちます。

eコマースツール

Wixではネットショップ自体の管理だけでなく、在庫管理も可能です。製品のバリエーションもアップロードでき、例えば、同じデザインで色違いのTシャツを売ることができます。WixストアだけでTシャツを販売することもできますが、AmazonやeBayなどのマーケットプレイス、インスタグラムなどのソーシャルメディアと連携して販売することも可能です。

wix2
Wixで複数の販売経路を設定できるのはとても便利です。

海外のお客さんに販売することもできます。多言語サイトを作成でき、複数の通貨で支払いを受けられるのです。通貨換算ツールが搭載されているので、現地の通貨で値段を表示できます。

毎月新しいデザインのTシャツを定期販売するサービスをお考えですか? 斬新なアイデアですよね。サブスクリプション形式のサービスを提供し、定期的に支払いを受けることもできます。1回限りの支払いから定期的な支払いにワンクリックで切り替えることができます。

もちろん、Wixでカスタムドメインを取得するか、他のドメイン登録サービスでドメインを購入して、Wixサイトで使用することもできます。

支払い方法に関して、PayPalStripeなど50種類以上の決済サービスで支払いを受けることができます。デビットカードやクレジットカード、PayPalの他に、Afterpay、Affirm、Laybuyなど、「今すぐ購入、後で支払い」が可能なサービスにも対応しています。

wix3
Wixは国によって複数の決済サービスを提案してくれます。

支払いの途中でカゴ落ちするお客さんもいますよね。リマインダーとして、カゴ落ちを復元するメールを送信できます。

配送オプションも豊富に用意されており、直接配達、通常配送、店頭での受け取りに対応しています。また、自分で在庫を仕入れたくない場合はドロップシッピングも利用できるので、倉庫の管理や在庫分の支払いは不要です。

さらに、お客さんのプロフィールからそれぞれの好みを把握し、より良いマーケティング方法を考えることができます。ただ、Amazonのやり方は見習わない方が良いでしょう。Amazonは最近買ったのと全く同じ商品を宣伝してくるからです。効果的ではありませんから、反面教師として捉えましょう。

プログラマーに朗報です。Wix StoreアプリはAPIがあるので、独自に開発したアプリやインターフェースで商品や注文を管理できます。Wixは意外にもプログラマーに役立つ部分があるのです。

eコマースダッシュボード

1つの画面で全機能を利用できたら便利ですよね。Wixのダッシュボードはシンプルで、ネットショップの状況を一目で把握し、改善点を見極めるために役立ちます。

ネットショップを作成し始めるとセットアップガイドが表示され、支払い情報や配達地域、商品など基本的な設定を行えます。

私がWix Storesを利用した時、ダッシュボードはかなり便利だと思いました。

wix4
Wix Storesのアプリには便利なダッシュボードがあります。

ダッシュボードではECサイトのアクセス解析や売り上げレポートも閲覧できます。誰が何を購入したか、購入額が高いお客さんはどこにいるか、最も人気の商品はどれかを調べることができるスグレモノです。

ECサイトの経営に関して判断する時、ダッシュボードの情報が頼りになります。

eコマースアプリ

Wixの機能だけでは物足りない場合、Wixは独自アプリやサードパーティのアプリを数百種類用意しているため、サイトの機能性を拡張できます。eコマース関連のアプリは50種類以上あります。

wix5
Wixはeコマース専用アプリが50種類以上あり、それ以外のアプリも数百種類あります。

配達サービスからPayPal・Stripeのボタン、Quickbooksとの連携、オンライン講座の作成・販売など、多種多様なアプリが用意されています。Skillshareで手数料を引かれずにオンライン講座を作りたい場合はWixがおすすめです。

