レビューと専門家の意見 CoreServer

安部 怜史
安部 怜史
ウェブホスティングの専門家

大手GMOグループが展開するコアサーバー。

格安でありながら、Wordpressサイト運用機能をしっかり提供し、初心者向けの簡単さやサイト公開までの早さをメリットとして訴求しています。

コアサーバーの機能スペック、速度・稼働率のパフォーマンス、カスタマーサポート対応まで実態を検証してレビューします。最終的な判断をする前にHostingerの低価格のプランをご覧ください。


概要

全てが平均以上?格安・高コストパフォーマンスのサーバー

CoreServer

コアサーバーは日本で人気のレンタルサーバーの1つですが、まだこちらの「レンタルサーバーのおすすめ比較」には含まれていません。

コアサーバーは、GMOデジロックが運営する100万件以上の豊富なドメイン運用実績がある「バリュードメイン」に関連するレンタルサーバーです。

コアサーバーは、初心者向けの使い勝手の良さ、圧倒的コストパフォーマンス、強固なセキュリティ体制といった魅力的な謳い文句で強く訴求しています。

実際に今回サーバーを検証してみた所、各機能・料金面・パフォーマンス面など、全てが平均点以上で、良好そうである印象を持ちました。

そんなコアサーバーの詳細について、実際に機能は十分提供されているのか? 速度・安定性に問題はないか? カスタマーサポートの対応の良し悪しなどをレビューして、疑問を解消していきましょう。

特徴

4.5

格安プランでも重要なサイト運営・セキュリティ機能を提供

格安で初心者でも使いやすいサポート機能が充実したコアサーバーは、Wordpressなどのサイト制作・運用に関する機能もしっかり提供しています。

一方で、他社サーバーからのサイト移送、高速化機能、自動バックアップ、サイト制作をサポートするビルダーなど、更にあると便利で一部競合サーバーでは提供しているような機能はあまり充実していない印象ではあります。

(自動バックアップは一部プランのみ対応)

それでも、他社レンタルサーバーも同様に提供する重要度の高い機能、例えばCMS簡単インストール、SSL証明書、メールアカウントなどを全プランで扱えます。

下記でコアサーバーが提供する重要かつ特徴的な機能を見ていきます。

1. 業界最速クラスのサイト制作サポート機能

CoreServer

「”むずかしい” を “かんたん” にする」というキャッチコピーを持ち、ホームページ開設まで約1分で完了することを訴求するコアサーバー。

非常に簡素でスピーディーなWordpressサイト公開機能を提供しており、わずか3ステップだけで全く技術的知識無しでサイト作成・公開が確かにできます。

  1. 契約(無料お試しが可能)
  2. ドメイン購入
  3. 申し込み完了

上記の一般的なステップを踏むだけで、もうWordpressサイトが公開まで進められます。

もちろんWordpressサイトを制作したり、SSL設定なども必要ですが、ここまで簡素に素早く公開まで進められる機能は他社でもそうそう無く、初心者におすすめできると思います。

2. WordPress簡単自動インストール

CoreServer

サーバーの管理画面にログイン後、追加した独自ドメインやサブドメイン、またはコアサーバーが提供する初期ドメインに対してWordpressをインストールすることも可能です。

こちらの処理についても非常に簡単にインストールが完了できます。

管理画面の「サイト設定」からドメインに対してWordpress(のファイル)をインストールし、しばらく待つとWordpressサイトのURLにアクセスでき、あとはデータベースとログイン情報を入力すれば完了です。

