当サイトには、提携サイトへのリンクが含まれています。当サイトのリンクをクリックして提携サイトで製品を購入した場合、当社はアフィリエイト報酬を受け取ります。詳しくはこちら。アフィリエイトプログラムへの参加が当サイトのレビューに影響を与えることはありません。
  1. WebsitePlanet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. Java対応!2021年おすすめのレンタルサーバー 5選

Java対応!2021年おすすめのレンタルサーバー 5選

ベン・サリドベン・サリド

無料で使えるJavaに対応したレンタルサーバーではあまりたくさんのことはできません。安くて高品質のホスティングを選んだ方が良いでしょう。もちろん、無料サービスより、有料でも安いレンタルサーバーの方が性能は良いですが、安いサーバーがすべてJavaベースのアプリを実行するように最適化されているわけではありません。落とし穴はたくさん潜んでいるのです。

しかしこの記事を読んでいるあなたに失敗はさせません。機能、パフォーマンス、価格をバランス良く提供しているのはどのサービスか、Javaが使える高性能なレンタルサーバーを調査しました。

実際にサービスに登録して試してみた結果、本当に優秀なサービスがいくつかあることが分かりました。有名企業の安いプランだと、WordPressサイトも実行できないこともありますが、そのようなサービスはもちろんおすすめしません。高パフォーマンス、低コスト、Java対応のレンタルサーバーのうち、最高クラスのものを厳選しました。選ぶ際に参考にしてみてください。

お急ぎですか? 6月 2021年におすすめのJava向けレンタルサーバーはこちらです!

  • Hostinger– 安いプランがあり、Javaに関する詳しいサポート記事が多いので安心して利用でき、バックアップや優先サポートなどのアドオンも。
  • InterServer– 柔軟にVPSを構成でき、手頃な価格。アメリカと西ヨーロッパのパフォーマンスは抜群。
  • Hostwinds– アメリカ、ヨーロッパ、アジアでおすすめのプランが豊富。技術に詳しいデベロッパー向け。
  • 他にも2つのオススメサービスをご紹介
  • 比較表
  • よくある質問

Javaが使えるおすすめのレンタルサーバー・評価項目

  • リソースが多い。
    Javaはメモリをたくさん必要とすることで知られていますから、RAMが十分あるプランを選びましょう。また、ストレージと帯域も十分確保したいですね。
  • JavaとJVMに対応。
    JavaのプログラムはアプリであれWebサーバーであれ、Java仮想マシン(JVM)で実行されています。このランキングのレンタルサーバーは完全ルートアクセス付きのVPSプランなので、Javaをきちんとインストールして構成できます。
  • 簡単にスケーリングできる。
    比較的ベーシックなJava用レンタルサーバーから利用を開始してもOKですが、プログラムが複雑化していくとスケールアップする必要が出てきます。ワンクリックで簡単に、パワフルな構成にできるレンタルサーバーをご紹介します。
  • 追加特典。
    おすすめのJava用レンタルサーバーはグローバルCDN(コンテンツデリバリネットワーク)でスピーディーなデリバリを実現したり、冗長性を追加するためにバックアップしたり、ハッキング対策、DDoS(分散サービス妨害)対策などを提供しています。
  • 費用。
    Java向けレンタルサーバーの無料プランはありませんが、手頃な価格で利用できます。追加特典やサポートを検討すると、本当にバーゲン価格で利用できるサービスばかりです。

Hostinger:一番安いJava向けVPSプラン

Cheap Java VPS hosting with Hostinger

HostingerのVPSプランはすべてJavaに対応していて、LinuxまたはWindowsから選べます。ほとんどすべてのOSで使えるJVMが用意されているので、好きなものを選んですぐに使い始められます。

VPSプランは6種類あり、一番安いものでも新しいJavaプロジェクトを始める出発点としておすすめです。プランはすべてアンマネージドなので、インストール作業は利用者自身が行うことになりますが、自動インストーラがあるのは便利です。

