1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

ケイティ・デイヴィス
ケイティ・デイヴィス
42
2019年8月12日

WordPressのランディングページのパフォーマンスを向上させる最善の方法は何でしょうか? デザインと機能性に力を入れたプラグインを利用することです。

ですからこの記事では最高のプラグインを5つピックアップしてご紹介します。それぞれ機能やセールスポイント、価格が違いますからどれがあなたに最適なのかというのは目的、業界、サイトの利用者によって異なります。

マネージドWordPressホスティングで手間を最小限に

ランディングページのアクセス数とコンバージョン率を向上させるのに時間をかけたいですよね。最適なサーバー設定やセキュリティ設定に何時間も時間を無駄にしたくないのは当たり前です。

幸運なことにマネージドWordPressホスティングを使えば、重要なことに集中することができるようになります。 WP Engineのようなトップレベルのホスティング会社は毎日のバックアップやプラグインの更新など、面倒な作業をすべてこなしてくれます。レビューで好評なのも納得できますね。

ストレージ容量や帯域は十分あるのでサイトのパフォーマンスが低下する心配はありません。さらに、国際CDNでロード時間をスピードアップしたり、無料SSL証明書で登録フォームに安心して情報を入力してもらえるなど、追加特典もあります。

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング

#1: Elementor

業界でも最高評価を獲得しているWordPressページビルダーの一つです。サイトやランディングページを作成するのに100万人以上のプロがElementorを利用しているのも納得できます。

機能

すべてのWordPressページビルダーがランディングページに適しているわけではないというのは当たり前ですが、Elementorが愛されているのには以下のような理由があります:

  • 使い方が分かりやすい:Elementorのインターフェイスは分かりやすいためランディングページの要素を選択して簡単に編集できるようになっています。ドラッグアンドドロップ機能により、コードを全く編集しなくても自由に編集できます。
  • デザインが魅力的:Elementorのテンプレートはとても豊富に用意されています。無料なテンプレートの中にはPro版のものよりシンプルなものもありますが、インパクトがありコンバージョンの向上に力を入れていることは明らかです。
  • WordPressのテーマに左右されない:Elementorは最近、全く白紙のテンプレートを作成するのに役立つCanvasをリリースしました。色々なことが可能になります。
  • パフォーマンスが高速:リアルタイムのインライン編集により、素早く簡単に編集を行えるうえ、必要に応じて現在のコンテンツをアップデートすることができます。

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

セールスポイントは…メール登録フォームを作成する場合、別のプラグインを利用しなくてもElementorのProバージョンを使うことができます。すでにメール登録プラグインを利用していますか? ご心配なく。Elementorは現在、MailChimp、ConvertKit、ActiveCampaignなど他にもいくつかのオプションと統合できるAPIがあります。

価格

Elementorの無料版ではランディングページ用のテンプレートやデザインの数に制限があります。しかし3つのレベルのPro版があり(サイト数はそれぞれ1個、3個、無制限)、特長の内容を考えると価格はリーズナブルでしょう。1回だけ料金を支払うだけで1年間利用でき、50以上のウィジェット、300以上のテンプレートを利用できるようになるほか、Elementorのプレミアムサポートチームへの問い合わせが可能になります。

Elementorの完全レビューで詳しくご覧ください。

#2: Thrive Architect

もう一つの人気WordPressランディングページプラグインはThrive Architectです。最速で視覚的なWordPressエディタだと宣言しており、私たちが見る限りでは約束通りのサービスを提供していると思います。

機能

Thrive Architectには以下のようなたくさんの特長があります:

  • 完全にカスタマイズ可能なランディングページテンプレート:このプラグインには今のところ、270以上の魅力的なテンプレートがあり、テーマ別に整理されているので一貫性のあるブランドを構築するのに役立ちます。
  • プログラミングは一切必要なし:ドラッグアンドドロップ機能は非常に使いやすく、ランディングページを作成・編集しているときにも直感的に利用できます。
  • 現在のテーマにピッタリ:Thrive Architectで素晴らしいことは、ランディングページを現在のWordPressのテーマに結び付けたり、全く別のデザインにもできるということです。あなた次第で自由に編集できるのです。
  • 色々な大きさの画面でカスタマイズできる:異なる画面でページを直ちにプレビューできるだけでなく、可視性やレイアウトを編集したり、画面の大きさに合わせて一部の要素の配置を変更したりすることも可能です。