初めてWordpressをインストールするユーザーでも、迷わずできると思います。

3. 全プラン転送量無制限

CoreServer

「イライラを解消する超スピード&高安定」と謳うコアサーバーでは、サーバーの転送量が全プランで無制限となっています。

他社レンタルサーバーの転送量を確認すると、大抵が100GB/日くらいの容量を提供しており、あまり「無制限」と提示しているサービスを見たことが有りません。

もちろん、公式サイトに記載があるように、極端な高負荷が発生し、サーバー全体に大きく影響を及ぼす場合は一時的に制限を行うようではあります。

それでも、大規模サイト・事業でなければ、安心したサイト表示運営・スピードが期待できるとは思います。

4. 無料のSSL証明書・セキュリティ設定

CoreServer

どのレンタルサーバーを使用してウェブサイトを運営していても同じですが、SSL証明書の設定でセキュリティ強化することは最早必須です。

ブラウザとサーバー間のデータを暗号化し、個人情報・ログイン情報などの盗聴・かいざんを防げますし、Google検索の上位表示にも影響があり、重要度は高いです。

コアサーバーでは他社サーバー同様に、最低限のセキュリティ担保ができる無料SSL(Let’s Encrypt)を提供しており、安全とコスト面で安心感があります。

また、更に強化されたセキュリティが必要な場合は、法人向け・ECサイト向けなど要件に合った有料のSSLを選べます。

なお、コアサーバーではECサイト向けの「.shop SSL」が1年目無料ですので、お得感があります。機能一覧をご覧ください

使いやすさ

4.5

シンプルで使い勝手も簡単・Wordpressインストールはやや特殊性有り

格安で機能豊富なコアサーバーですが、サーバー管理画面の操作性・扱いやすさも概ね良好だと思います。

良い意味で少ないメニュー表示項目は初心者に対しても、戸惑いを最小限に抑えてくれるかと思いました。

なお、Wordpressの公開まで1分で完了できるという高速さのウリについては、実質条件付きです。

また、通常の管理画面からのインストールについても、やや戸惑う可能性があります。

下記で詳細を確認してみましょう。

1. 非常にシンプルな管理画面・コントロールパネル

CoreServer

コアサーバーのサーバー管理画面(コントロールパネル)は、非常にシンプルな見た目のデザインで、良い意味で重要なものに制限された機能数だけであるため、初心者でも比較的簡単に操作できると思います。

なお、同じ運営会社が展開する「XREA(エクスリア)」のレンタルサーバーの管理画面とカラー違いで、基本的なデザインが同じ仕様になっているようです。

管理画面トップのダッシュボードではサーバー運営会社からのお知らせや障害情報も掲載され、何かあった時に気づきやすいと思います。

サイト制作・運営のメインメニューとしては、ドメイン設定・サイト設定・データベース・メールの4つだけの主な項目がサイドバーにあり、操作したいメニュー項目を探しやすいと思います。

2. WordPressインストール・ドメイン設定が1分で完了

CoreServer

業界最速クラスのサイト公開までの速さ、わずか約1分と謳うコアサーバーですが、確かに実際使ってみると単純なWordpressサイトの公開まで、そのくらいすぐに対応できます。

(1分でできる手順はドメイン取得も同時に行う条件付きなのには注意が必要です。)

初心者でどうしてもWordpressをすぐに使いたいユーザーなどには良いかもしれません。

また、ドメインを同時に取得しない場合でも、管理画面からWordpressをインストールするプロセスも他社比でも容易さが際立ちます。

その秘密(他社サーバーとの違い)は、サーバー管理画面上の入力を制限・簡素化していることにあると思いました。

管理画面でWordpressファイルのインストールをした後は、Wordpress画面で設定を進められるため、視覚的に簡単に感じられます。

ただし、感覚値および、コアサーバーのインストール画面にも表示される「5分程度かかる」ということからも、Wordpressファイルのインストール後にはしばらくURLへのアクセスが可能になるまで待ち時間が発生してしまい、上手くいっているのか心配にもなりました。

結局の所、インストール対応時間は短いですが、開始までに時間がかかると思います。

3. 無料SSL・メール設定・FTPなどの利用も簡単

CoreServer

WordPressインストールの簡単さを非常に押し出すコアサーバーですが、他の関連機能についても、使い勝手は比較的良いと思います。

無料SSLの設定はわずか1つの選択処理だけ、メールアカウントの作成も即刻可能と、サイトや事業の運営に関わる重要な機能もシンプルな管理画面で簡単に扱える良さがあります。

また、Wordpressファイルなどをインストールし、アップロードされるサーバーのフォルダを操作できるFTP・ファイルマネージャーも、面倒な操作無しですぐにログインして扱うことができます。CoreServerがあなたにピッタリか確認するにはこちら