ビジネス・マーケティングツールを搭載

サイトのマーケティング、リード獲得、売り上げアップに関する機能がたくさん用意されています。例えば、Wixで基本的なメールマーケティングキャンペーンを実施するのは簡単です。特定の商品に関するメールキャンペーンを商品ダッシュボードから素早く送信できる仕組みになっています。

wix6
Wixはきれいなメールテンプレートの作成を手伝ってくれます。

WixにはSEOツールも満載です。Wix SEO Wizは機械学習を活用して自動的に検索エンジン最適化戦略を生成してくれます。

Facebook広告と連携できるため、Facebookで商品を販売するのに役立ちます。

商品のプロモビデオを自動で生成するツールもあります。アップロードした製品画像とそれに合った音楽で短い動画クリップを作る機能です。

もちろん、ビジネスサイトには何らかのブログが必要です。Wixのブログ機能は多機能なので、ビジネスの最新情報を発信するために役立ちます。

使いやすさ

Wixは全体的にとても使いやすいサービスです。初めてサイトを作成する場合は習得するのに少し時間がかかるかもしれませんが、Wixは他社サービスよりかなり使いやすく、柔軟に編集できる点も妥協していません。

サイトの作成だけでなく、ネットショップの管理も行う場合は手間がかかりますが、Wix Storesを使えば容易にECサイトを作成できます。

作業効率化に役立つ機能をご紹介しましょう。

自由に編集できるドラッグアンドドロップエディタ

ECサイト制作の難易度はサイトの編集ツールに左右されますが、Wixのサイトエディタは他社より自由度が高いのが特徴です。ドラッグアンドドロップ形式で要素をページに追加、移動できます。

wix-e-commerce-review---ezequiel-8
ドラッグアンドドロップエディタでECサイトのデザインを編集・プレビューできます。

テキスト、画像、フォーム、動画など、要素を自由自在にページに追加でき、サイト全体のフォントや色を素早く変更してテンプレートをカスタマイズすることも可能です。

Google Workspace

サイトにはドメイン名を含むメールアドレスが必要ですね。例えば、URLが「myironicshirts.com」なら、メールアドレスは「[email protected]」が良いでしょう。Wixはメールサービスを提供していませんが、追加料金を支払えばGoogle Wordspaceからカスタムドメインのメールアドレスを取得できます。

Google WordspaceはWixに連携されていますから、ドメインを含むメールアドレスの設定は簡単です。ほんの数回クリックするだけで完了します。

Wix ADI

Wix ADIとは、サイトの目的や機能についていくつか質問に答えるだけで、サイトをデザインしてくれるツールです。このツールも機械学習を採用していますが、AIと言えるほど賢くはありません。

イメージ通りにサイトを作成したい場合はWix ADIではなく、手作業で作成する方が効率的です。しかし、5~30分程度でネットショップを公開したい場合はWix ADIに任せると良いでしょう。少なくとも、サイトの構造は完成します。

eコマースのプロに依頼する

Wixから直接プロに依頼してECサイトの作成を手伝ってもらうこともできます。この有料サービスは試しませんでしたが、時間がない場合は利用する価値がありそうです。

サイト制作をプロに任せられるので、時間を節約でき、効率的です。製品の販売に時間を回すことができますね。

アドバイス:Wixでプロに依頼するのはかなり高価格ですから、Fiverrのウェブデザイナーを検討すると良いでしょう。2,200円以下でWixのカスタムストアを制作してもらえます。

サポート

Wixのサポートは対応がかなり良いのですが、問い合わせ方法を見つけるのは大変です。ヘルプセンターにはアクセスしやすく、サポート記事が豊富に用意されています。テクニカルガイドはかなり詳しいため、基本的な質問はヘルプセンターで解決できるはずです。

しかし、サポートスタッフとやり取りするには3つのことを行う必要があります。

  1. ログインした状態で、サポート記事を読み、質問の答えが分からないことを確認する。
  2. 記事の一番下で「お役に立ちましたか?」という質問に「いいえ」と答える。
  3. チャットボットに質問を説明し、それでも解決できなければスタッフに質問するオプションを選ぶ。

