当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスをランキングにまとめていますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダとの商業契約も考慮しています。このページにはアフィリエイトリンクが含まれます。「宣伝に関する情報開示
  1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. Java対応の格安レンタルサーバ おすすめ6選│2024年

Java対応の格安レンタルサーバ おすすめ6選│2024年

ベン・サリド ベン・サリドウェブホスティングの専門家 2024年4月14日
2024年4月14日
Javaに対応していても無料レンタルサーバでは限界があります。代わりに、高品質な格安レンタルサーバを選んだほうが良いでしょう。「無料サービスより安い有料プランのほうが優れている」とほぼ断言できますが、安いレンタルサーバはJavaベースのアプリの実行環境が構築されているとは限りません。レンタルサーバ選びを間違えてしまうのはあまりにも簡単です。

しかしこの記事を読んでいるあなたに失敗はさせません。機能、パフォーマンス、価格をバランス良く提供しているのはどのサービスか、Javaが使える高性能なレンタルサーバーを調査しました。

実際に加入してサービスを検証した結果、優れたJava対応レンタルサーバがいくつか見つかりました。なかでも一番おすすめなのはHostingerです。一方、大手企業の格安プランでも、スペックやパフォーマンスが不十分でWordPressサイトの運用に向かないケースがありました。では、高品質で格安なJava対応レンタルサーバをさっそく見ていきましょう。ご自身に合ったサービスを選ぶ一助になれば幸いです。

お急ぎですか? 2024年におすすめのJava向けレンタルサーバーはこちらです!
  • Hostinger – 安いプランがあり、Javaに関する詳しいサポート記事が多いので安心して利用でき、バックアップや優先サポートなどのアドオンも。
  • InterServer – 柔軟にVPSを構成でき、手頃な価格。アメリカと西ヨーロッパのパフォーマンスは抜群。
  • ScalaHosting – 初心者に最適なレンタルサーバ。フルマネージドVPSサーバーとJava向け機能あり。

ほかにもおすすめの3社はこちら | 比較表

Javaが使えるおすすめのレンタルサーバー・評価項目

  • リソースが多い。
    Javaはメモリをたくさん必要とすることで知られていますから、RAMが十分あるプランを選びましょう。また、ストレージと帯域も十分確保したいですね。
  • JavaとJVMに対応。
    JavaのプログラムはアプリであれWebサーバーであれ、Java仮想マシン(JVM)で実行されています。このランキングのレンタルサーバーは完全ルートアクセス付きのVPSプランなので、Javaをきちんとインストールして構成できます。
  • 簡単にスケーリングできる。
    比較的ベーシックなJava用レンタルサーバーから利用を開始してもOKですが、プログラムが複雑化していくとスケールアップする必要が出てきます。ワンクリックで簡単に、パワフルな構成にできるレンタルサーバーをご紹介します。
  • 追加特典。
    おすすめのJava用レンタルサーバーはグローバルCDN(コンテンツデリバリネットワーク)でスピーディーなデリバリを実現したり、冗長性を追加するためにバックアップしたり、ハッキング対策、DDoS(分散サービス妨害)対策などを提供しています。
  • 費用。
    Java向けレンタルサーバーの無料プランはありませんが、手頃な価格で利用できます。追加特典やサポートを検討すると、本当にバーゲン価格で利用できるサービスばかりです。

Cheap Java VPS hosting with Hostinger HostingerのVPSプランはすべてJavaに対応していて、LinuxまたはWindowsから選べます。ほとんどすべてのOSで使えるJVMが用意されているので、好きなものを選んですぐに使い始められます。

VPSプランは4種類あり、一番安いものでも新しいJavaプロジェクトを始める出発点としておすすめです。プランはすべてアンマネージドなので、インストール作業は利用者自身が行うことになりますが、自動インストーラがあるのは便利です。