概要

良好なスペック・パフォーマンスと安心のリスク対策運営

CoreServer

機能と使い勝手の面は比較的良好なコアサーバーですが、サーバーのスペック要因のサイト表示速度や稼働率・安定性が気になります。

今回、実際にコアサーバーで作成したWordpressサイトについて、速度を計測しました。

また、サーバーのスペック詳細とデータセンター・管理状況をについても調べてみました。

転送量とディスク容量

コアサーバーの主なスペックの特徴としては、転送量が無制限であることが挙げられます。

他社レンタルサーバーでは通常、転送量の上限値が設定され、月額500円程度の平均か少し安めのサーバーであれば、転送量は100GB前後です。

高負荷が掛かるような処理が発生すると、制限が掛かるとのことですが、通常の利用であれば上限を気にせずに利用できるため、安心感があると思います。

ディスク容量は下記のようになっていますが、他社と比べると若干スペックが良好なように見受けられます。

  • 最安のCORE-MINIプラン(月額381円):60GB
  • 個人におすすめのCORE-Aプラン(月額477円):120GB
  • 法人におすすめのCORE-Bプラン(月額943円):240GB

他社サーバーでは、月額100円台などの格安サーバーの容量は10GB前後。月額500円程度であれば、容量は100GB前後。月額1,000円以上であれば、200GBくらいです。

データセンター

コアサーバーは日本国内のデータセンター(東日本と西日本の2箇所)で管理されています。

下記の「リージョン選択」のページで詳細が解説されていますが、2箇所でのバックアップ取得の安全性、災害リスク低減化、負荷分散といった明確な目的と対策が成されていることが分かります。

https://www.coreserver.jp/function/region/

他社サーバーでは、あまりここまで分散化による安全性を明確に共有されているのを見たことがないため、より安心感を持てそうだと思いました。

速度と稼働率

多くのレンタルサーバー会社が「高速」という言葉で訴求していますが、実際の計測結果がやはり気になりますし、それを基にサーバーを選択したいものです。

今回、他社レンタルサーバーも併せて共通した方法でWordpressサイトを制作し、ページ速度スコア(Googleが提供するPageSpeed Insightsの計測結果)を測定してみました。

結果としては、B(85%)で、平均値として示されていた75%を上回ります。

検証した他社サーバーはB(85~89%)くらいでしたので、競合比では平均かやや劣りますが、一般的には良好な速度パフォーマンスだと思います。

カスタマーサポート

4.5

チャット・問合せフォームでの迅速なカスタマーサポート

今回、コアサーバーを利用してウェブサイト制作・サーバー機能利用をする中で、カスタマーサポートに後述の3点の疑問点を質問しました。

コアサーバーでは、電話でのお問合わせは一部プランのみ対応ですが、非常に迅速なライブチャットと、通常の問合せフォームで親切に対応してくれます。

なお、ライブチャットでの対応は契約情報などの固定的な事柄が対象で、技術的・難易度の高い事柄はフォーム問合せを依頼されます。

リージョン(データセンター)について(ライブチャット)

CoreServer

上記で解説した「リージョン」(データセンター)について、はじめは該当ページを見ただけでは、明確にデータセンターが2箇所物理的にあるということが不明確で、すぐに確認したかったため、ライブチャットで質問しました。

このライブチャットは、毎回すぐさまカスタマーサポート担当者が返信をしてくれて、わずか1,2分で疑問が解決され、データセンターの件も詳細が把握できました。

稼働率の詳細な状況・データ(問合せフォーム)

CoreServer

既に上記で触れたサーバーのパフォーマンスについてですが、他社レンタルサーバーでもよく公開されている、サーバーの稼働率や保証状況が公式サイトに記載がないため、カスタマーサポートに質問してみました。

何%の稼働率を維持しているのか、また、保証はあるかを質問しましたが、回答としては非公開の方針ということと、無料お試し期間での検証をおすすめされました。

運営会社の方針であればやむを得ないことですし、今回フォーム問合せでしたが、半日くらいで回答が来て、迅速に対応して頂けるという点は、好印象を持ちました。

他社サーバーからの移行機能・サポートの有無(問合せフォーム)