Hostingerの最大の魅力は24時間年中無休のライブチャットサポートでしょう。9か国語に対応していますが、残念ながら日本語はNGです。知識ベースも充実しているので安心して利用できます。また、Javaのインストール方法について最新の完全ガイドも用意されています。

  • OSテンプレート
    Hostingerは様々なLinuxディストリビューションがあるので、好みのものを選べば、あとはインストーラが対応してくれます。テンプレートにはOSの構成のほとんどが含まれているので、手間を省けるのが便利です。
  • 100%SSD
    プランは最新のIntel Xeonプロセッサ、超高速SSDストレージを装備した高性能サーバーで実行されます。
  • 30日間返金保証
    1か月間じっくり試せます。満足できなければ解約を請求して全額返金してもらえるので安心です。
  • アドオン機能
    毎日バックアップ、優先サポート、SEOツールキットなどをプランに追加でき、すべて低価格です。

詳しくは Hostingerの完全レビューをご覧ください。

InterServer:アメリカのパフォーマンスが優秀で柔軟性も抜群

interserver 1

アメリカのレンタルサーバー会社、InterServerはパワフルなJavaアプリをホスティングするのにおすすめで、高速通信を手頃な価格で楽しめます。アメリカの東・西海岸にデータセンターが立地していて、最先端のハードウェアと稼働率99.9%保証が注目ポイントです。そのため、アメリカの利用者にとってはロード時間が素晴らしく、西ヨーロッパもある程度の速度が期待できます。ただし、日本がターゲットの場合は他のレンタルサーバーの方が良いでしょう。

InterServerのクラウドVPSプランはWebuzoコントロールパネルと一緒に注文でき、Javaプロジェクトのスペックに合わせてサーバーを構成できます。Webuzoは9か国に対応していますが、残念ながら日本語には対応していません。リソースが足りなくなったらオンライン状態を保ちながらいつでもスケールアップできます。

ベーシックなVPS構成だとサーバー管理作業は利用者自身が行うことになるのはInterServerのデメリットでしょう。CPUを4コア以上にアップグレードすると、マネージドサービスをアンロックできるので、プロジェクトに力を入れることができます。

  • 簡単にスケールアップ・ダウン
    InterServerは必要に応じて「スライス」ごとにVPSプランを提供しています。1スライスはCPUが1コア、RAMが2,048MB、SSD容量が30GB、帯域が2,000GBからアップグレード・ダウングレードできます。1スライスから16スライスまで可能です。
  • マネージドサポート
    4スライス以上のVPSプランはInterServerのマネージドサポートが付きます。サーバーのセキュリティ構成、システムのインストール、コントロールパネルのトラブルなどをサポートしてくれます。
  • Webuzo
    マネージドサポートを利用できなくても、この便利なインストールパネルを使えばサーバースタックを簡単に構成できます。Javaプロジェクトの要件に応じて適切なオプションを選ぶだけです。
  • 専用バックアップ
    サーバーを手動でバックアップすることもできますが、低価格の月額料金を支払えばInterServerの専用クラウドに自動バックアップを設定できます。過去のバックアップもワンクリックで復元できます。

機能について詳しくは InterServerの詳しいレビューをご覧ください。

Hostwinds:柔軟性と機能が多く、開発のプロに嬉しい

Cheap Java hosting with Hostwinds

Hostwindsは技術に詳しく、サーバー管理を自分で行う自信がある方におすすめのチョイスです。パワフルなサーバーがアメリカとオランダに用意されており、東アジアと南アメリカの利用者以外であれば高パフォーマンスです。残念ながら日本向けのサイトには向きません。

Javaプロジェクト向けのVPSと専用プランがあり、使用時間に応じて従量課金のクラウドリソースもあります。Hostwinds のLinuxアンマネージドVPSプランが一番おすすめです。ベーシックからパワフルなものまで10種類の仕様が用意されています。

マネージドVPSプランもありますが、Hostwindsのマネージドプランはあまりたくさんの管理作業を行ってくれません。OSのインストールやシステムのアップデートなど、基本的な作業しか含まれていませんし、手動でも簡単に行えるような作業ばかりです。