Hostingerの最大の魅力は24時間年中無休のライブチャットサポートでしょう。9か国語に対応していますが、残念ながら日本語はNGです。知識ベースも充実しているので安心して利用できます。また、Javaのインストール方法について最新の完全ガイドも用意されています。

特徴

  • OSテンプレート
    Hostingerは様々なLinuxディストリビューションがあるので、好みのものを選べば、あとはインストーラが対応してくれます。テンプレートにはOSの構成のほとんどが含まれているので、手間を省けるのが便利です。
  • 100%SSD
    プランは最新のIntel Xeonプロセッサ、超高速SSDストレージを装備した高性能サーバーで実行されます。
  • 30日間返金保証
    1か月間じっくり試せます。満足できなければ解約を請求して全額返金してもらえるので安心です。
  • アドオン機能
    毎日バックアップ、優先サポート、SEOツールキットなどをプランに追加でき、すべて低価格です。
詳しくは Hostingerの完全レビューをご覧ください。

RAM 4 GB~32 GB
Javaに特化したサポート オンライン資料
スケールのしやすさ hPanelダッシュボードを通して行えます
最低価格 $4.49

interserver 1 アメリカのレンタルサーバー会社、InterServerはパワフルなJavaアプリをホスティングするのにおすすめで、高速通信を手頃な価格で楽しめます。アメリカの東・西海岸にデータセンターが立地していて、最先端のハードウェアと稼働率99.9%保証が注目ポイントです。そのため、アメリカの利用者にとってはロード時間が素晴らしく、西ヨーロッパもある程度の速度が期待できます。ただし、日本がターゲットの場合は他のレンタルサーバーの方が良いでしょう。

InterServerのクラウドVPSプランはWebuzoコントロールパネルと一緒に注文でき、Javaプロジェクトのスペックに合わせてサーバーを構成できます。Webuzoは9か国に対応していますが、残念ながら日本語には対応していません。リソースが足りなくなったらオンライン状態を保ちながらいつでもスケールアップできます。

ベーシックなVPS構成だとサーバー管理作業は利用者自身が行うことになるのはInterServerのデメリットでしょう。CPUを4コア以上にアップグレードすると、マネージドサービスをアンロックできるので、プロジェクトに力を入れることができます。

特徴

  • 簡単にスケールアップ・ダウン
    InterServerは必要に応じて「スライス」ごとにVPSプランを提供しています。1スライスはCPUが1コア、RAMが2,048MB、SSD容量が30GB、帯域が2,000GBからアップグレード・ダウングレードできます。1スライスから16スライスまで可能です。
  • マネージドサポート
    4スライス以上のVPSプランはInterServerのマネージドサポートが付きます。サーバーのセキュリティ構成、システムのインストール、コントロールパネルのトラブルなどをサポートしてくれます。
  • Webuzo
    マネージドサポートを利用できなくても、この便利なインストールパネルを使えばサーバースタックを簡単に構成できます。Javaプロジェクトの要件に応じて適切なオプションを選ぶだけです。
  • 専用バックアップ
    サーバーを手動でバックアップすることもできますが、低価格の月額料金を支払えばInterServerの専用クラウドに自動バックアップを設定できます。過去のバックアップもワンクリックで復元できます。
機能について詳しくは InterServerの詳しいレビューをご覧ください。

RAM 2GB~32GB
Javaに特化したサポート オンライン資料
スケールのしやすさ アカウントダッシュボードを通して行えます
最低価格 $6.00

Screenshot of teaser image for informal video about ScalaHosting's managed VPS services
ScalaHostingのマネージドVPSは、共用レンタルサーバを上回るパフォーマンスです
アンマネージドVPSのみを提供しているHostingerや、4コア以上を購入した場合にのみマネージドVPSを提供しているInterServerとは異なり、ScalaHostingのクラウドVPSプランはフルマネージドです。サーバメンテナンスを行わなくて済むため、Javaプロジェクトに集中できます。