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

セールスポイントは…他のWordPressランディングページプラグインと比べてThrive Architectはコンバージョンに力を入れています。ランディングページの唯一の目的は特定のコールトゥーアクションであることが一般的なので特に重要なポイントです。また、Thrive Architectのツールボックスにはレビュー、リード獲得フォーム、カウントダウンタイマー、エンゲージメントを高めることが実証されているフォーマティングなどがすべて含まれているため、追加でプラグインを統合する必要はありません。

価格

残念ながら今のところThrive Architectには無料版はありません。

Thrive Membershipパックを選択すると、すべてのプラグインを利用でき、テーマを最高で25個のサイトで利用することができます。ただしかなり高価格です(支払いは年1回)。

他にも、低価格な1つのサイト用のライセンスまたは5つのサイト用のライセンスもあります。

#3:OptimizePress

OptimizePressはこの記事でご紹介しているほかのWordPressランディングページプラグインよりかなり歴史の長いプラグインです。一人でビジネスを経営している人や小規模ビジネスの経営者などに愛用されており、テンプレートで毎月450万以上の登録者を獲得しているそうです。

機能

OptimizePressには以下のような魅力的な機能がそろっています:

  • ページ数が無制限:プラグインでライセンスしたサイトで作成できるランディングページやセールスページ数には制限がありません。
  • テンプレートの種類が豊富:OptimizePressにはデザイン済みのテンプレートが60個以上あります。また、OptimizePressマーケットプレイスには追加で300以上のテンプレートが用意されているので購入することもできます。
  • 使い方がシンプル:この記事でご紹介しているのかのサービスと似ていますが、このプラグインのドラッグアンドドロップエディタはランディングページの作成が簡単だという特徴があります。
  • A/Bテスト:Optimizelyやビジュアルウェブサイトオプティマイザーなどの外部のA/Bテスティングツールで独自のスプリットテスティング機能を追加することもできます。(ただしPublisherおよびProプランのみで利用可能です。)
  • 多目的:現在のWordPressのテーマとOptimizePressを併用してユニークなデザインと使い心地にすることができます。

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

セールスポイントは…こちらでご紹介しているほかのサービスとは違い、OptimizePressは多様なメールマーケティングやCRM統合機能を提供しています。リード獲得のためにランディングページを作成することが多いですが、そのような場合にはこの機能が役立ちます。また、キャンペーンやメールマガジンに登録してもらいたいという時にも便利です。

価格

OptimizePressのCoreパッケージはElementorやThrive Architectなどより高価格です。このパッケージでは1回の支払いで3つのサイトで利用できるというライセンスを購入できるほか、1年間サポートや更新を利用できます。さらにPublisherパッケージとProパッケージはそれぞれ10件と30件のサイトに対応しており、かなり高価格となりますが、30日返金保証が適用されます。

#4:Beaver Builder

Beaver BuilderはGoDaddyやCrowd Favoriteなどの有名サイトのランディングページの成長に貢献したサービスです。今のところ50万ものビジネスが利用しています。

機能

Beaver Builderはテーマとプラグインを融合したサービスですが、以下のような多様な機能をそろえたプラグインだけを利用することも可能です。

  • 使いやすい:Beaver Builderはランディングページの設計は初めてという人でも簡単に使い方を習得できます。好みに合わせて色々な要素をドラッグアンドドロップするだけです。
  • 現在のテーマにピッタリ:Beaver Builderなら簡単に一貫したブランドを演出することができます。しかしBeaver Builderのテーマを購入しないと100%カスタマイズできるわけではありません。
  • WordPress専用という設計:Beaver Builderは既存のWordPressのテーマすべてに対応していますが、このビルダーの利用を停止してもWordPressエディタで既存のデザインを使い続けることができます。
  • モバイル端末に対応:プラグインのインターフェイスはとても直感的で、モバイルレスポンシブです。

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

セールスポイントは…Beaver Builderで特徴的なのはインポート・エクスポート機能です。これにより、他の人とレイアウトを共有したりウェブサイトを移転したり、前のデザインを再利用したりすることができます。パフォーマンスが良かったキャンペーンがあった場合、次のキャンペーンに生かすことができるため時間の節約になります。