CoreServer

レンタルサーバーを利用すると、機能性・料金などの要因で、他社サービスへの乗り替えを検討することがあります。

そんな時に便利なのが、他社いくつかでは提供されているWordpressサイトの移送機能。

簡単な僅かな入力処理だけで、自動で新規サーバーにサイトをコピーしてくれます。

そういった機能やサポートをコアサーバーで提供しているかを問合せましたが、結論としては非対応で、サーバー移送の手順マニュアルも存在しないとのことです。

マニュアルまで無いサービスは個人的には初めて目にしたため、少し驚きましたが、問合せへの対応は2時間ほどと迅速で、明確に回答して頂けた点は好評価です。

サポート窓口・問い合わせ方法

問合せフォームメールフォームで、24時間受付け。
ライブチャット【受付日】月~金曜日

【受付時間】10:00~17:00(土日祝は休み)

電話サポート【対象者】

・コアサーバー「CORE-B」「CORE-C」プランの利用者

・バリューサーバー「ビジネス」プランの利用者

【予約受付時間】24時間受付

【対応日】申し込み後、1営業日以内

【対応時間】10時〜17時(※時間指定は不可能)

比較

CoreServerを他のサービスと比較すると?

Hostinger比較する 4.9 比較する
InterServer比較する 4.8 比較する
CoreServer比較する 4.5 比較する
Bluehost比較する 2.5 比較する

料金

4.6

格安料金と無料お試し期間

バリューサーバーはWordpressサイト作成・運用に関する機能など、重要な機能をしっかり使えてパフォーマンスも平均以上の良好さがありますが、料金面は各プラン共にやや安い印象で、お得感があります。

長期契約時には更に割引され、容量豊富で個人事業におすすめのAプランは月額換算で300円台であり、同スペックの他社サーバーは500円くらいのため、格安さが目立ちます。

また、他社多くのレンタルサーバーでも提供しているように、コアサーバーでも無料体験利用ができます。しかも、30日と他社比ではおそらく最長かと思います。

一定期間まずは試しに検証利用し、以降の長期的な契約を検討する際には便利に見極められますし、結果としてコストパフォーマンスの良さを享受できそうです。

支払方法・解約返金の有無

プラン契約時の支払方法は、クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX CARD)・銀行振込・コンビニ支払・Webマネーに対応しています。

なお、3ヶ月以上など長期間の契約・支払後に解約をする際は、契約期間を満了して解約が完了となり、支払い済みの料金は一切返金されない規約となっています。

ユーザーレビュー

CoreServerについて日本語で初のレビューを投稿しましょう!
レビューを書く

に関するまとめ CoreServer

格安で機能もしっかり提供するコアサーバーは、パフォーマンス面としては、日本国内の人気のレンタルサーバーと比べると極めて平均的ですが、一般的な基準では良好です。

そのため、比較的コストパフォーマンスが良いレンタルサーバーと言えるとは思います。

一方で、更に便利で高度なサイト制作・運用機能や、最高レベルのパフォーマンスを求める場合、他社も吟味する必要があります。

コアサーバーは無料体験期間が30日間と非常に長いため、まずはこの機会に検証利用してみることを是非おすすめします。

安部 怜史
安部 怜史
SEOや他言語のメディア運営を専門としたウェブマーケターで、国内・海外の企業のマーケティングに従事。 過去にはWEB系のスタートアップ企業で、日本語・英語・中国語の旅行メディアの制作から運営までを担当し、月間200万人以上が閲覧するサイトへ成長させた。 また、東京ではNPO法人も運営。訪日客など1万人以上の国際コミュニティを組成し、東京都と連携してオフラインのマーケティング・PR施策にも従事する。

CoreServer の類似サービス

エックスサーバー
4.6
他社比でも明確な安定性とサイトスピードの高パフォーマンス
レビューを読む
お名前.com
4.6
知名度が高い老舗の東証一部上場企業が提供するサービスで、日本で監視・管理しているので安心
レビューを読む
ヘテムル
4.5
大容量200GBでお得なサービス
レビューを読む
mixhost
4.5
サーバーの性能は平均以上
レビューを読む
1527228