ScalaHostingのデータセンターは、テキサス、ニューヨーク、ブルガリアに立地しており、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア全域のAWSデータセンターと連携しています。この記事で紹介した他社サービスと比べるとScalaHostingのVPSプランはコストがやや高いものの、フルマネージドサーバを得られますから、値段相応の価値があると言えます。プランは4つありますが、どれもニーズに合わなければカスタムビルドのVPSサーバも提供されています。1日あたりの訪問者数によってサーバを設定することも可能です。

ScalaHosting独自のコントロールパネル「SPanel」は、すべてのVPSプランに含まれます。cPanelを使うには追加料金を支払う必要があり、SPanelの一部機能が使えなくなってしまいます(マルウェア対策、高度なWordPress管理、ScalaHostingの即時サポートへのアクセスなど)。

特徴

  • 高い信頼性を保証。ScalaHostingは、稼働率99.9%を保証しています。もし自分のサーバがこの水準を下回った場合、停止時間に対して返金されます。
  • SShieldセキュリティ。SPanelに加えて、ScalaHostingは「SShield」という独自のAIセキュリティシステムを開発しました。オンライン攻撃の99.998%をブロックするものです。SShieldはサーバをリアルタイムでモニタリングし、攻撃が発生した場合はその詳細と今後似たような攻撃を防ぐ方法についてレポートが届きます。
  • 複数のウェブサーバーマネージャーが利用可能。Apache、Nginxをリバースプロキシとして利用したApache、LiteSpeed Enterprise、OpenLiteSpeedから選べます。
  • 毎日無料でバックアップ。ScalaHostingは、サイトの全データをオフサイトサーバーに自動的に毎日バックアップします。ファイル、データベース、ディレクトリ、メールがすべて24時間ごとにアーカイブされるため、万一の事態が発生しても、いつでも復元できます。
ScalaHostingのVPSプランについて詳しくは完全レビューをご覧ください。
RAM 4GB~24GB
Javaに特化したサポート オンラインチュートリアル
スケールのしやすさ SPanelを使ってワンクリックで行えます
最低価格 $20.00

Cheap Java hosting with Hostwinds Hostwindsは技術に詳しく、サーバー管理を自分で行う自信がある方におすすめのチョイスです。パワフルなサーバーがアメリカとオランダに用意されており、東アジアと南アメリカの利用者以外であれば高パフォーマンスです。残念ながら日本向けのサイトには向きません。

Javaプロジェクト向けのVPSおよび専用サーバが利用可能で、時間単位で課金されるクラウドリソースも提供されています。HostwindsのLinuxアンマネージドVPSプランが一番おすすめです。仕様の異なる10のプランが用意されています。

マネージドVPSプランもありますが、Hostwindsのマネージドプランはあまりたくさんの管理作業を行ってくれません。OSのインストールやシステムのアップデートなど、基本的な作業しか含まれていませんし、手動でも簡単に行えるような作業ばかりです。

特徴

  • ポートは1GB毎秒
    最先端のデータセンターが高速で安定した通信でプロジェクトを支えます。高品質でトップクラスのハードウェアを採用しているのがHostwindsの強みです。
  • カスタムISO
    特定のOSディストリビューションやその他のカスタムプログラムをアップロードできます。会社が提供しているものに制限されないので、必要なJava環境を構築できます。
  • エンタープライズファイアウォール
    全VPSプランがサーバーと利用者の間にあるエンタープライズファイアウォールで保護されます。ルール、ブラックリスト、ホワイトリストを必要に応じて編集できます。
  • バックアップと監視
    追加料金が掛かりますが、バックアップと監視サービスを利用できます。また、cPanelライセンス、専用IP、DDoS対策済みIPなども購入できます。
エキスパートの意見を読みたい方は Hostwindsの完全レビューをご覧ください。