価格

WordPressで無料で利用できるライト版がありますが、機能性の面ではやや少なめです。それ以外では3つの有料プランがありますからいくつものサイトでプラグインを利用することができます。高価格のプランではホワイトラベルや複数サイトへの対応などの特典があります。

どのパッケージを選んだとしてもBeaver Builderの世界レベルのサポートチームに問い合わせられます。また、購入前にデモ版を利用して使い心地を確認することも可能です。

#5:Leadpages

Leadpagesはランディングページ作成プラットフォームで、主な目標はネットでのアクセス獲得戦略の改善です。WordPressに限られたことではありませんが、WordPressプラグインが含まれています。

機能

Leadpagesは現在、ブログの世界でとても人気があり、機能がとても充実しているので人気があるのは当たり前でしょう。以下のような特長があります。

  • とても素早く作業が完了:Leadpagesならランディングページをほんの数分で作成して公開できます。
  • 多様なデザイン:350以上のテンプレートから選び、情報を挿入するだけで作業が完了します。ただしテンプレートには第三者デベロッパーが作成したものもあり、利用価格に含まれているのは70個だけです。
  • 編集が簡単:Leadpagesのテンプレートはドラッグアンドドロップでビジュアルなエディタツールで簡単に編集できます。
  • WordPressのテーマに左右されない:本当に自由に創造性を輝かせることができ、多様なランディングページデザインの開発が可能です。

最高のWordPressランディングページプラグイン トップ5ランキング 2019年版

セールスポイントは…Leadpagesの特徴は作成するランディングページそれぞれに無料で安全なカスタムサブドメインを提供することでランディングページやデジタル資産のホスティングを行っているということです。また、Leadpagesのダッシュボードから複数のサイトのランディングページにアクセスすることも可能です。これにより編集するために異なるサイトを開く時間と手間を省くことができます。

価格

Leadpagesはランディングページのプラグインとしては高価格なものの一つです。しかし、加入する前に14日間無料トライアルを利用することが可能です。

スタンダード、Pro、アドバンスパッケージは毎月、1年おき、2年おきの支払いに対応しています(支払いの頻度が高いほど価格が高くなります)。より高度なパッケージを選ぶことで新しい機能を利用できるようになります。例えばネット販売や支払い、無制限のA/Bテスティング(Proパッケージ)、高度なHubspot/Salesforceとの統合、ビジュアルワークショップ(アドバンスパッケージ)などがあります。

すべてのプランに無制限のモバイルレスポンシブページ、無料ホスティング、便利なQ&Aコーチングコール(毎週)などが含まれています。

あなたのビジネスに最適なWordPressランディングページプラグインは?

あなたのビジネスに最適なWordPressランディングページプラグインはどれなのか見極めるのは難しいでしょう。まとめると、

  • 予算が決まっていない場合、Elementorを無料で試してみましょう
  • コンバージョンを優先させたい、多様な機能があるものがいいという場合はThrive Architectが良いチョイスです
  • 色々なメールマーケティングサービスを統合したい場合はOptimizePressをお試しください
  • 複数のサイトで現在利用中のWordPressテーマに対応したサービスがいい場合はBeaver Builderを試してみましょう
  • ビジネスが急成長中で、素早く利用できるサービスが良いという場合はLeadpagesがおすすめです

いずれにしてもこの記事でご紹介したプラグインはすべて高パフォーマンスで見た目も魅力的なランディングページを作成することができ、リードを獲得できるはずです。ぜひお試しください!


Sources

https ://searchengineland.com/7-conversion-rate-truths-will-change-landing-page-optimization-strategy-191083
https ://unbounce.com/what-is-a-good-conversion-rate/
https ://elementor.com
https ://thrivethemes.com/architect/
https ://www.optimizepress.com
https ://www.youtube.com/watch?v=bX6_KX1J9y8
https ://www.wpbeaverbuilder.com
https ://www.leadpages.net

Featured Image

https ://unsplash.com/photos/FlPc9_VocJ4

42 拍手
この記事が役立ったら拍手をお送りください!

関連記事

コメントがありますか?

0 文字中 100 文字
必須項盬"Campo richiesto" Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低100文字です

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!