電話でコールバックしてもらうか(チャットボットに電話番号を知らせる必要があります)、メールチケットで質問できます。電話のコールバックサービスは日本時間で平日の午前8時~午後5時に対応していてメールより素早く対応してくれます。

私が利用した時の体験を書きますね。

電話

Wixで「.store」「.monster」「.link」という珍しいドメインを取得できるか質問してみました。

電話は約1分でかかってきました。サポートスタッフは親切で丁寧に回答してくれたので、ほんの数分で質問の答えが分かりました。ヘルプセンターには取得できるドメイン拡張子の一覧があることが分かり、珍しいドメインが欲しい場合は他のドメイン登録サービスで取得する必要があるそうです。

メールチケット

チャットボックスからメールを2回送信しました。

まず、MailchimpではなくAWeberSendinblueなどのメールマーケティングサービスと連携すできるか質問したところ、1時間で丁寧に回答してくれました。1時間かかったのは素晴らしいとは言えませんが、メールサポートとしてはまあまあ良いでしょう。他社だと回答に数日かかることもあったからです。

wix8
サポートは比較的短時間で詳しく回答してくれました。

次に、技術的な質問を投げかけてみます。すべてのサイトがコンテナ化されているのか、DDoS攻撃などの対策はあるのか聞いてみたのです。他のWixサイトがハッキングされたり、アクセス数が急増したりした場合、私のサイトが影響を受けるかという質問でした。

今回は営業時間外にチケットを送信したため、返信に少し時間がかかりました。8時間後、以下のメールが届きました。質問に直接答えてくれたわけではありませんが、必要な情報が含まれていたので良いでしょう。

wix9
Wixはセキュリティ対策に力を入れているようです

価格

Wixeコマースプランはかなり手頃でしょう。毎月の純利益が10,800円以上であれば、一番高価格のプランを選んでも黒字になります。

wix logo alt

WixのComboプランを33 %オフで

Sign up for two years with Wix and get 33 % off the total cost!

3901 のユーザーがこのクーポンを利用しました

Wixのeコマースプランは3種類あり、一番安いビジネスプランは月額換算1850円以下です。利用期間分の料金が一括払いで請求されます。他にもビジネスプラスプランとビジネスVIPプランもあります。

eコマースプランは以下の機能が共通しています。

  • お客さんがアカウントを作成
  • カスタムドメイン(最初の1年間は無料)
  • 3,200円相当の広告クーポン(Google AdsやBing Adsなどに)
  • 商品数が無制限
  • カゴ落ちしたお客さんへメールを自動送信
  • SNSでの販売

ビジネスプラスプランを選ぶと以下のような機能も利用できます。

  • 複数の通貨で販売
  • 消費税計算の自動化(制約あり)
  • Amazonなどのマーケットプレイスでの販売
  • 配達の詳細オプション
  • サブスクリプションや定期払い

ビジネスVIPプランにアップグレードすると以下のような機能も利用できます。

  • Smile.ioによるロイヤルティプログラム
  • Modalystによるドロップシッピング(商品数は無制限)
  • カスタムレポート・解析情報

プランはすべて低価格で、Wixのプランは14日返金保証付きなので、満足できなければ返金してもらえます。理由を聞かれることはありません。

Wixと競合他社を比較

eコマースプランを提供している他のサイトビルダーとWixを比較するとどうでしょうか? Wixはかなり優れていることが分かりました。

Squarespaceの方が効率が良いと思いますが、Wixは多数のサードパーティツールと連携できます。Wixはアプリが豊富でマーケティング機能も多いので、Squarespaceよりわずかに優れていると思います。