RAM 1GB~96GB
Javaに特化したサポート なし
スケールのしやすさ コントロールパネルを通して行えます
最低価格 $8.24

Cheap Java hosting with A2 Hosting A2 HostingのアンマネージドVPSと専用プランはJavaのサーバー、プログラム、アプリに対応しています。特にJavaとTomcat(人気のJava Apacheサーバー)を宣伝していますが、結局すべて同じアンマネージドVPSです。

A2 Hostingは全プランで必要なコア、RAM、ストレージ、帯域を指定して構成できます。リソースが足りなくなったら全く新しいプランにアップグレードする必要はありません。必要なリソースを必要な分だけ追加できます。

カスタマーサポートは24時間年中無休で利用できますが、日本語には対応していません。Javaをインストールするのは自己責任ですが、Webuzo自動インストーラを使ってコンテナをインストールできるので簡単です

特徴

  • データセンターは4か所に立地
    A2 Hostingはアメリカに2つ、オランダに1つ、シンガポールに1つデータセンターがあります。どのデータセンターを選んでも費用は同じです。
  • 稼働率99.9%保証
    1時間停止するごとに月額料金の5%を払い戻してもらえます。
  • ターボブーストVPS
    LiteSpeedまたは追加のキャッシング付きのLiteSpeedにアップグレードできます。アップグレードするのはコストが高めですが、A2 Hostingによるとパフォーマンスを最大で20倍も向上できるそうです。ターボサーバーについて詳しくは A2 Hostingの完全レビューをご覧ください。
  • いつでも返金保証
    満足していなければ泣き寝入りする必要はありません。理由が何であれ、ニーズに合わなければいつでも解約できます。サポートに問い合わせれば、残りの契約分の費用を返金してもらえます。
RAM 1GB~32GB
Javaに特化したサポート すべてのサポートオプションにて
スケールのしやすさ サポートに要相談
最低価格 $2.99

6. Contabo:ヨーロッパの利用者向けにパワフルなVPSマシンを提供

Cheap Java VPS hosting with Contabo

中央ヨーロッパや東ヨーロッパがターゲットなら、ドイツのレンタルサーバを検討すると良いでしょう。Contaboはドイツ国内に2つのデータセンターを構えており、Java対応のVPSプランと専用レンタルサーバプランを提供しています。ほかにも、米国、英国、アジア、およびオーストラリアにデータセンターがありますから、オーディエンスが中央および東ヨーロッパ以外にいる場合も向いています。

リソースについて、他社と比べてContaboのJava対応レンタルサーバはかなり充実しています。Contaboのホスティングプランはすべて激安で、月額数ユーロで最大16GBのRAMを手に入れることができます。ストレージも多く、帯域幅は全プランで無制限です。

マネージドプランはありませんが、Contaboのテクニカルサポートスタッフはサーバーの可用性と安定性を確保してくれます。他の管理作業はユーザー側で行うことになります。そう考えるとHostwindsと似ています。最高品質のハードウェアと可視化を提供することに力を入れているのです。

特徴

  • SSDまたはNVMe。
    SSDまたは第4世代PCLe NVMeサーバから選ぶことができ、追加費用は発生しません。SSDプランのストレージは100GB~1.6TB、NVMeプランは35GB~400GBとなっています。
  • 高度な管理画面
    Contaboのポイント&クリック方式のVPS管理ダッシュボードからVPSを起動・再起動したり、OSをインストールしたり、DNS(ドメインネームシステム)設定を構成したりできます。
  • スナップショット。
    VPS S、VPS M、VPS L、VPS XLプランでは、サーバのスナップショットが毎日届きます。ただし、VPS XSプランにサーバースナップショットは含まれません。
  • DDoS対策
    Contaboのプランはすべて自動で永久にDDoS対策によって保護されます。
当サイトの専門スタッフがこれらの特徴を実際に試してみました。詳しくは Contaboの完全レビューをご覧ください。