  • ポートは1GB毎秒
    最先端のデータセンターが高速で安定した通信でプロジェクトを支えます。高品質でトップクラスのハードウェアを採用しているのがHostwindsの強みです。
  • カスタムISO
    特定のOSディストリビューションやその他のカスタムプログラムをアップロードできます。会社が提供しているものに制限されないので、必要なJava環境を構築できます。
  • エンタープライズファイアウォール
    全VPSプランがサーバーと利用者の間にあるエンタープライズファイアウォールで保護されます。ルール、ブラックリスト、ホワイトリストを必要に応じて編集できます。
  • バックアップと監視
    追加料金が掛かりますが、バックアップと監視サービスを利用できます。また、cPanelライセンス、専用IP、DDoS対策済みIPなども購入できます。

エキスパートの意見を読みたい方は Hostwindsの完全レビューをご覧ください。

Cheap Java hosting with A2 Hosting

A2 HostingのアンマネージドVPSと専用プランはJavaのサーバー、プログラム、アプリに対応しています。特にJavaとTomcat(人気のJava Apacheサーバー)を宣伝していますが、結局すべて同じアンマネージドVPSです。

A2 Hostingは全プランで必要なコア、RAM、ストレージ、帯域を指定して構成できます。リソースが足りなくなったら全く新しいプランにアップグレードする必要はありません。必要なリソースを必要な分だけ追加できます。

カスタマーサポートは24時間年中無休で利用できますが、日本語には対応していません。Javaをインストールするのは自己責任ですが、Webuzo自動インストーラを使ってコンテナをインストールできるので簡単です

  • データセンターは4か所に立地
    A2 Hostingはアメリカに2つ、オランダに1つ、シンガポールに1つデータセンターがあります。どのデータセンターを選んでも費用は同じです。
  • 稼働率99.9%保証
    1時間停止するごとに月額料金の5%を払い戻してもらえます。
  • ターボブーストVPS
    LiteSpeedまたは追加のキャッシング付きのLiteSpeedにアップグレードできます。アップグレードするのはコストが高めですが、A2 Hostingによるとパフォーマンスを最大で20倍も向上できるそうです。ターボサーバーについて詳しくは A2 Hostingの完全レビューをご覧ください。
  • いつでも返金保証
    満足していなければ泣き寝入りする必要はありません。理由が何であれ、ニーズに合わなければいつでも解約できます。サポートに問い合わせれば、残りの契約分の費用を返金してもらえます。

Contabo:ヨーロッパの利用者向けにパワフルなVPSマシンを提供

Cheap Java VPS hosting with Contabo

中央ヨーロッパまたは西ヨーロッパがターゲットならドイツのレンタルサーバーがピッタリです。Contaboはドイツ(ミュンヘン・ニュルンベルク)の2か所にデータセンターがあります。Javaに対応しているVPSプランと専用プランは両方のデータセンターで利用できますが、アジアがターゲットの場合はおすすめしません。

Contaboはリソースが充実しているレンタルサーバーの1つでもあります。Contabo のホスティングプランはすべてとても低価格で、毎月数百円で最大16GB分のRAMを利用できます。ストレージも多く、帯域は全プランで使い放題です。

マネージドプランはありませんが、Contaboのテクニカルサポートスタッフはサーバーの可用性と安定性を確保してくれます。他の管理作業はユーザー側で行うことになります。そう考えるとHostwindsと似ています。最高品質のハードウェアと可視化を提供することに力を入れているのです。

  • 100%SSDまたはSSDブースト
    安いHDDベースのサーバーでSSDブースト付きのものか、高価格の100%SSDのハードウェアから選べます。もう少しお金を払って100%SSDの方を選ぶ価値はあるでしょう。
  • 高度な管理画面
    Contaboのポイント&クリック方式のVPS管理ダッシュボードからVPSを起動・再起動したり、OSをインストールしたり、DNS(ドメインネームシステム)設定を構成したりできます。
  • スナップショット
    100%SSDのプランでしか利用できませんが、オンデマンドのサーバースナップショットをワンクリックで復元できます。
  • DDoS対策
    Contaboのプランはすべて自動で永久にDDoS対策によって保護されます。