WeeblySquarespaceと同じでしょう。ただし、Weeblyの方がかなり安く、eコマースプラットフォームは無料プランでも利用できます(アメリカのみ)。

Shopifyeコマースが専門ですから、さすがにWixは対抗できません。ネットショップを作成するならShopifyの方が圧倒的に優れていますが、Shopifyだとネットショップと普通のサイトを両方作成することはできません。他のサービスと併用することになります。

WordPressWixの最大のライバルだと言えますが、いくつかプラグインをインストールする必要があります。レンタルサーバーに加入しなければならないWordPress.orgは、デフォルトでeコマース機能が搭載されていません。WordPress.comはレンタルサーバーなしで利用でき、支払いを受けることもできますが、ネットショップ作成のすべてのニーズに応えることはできません。

しかし、両方ともWooCommerceやJigoshopなどのECサイト用プラグインを利用できます。プラグインを利用すれば、自由自在にデザインでき、機能もカスタマイズできますが、プログラマーでなければ難易度は高めです。

また、BigCommerceVolusionも検討する価値があります。どちらも素晴らしいサービスですが、Wixや前述のプラットフォームは個人向けサービスなのに対して、BigCommerceとVolusionは企業向けサービスだということに注意しましょう。

Wix Squarespace Weebly Shopify WooCommerce
最低価格(ドル・月額換算) 1900円以下 $18.00 $0 $29.00 $25.00
eコマーステンプレート 100種類以上 5種類以上 15種類以上 60種類以上(うち9種類は無料) 25種類以上(3種類は無料
商品数が無制限
マーケティングツール
配達オプション(込みまたは割引)
チーム向けアカウント
日本語で利用可能

WixとWix Storeアプリは、シンプルできれいなサイトを作成し、商品を販売したい人におすすめのサービスです。無料プランで試して、サービスに満足できるか確認し、準備ができたらアップグレードできます。中小企業が満足できるeコマース機能があり、やや大規模な企業にも十分かもしれません。

また、副業としてネットショップを始めたい方や、異なる製品を販売するために複数のECサイトを運営したい方にも良いでしょう。

他社サービスと比較してから選ぶには2021年におすすめのホームページ作成ソフトをご覧ください。Wixはランキングトップに輝いています。

よくある質問

Wixのeコマースプランの料金は?ビジネスプランは月額換算で1,850円以下です(1年分の料金を一括払いで請求されます)。ECサイトを運営できる一番安いWixプランで、ネットで商品を販売し始めるのに必要な機能が満載です。 他のプランも低価格です。高度な機能が必要になったころにはネットショップからたくさん収入を得ているはずですから、アップグレードはとても安いと感じるでしょう。しかし、さらに低価格で始めることもできます。こちらのクーポンページでお得な情報をご覧ください。Wixのeコマースプランは安全ですか?他のサイトビルダーやオンラインショップビルダーと同じくらい安全です。Wixはこの種のサービスで標準的なセキュリティ技術を採用しています。完璧なシステムというものは存在しませんが、Wixはセキュリティに力を入れています。それ以上のことは期待できません。Wixのeコマースプランはの特長は?ビジネスプランからビジネスプラスプランなどにアップグレードすると、複数の通貨での販売、消費税計算の自動化、Amazonなど他のマーケットプレイスでの販売、ロイヤルティプログラムなど様々なことができるようになります。 ただし、ネットショップを始めて日が浅い段階ではこのような機能は必要ないはずです。また、デジタル商品だけを販売するならアップグレードする必要はありません。一番安いプランで十分だと思います。WixはECサイトの作成に適したサービスですか?はい。Wixはあらゆる製品を販売するために役立つ多機能でパワフルなサービスです。ECサイトだけ作成したい場合は、Shopifyの方がおすすめですが、それでもWixは検討する価値があります。 Wixと他のサイトビルダーを比べたい方は2021年におすすめのサイトビルダーをご覧ください。

この記事を評価
4.1 40 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。 Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低10文字です

コメントがありますか?

レビューに返信
%s件の返信を見る
View %s reply

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

232433
100
5000
85430