RAM 8GB~60GB
Javaに特化したサポート なし
スケールのしやすさ メールでカスタマーサポートに要相談
最低価格 $4.44

安いJava対応のレンタルサーバーは出発地点としておすすめ

この記事でご紹介した5つのVPSホスティングサービスは当サイトの厳しい検査に合格したもので、かなり手頃な価格でJava対応のVPSプランを提供しています。それでも、どのプロバイダが最適かというのはニーズによって違います。

単純なJavaプロジェクトに取り組んでおり、「今はコストを低く抑えたいけど、今後スケールアップできるようにしたい」という場合は一番安くて高品質なHostingerがおすすめです

アメリカがターゲットの複雑なプロジェクトで、性能の高さを求めるのであれば、InterServerのクラウドVPSソリューションがおすすめです。

VPS初心者にはScalaHostingのマネージドサーバが最適なチョイスでしょう。

成長していき、プロジェクトが進化していくにつれて、他のレンタルサーバーを検討すべき時が来るかもしれません。価格が少し上がっても機能やパフォーマンスが大幅にアップすることがあります。

比較表でまとめて見てみましょう。
Javaに特化したサポート バックアップ 返金保証
Hostinger オンライン資料 自動的に毎週実行 30日間
InterServer オンライン資料 有料アドオン なし
ScalaHosting オンライン資料 自動的に毎日実行 30日間
Hostwinds なし 自動的に毎日実行 なし

よくある質問

Javaでアプリを作る場合におすすめのレンタルサーバーは?

JavaアプリケーションのホスティングにはVPSが最適です。その主な理由は、WordPressなどのアプリケーションと比べ、Javaはリソースを多く消費するためです。一番安いVPSホスティングを提供しているのはHostingerで、Javaアプリケーションの自動インストーラも含まれます。パフォーマンステストでもトップに位置しており、多目的ホスティングサービスとしておすすめです。

Javaが使えるレンタルサーバーのコストは?

ピンからキリまであります。Javaアプリケーションを実行するのに適した格安ホスティングもありますが、最終的には全体的なニーズに左右されます。Interserverは財布にやさしいレンタルサーバを提供しており、当社の検証でも高パフォーマンスでした。レンタルサーバ事業者によってはバックアップなどは追加料金が発生するケースもありますが、この記事で紹介したレンタルサーバはオトクな割引が見つかるかもしれません。

Javaで使える無料レンタルサーバーは?

Javaアプリケーション向けの無料レンタルサーバを宣伝しているホスティング企業もあるかもしれませんが、実際のところ、無料レンタルサーバはJavaを安定して実行するほどのパワーはありません。格安のJava向けレンタルサーバのほうが信頼性が高いのです。ScalaHostingはJavaに必要なパフォーマンス、機能を備えており、最適化されているうえ、価格もそれほど高くありません。

共用レンタルサーバーはJavaのウェブアプリに向いていますか?

共用レンタルサーバーでもJavaを実行できますが、おすすめしません。まず、Javaを実行するために最適化されているサーバーが必要です。Apache Tomcatサーバーが代表的ですね。残念ながら共用レンタルサーバープランだとこのようなサーバーは使用していません。安いVPSプランは増えてきていますから、共用レンタルサーバーでJavaアプリを実行しない方が無難です。詳しくは安くて安定したおすすめのVPSをぜひご覧ください。

この記事を評価
5.0 4 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。 Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低10文字です
コメントがありますか?
返信する
%s件の返信を見る
View %s reply
関連記事
関連記事をもっと表示
本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。
Popup final window
家族や同僚にこの投稿を共有してください。

We check all comments within 48 hours to make sure they're from real users like you. In the meantime, you can share your comment with others to let more people know what you think.

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

口コミはこちら

1876588
50
5000
8731216
速度と稼働率が最高image

破格の高性能ホスティング

さらに、ドメイン名とメールアドレスを無料でゲット