1. WebsitePlanet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. BluehostとGoogle Cloud Platformを完全比較│有名なら質が良いとは限りません【2021年】

BluehostとGoogle Cloud Platformを完全比較│有名なら質が良いとは限りません【2021年】

マーク・ホールデン マーク・ホールデン

Bluehostは人気のあるレンタルサーバー企業で、安いレンタルサーバーを検索したことがある方は名前を目にしたことがあるはずです。しかし人気の理由はサービスの質が良いからではなく、アフィリエイトプログラムがかなり魅力的だからです。Bluehostでは共用、VPS、クラウドのレンタルサーバーなども利用できます。一方、Google Cloud Platformは法人向けのクラウドホスティングです。

今回、2つのウェブホスティングサービスを実際に試し、パフォーマンス、価格、セキュリティ、サポートの観点で評価しました。その結果、Google Cloud Platformが圧勝となり、「人気=高品質」という方程式は必ずしも成り立たないことが分かりました。

Google Cloud Platformの最新割引はこちらでご覧になれます。Bluehostがなぜ負けてしまったのか気になる方は下のBluehostとGoogle Cloud Platformの完全比較をお読みください。

1. プラン・価格

Bluehostは低価格で気軽に試せる

Bluehostは共用レンタルサーバー(eコマース機能付きのWordPress用レンタルサーバー)、クラウドレンタルサーバー、専用サーバーを提供しています。Google Cloud Platformは法人レベルのクラウドサーバーの提供に特化しており、仮想マシン、クラウドストレージ、コンテナも利用できます。また、Google Cloud Platformでは小規模な静的・動的サイトやWordPressもホスティングできます。ただし、Google Cloud PlatformのコストはBluehostの月額料金の約4倍で、かなり高価格です。Bluehostの共用レンタルサーバーの方が安く、3年契約に加入すると一番お得です。クラウドプランだけを比較してみると、Google Cloud Platformの仮想マシンは1時間単位または1か月単位で利用でき、Bluehostより低価格です。

Google Cloud Platform クラウドホスティング

Bluehostからホスティングサービスを購入すると無料ドメインが付いてきます。

Bluehostは30日返金保証があり、Google Cloud Platformだと300ドル相当のクレジットで1年間トライアルできます。

価格の項目ではBluehostの勝ちでしょう。Google Cloud Platformより低コストで、安心の返金保証もあり、初めてでも気軽に利用できます。

2. 機能

Google Cloud Platformは最先端の技術を採用

Bluehostは共用レンタルサーバー、クラウドサーバー、VPSサーバー、専用サーバーを提供しています。いくつでもサイトをホスティングできるプランが必要なら、Bluehostの共用プランは検討する価値があるでしょう(ベーシックプラン以外がおすすめです)。共用プランの特長として、SSDストレージ、無料ドメイン(1年目のみ)、無料SSL証明書、ワンクリックWordPressインストーラ、無料Weeblyサイトビルダー、Cloudflare CDN(マネージドWordPress付き)、CodeGuard無料バックアップ(有料アドオン)、毎日バックアップ(チョイスプラスプラン・プロプランのみ)などが挙げられます。

一方、Google Cloud Platformは仮想マシン、クラウドストレージ、コンテナを提供しています。インフラは効率を重視して設計されており、ほんの数秒で起動します。Google Cloudの特長は、より高速なローカルSSD、高速インスタンスネットワーキング、クラウドCDN(有料)、自動バックアップ、高速ストレージスループット、毎秒100万件までクエリに対応できるスケーラブルな世界規模の負荷分散などです。

並べて比較してみましょう。

レンタルサーバーの種類
共用レンタルサーバー、クラウドサーバー、VPSサーバー、専用サーバー
仮想マシン(VM)、クラウドストレージ、コンテナ
無料ドメイン
×
ディスク容量
×
ディスク容量
SSDは50GB~使い放題
ニーズに合わせてスケールアップ・スケールダウン
帯域
無制限
従量制
自動バックアップ
毎日
毎日
コントロールパネル
cPanel
ブラウザベースのGoogle Cloud Console
無料CDN
×
無料サイト移転
×
返金保証期間
30日間
×

Google Cloud Platformは初心者には向きませんが、デベロッパーや法人向けの機能があるので優勝となりました。

3. パフォーマンス

Google Cloud Platformは稼働率保証、冗長性、待ち時間の短さで勝ち

全世界20か所にデータセンターを立地しているGoogle Cloud Platformは世界中をカバーしていて、パワフルな冗長性、待ち時間の短さ、アプリケーションの可用性が高いことなどが魅力です。

BluehostのマネージドWordPressプランはCloudflare CDNを提供していますが、Google Cloud Platformは有料のクラウドCDNと世界規模の負荷分散を提供しています。

Google Cloud Platformは稼働率を99.99%まで保証しており、停止時間が発生すると10~50%までクレジットという形で補償してくれます。詳しくはGoogle Cloud Platformの完全レビューをご覧ください。

Bluehostには稼働率保証はありませんが、当サイトのパフォーマンス検査で稼働率は平均99.9%でした。しかしデータセンターの場所によってはロード速度がかなり遅いこともあります。パフォーマンス検査の結果はBluehostの完全レビューをご覧ください。