当サイトの専門スタッフがこれらの特徴を実際に試してみました。詳しくは Contaboの完全レビューをご覧ください。

安いJava対応のレンタルサーバーは出発地点としておすすめ

この記事でご紹介した5つのVPSホスティングサービスは当サイトの厳しい検査に合格したもので、かなり手頃な価格でJava対応のVPSプランを提供しています。それでも、どのプロバイダが最適かというのはニーズによって違います。

シンプルなJavaプロジェクトを行う場合で、「今はコストを低く保ちたいけど今後の成長が期待できる」場合は Hostingerが一番安くておすすめです。

アメリカをターゲットにしている複雑なプロジェクトなら(そのようなケースは少ないと思いますが)、InterServerのクラウドVPSプランは高パフォーマンスなので良いでしょう。

ヨーロッパがターゲットなら Contabo または Hostwindsが満足できると思います。どんな要件があるのか考えてみましょう。Contaboのプランはカスタマイズできる部分が少ないですが、リソースは多めです。

成長していき、プロジェクトが進化していくにつれて、他のレンタルサーバーを検討すべき時が来るかもしれません。価格が少し上がっても機能やパフォーマンスが大幅にアップすることがあります。

比較表でまとめて見てみましょう。
Javaのインストールを支援バックアップ返金保証期間
Hostingerサポート記事とコンテナ自動インストーラ有料30 日間
InterServerWebuzo自動インストーラ有料×
Hostwinds×有料14 日間
A2 HostingWebuzo自動インストーラ有料いつでも
Contabo×100%SSDの全プランでオンデマンドバックアップ付き×

よくある質問

Javaでアプリを作る場合におすすめのレンタルサーバーは?
Javaでアプリを作るときにおすすめなのはVPSサーバーです。JavaはWordPressなどのアプリケーションよりリソースを使用するからというのが主な理由です。コスト的には Hostinger のVPSサーバーが一番安く、Javaアプリケーションの自動インストーラ付きです。また、総合的に優秀なレンタルサーバーでもあり、パフォーマンステストでもトップクラスです

Javaが使えるレンタルサーバーのコストは?
Javaアプリケーションを実行するのに適した安いレンタルサーバーもありますが、最終的な費用はニーズに大きく左右されます。Interserver は安いプランを提供していますし、当サイトの調査では高パフォーマンスです。プロバイダによってはバックアップなどに追加料金が掛かる場合もありますが、とてもお得な割引もありますからおすすめの割引キャンペーンをご覧ください。

Javaで使える無料レンタルサーバーは?
Javaアプリに対応している無料レンタルサーバーを見たことがあるかもしれません。しかし無料レンタルサーバーにはきちんとJavaを実行できるほどのパワーはないのです。安いレンタルサーバーでもJavaに対応しているものがありますから、安定したパフォーマンスが必要なら少しお金を払ってきちんとしたサービスを利用した方が良いでしょう。A2 Hosting はJavaに必要なパフォーマンス、機能、最適化などを兼ね備えていて、手頃な価格で利用できます。おすすめのレンタルサーバー の記事では低コストで使えるレンタルサーバーを厳選してご紹介しています。

共用レンタルサーバーはJavaのウェブアプリに向いていますか?
共用レンタルサーバーでもJavaを実行できますが、おすすめしません。まず、Javaを実行するために最適化されているサーバーが必要です。Apache Tomcatサーバーが代表的ですね。残念ながら共用レンタルサーバープランだとこのようなサーバーは使用していません。安いVPSプランは増えてきていますから、共用レンタルサーバーでJavaアプリを実行しない方が無難です。詳しくは安くて安定したおすすめのVPSをぜひご覧ください。

この記事を評価
5.03 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。Maximal length of comment is equal 80000 charsコメントは最低10文字です

コメントがありますか?

レビューに返信
%s件の返信を見る
View %s reply

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

1876588
100
5000
8731216