Google Cloud Platformは複数のデータセンターがあり、冗長性、稼働率保証もBluehostより優れています。

4. セキュリティ

セキュリティ対策が万全のGoogle Cloud Platformが圧勝

Bluehostで利用できるのは無料SSL、SiteLock(有料アドオン)、スパムエキスパート(ベーシック共用プラン以外で利用可能)、ドメインプライバシー+保護だけです。一方、Google Cloud Platformは国際的なセキュリティ標準を満たしているため、ビジネスの目標を達成しながら条例や方針に遵守できます。完全にスケーラブルなセキュリティ分析、実証済みのユーザー保護技術、GoogleのChronicleを使った素早いリスク分析、セキュリティアナリティクス、オペレーションなど、包括的なセキュリティ対策があるので安心して利用できます。また、Google Cloud Platformは複数のセキュリティ企業とも提携してさらにセキュリティ対策を強化しています。

この項目ではGoogle Cloud Platformの圧勝です。

5. サポート

Bluehostはサポートが不十分

Bluehostは24時間年中無休のチャット・電話サポートを提供していますが、サポートスタッフは知識が少なく、対応にも時間が掛かります。しかし知識ベースは充実しているので自分で問題解決するには役立つでしょう。

BlueHost Live Chat Support
Bluehostのライブチャットサポート

一方、Google Cloud Platformは無料トライアルでもサポートを利用でき、支払に関するサポートも無料です。有料サポートは電話、ウェブ、チャットで対応してくれますが、3つの有料プランはかなり高いと思います。セルフサービスのサポートはデベロッパーコミュニティ、資料、ヘルプセンターがあるので良いでしょう。

Google Cloud Platform Support Tiers
Google Cloud Platformは3つのサポートプランがあります。

コストが高いので初心者は躊躇してしまうかもしれませんが、Bluehostと比べるとGoogle Cloud Platformの方がサポート体制は良いでしょう。

Google Cloud Platformがダントツ

最先端の機能、世界規模のデータセンター、冗長性、多層的なセキュリティ対策、しっかりしたサポートなど、Google Cloud Platformが圧勝となりました。しかし、小規模な個人サイトを始めたり、スモールビジネスのサイトを立ち上げるためのレンタルサーバーが必要な方にはBluehostの方が良いかもしれません。価格や使いやすさを優先するならBluehostが良いでしょう。しかしBluehostもGoogle Cloud Platformもおすすめのレンタルサーバートップ10にはランクインしていません。最優秀のレンタルサーバーはどれか気になる方はおすすめのレンタルサーバーランキング をご覧ください。

比較表

Bluehost
Google Cloud Platform
プラン・価格
手頃な価格の共用レンタルサーバー、クラウドサーバー、VPSサーバー、専用サーバー
高価格なクラウドサーバープラン
特長
SSDストレージ、無料ドメイン(1年目のみ)、無料SSL証明書、ワンクリックWordPressインストーラ、無料Weeblyサイトビルダー、Cloudflare CDN(マネージドWordPress付き)、CodeGuard無料バックアップ(有料アドオン)、毎日バックアップ(チョイスプラスプラン・プロプランのみ)など
ほんの数秒で起動するように設計されたインフラ、より高速なローカルSSD、高速インスタンスネットワーキング、クラウドCDN(有料)、自動バックアップ、高速ストレージスループット、毎秒100万件までクエリに対応できるスケーラブルな世界規模の負荷分散
パフォーマンス
稼働率保証なし。ただし調査で稼働率は平均99.9%。
シングルインスタンスは99.5%、複数のゾーンをまたぐユーザーは99.99%の稼働率保証あり(停止時間は10%~50%のクレジットで補償)
セキュリティ
無料SSL、SiteLock、スパムエキスパート、ドメインプライバシー+保護
完全にスケーラブルなセキュリティアナリティクス、実証済みのユーザー保護技術、GoogleのChronicleリスク分析など
サポート
24時間年中無休体制のチャット・電話サポートあり。ただしスタッフは知識不足。セルフサービスの知識ベースは充実
無料トライアルサポートと基本的な請求に関するサポートは無料で利用可能。有料サポートは3種類あり、ウェブ、電話、チャットで問い合わせ可能。セルフサービスのサポートはデベロッパーコミュニティ、資料、ヘルプセンター

よくある質問

BluehostはGoogle Cloud Platformより優れたサービスですか?いいえ、この2つのホスティング企業を詳しく比較したところ、Google Cloud Platformの方が良いことが分かりました。性能、特長、セキュリティなどは感心できるほど優れているのでおすすめです。お申し込み前におすすめのレンタルサーバーランキングをご覧ください。BluehostはWordPress用レンタルサーバーを提供していますか?はい、WordPressプランはマネージドとアンマネージドの2種類があります。マネージドプランを選ぶと、アナリティクス、高度なセキュリティ対策、ソーシャルメディアのインテグレーションなどを利用できます。Bluehostはニーズに合わない場合はおすすめのマネージドWordPress向けレンタルサーバーをご覧ください。Google Cloud PlatformではVPSを利用できますか?いいえ、VPSサービスはありませんが、クラウドで仮想マシンを使用できます。どうしてもVPSが必要ならご心配なく。VPSプロバイダはいくつかあるので、おすすめの安いVPSサービスをご覧ください。手頃な価格で使える確実なVPSをご紹介しています。

この記事を評価
4.5 2 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。 Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低10文字です

コメントがありますか?

レビューに返信
%s件の返信を見る
View %s reply

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

1879032
100
5000
11028390