当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスをランキングにまとめていますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダとの商業契約も考慮しています。このページにはアフィリエイトリンクが含まれます。「宣伝に関する情報開示
  1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. コンテンツ管理システム おすすめ6選│無料CMSも3社!2024年

コンテンツ管理システム おすすめ6選│無料CMSも3社!2024年

エマ・アイレス エマ・アイレスサイト開発の専門家
ブランドストーリーで一番大切なのは、コンテンツ。世界中の人々にコンテンツを見てもらうには、コンテンツ管理システム(CMS)を使うのが効果的です。しかし、CMSならどれでも良いというわけではありません。

Webサイトに合わないCMSを選んだからと言って失敗するとは限りませんが(大半のCMSは簡単にホームページをエクスポートできるようになっています)、何度もCMSを移行するのは手間がかかりますし、時間の無駄です。

また、CMSと言っても、自由度の高いセルフホスト型CMSからオールインワン型ホームページ作成ツールまで、さまざまな種類があります。「どのCMSを選べばいいか分からない…」と圧倒されてしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、多数のCMSを徹底検証し、一流プラットフォームを厳選しました。

ここで紹介するCMSは優れたブログ機能があり、美しいテンプレートが充実しているほか、標準的なホームページ作成ツールより自由度が高く、ブランド構築を支援する優れたSEOツールも備わっています。

【早見表】2024年におすすめのコンテンツ管理システム

  1. WordPress.org:自由度が非常に高いCMS。優れたブログ機能があり、プラグインが満載。
  2. Joomla!:Webデベロッパーやデザイナーにおすすめの高度なCMS。
  3. Squarespace:ノーコードで使えるオールインワン型CMS。初心者にぴったり。

ほかにもおすすめのCMSを3社ご紹介!比較表よくある質問

コンテンツ管理システムの選び方

どんなホームページを構築するにしても、CMSプラットフォームには次のような基本機能があるべきです。コンテンツ管理システムを選ぶ際の参考になれば幸いです。
  • 柔軟にカスタマイズできる ユニークなホームページを簡単に作成できるように、優れたCMSは、Webサイトのあらゆる部分を編集できるテンプレートを提供しています。
  • 使いやすい この記事でご紹介するCMSは、ダッシュボードが操作しやすく、コーディングせずに本格的でおしゃれなWebサイトを構築できます。HTMLについて知らなくてもホームページを作成できるわけです。
  • アプリと拡張機能 アプリを賢く使うことで、eコマース機能の追加、安全性の向上、SEO対策の効果測定などが可能になり、差をつけることができます。また、Webサイトにあらゆる機能を詰め込むのは不可能ですから、CMSを選ぶ際は拡張機能をインストールできることを確認しましょう。
  • 高度なデベロッパーツール この記事に掲載されているCMSは、カスタムコードを追加できるようになっているので、ニーズに応じてWebサイトを柔軟にカスタマイズできます(開発者が不在の場合、この作業を外注するのも1つの手です)。また、カスタムコードを追加できれば、特定の機能やデザイン要素をホームページに盛り込めます。
  • サポート窓口 営業時間外にトラブルが発生しても、ライブチャット、メール、電話などのサポート窓口、あるいは豊富なサポート記事で解決できるべきでしょう。

Wordpress.org's theme library
WordPress.orgには、数千個の無料・有料テーマが用意されています
WordPress.orgは、数十万人が愛用するオープンソースCMSです。コーディングの知識がなくても、Webサイトを思いのままにコントロールできるため、ネット上に存在するWebサイトの40%以上がWordPress.orgを使用しているほど。WordPress.orgなら、単純なブログから複雑なECサイトまで、ありとあらゆるWebサイトを構築できます。

WordPress.orgは自由度が非常に高く、ドメイン名やレンタルサーバー、バックアップ、セキュリティなどの運用は自己責任なので、初心者は圧倒されてしまうかもしれません。しかし、使い方を学ぶ覚悟ができていれば、WordPress.orgのホームページ作成機能を最大限に生かせると思います。

高品質のブロックエディタ、SEO対策機能、セキュリティ機能が内蔵されていますが、無料・有料のプラグインも数千個あり、自由に機能拡張できます。プラグインはコーディングの知識がなくても使えますから、WordPress.orgは機能性もトップクラスのCMSであると言えます。

WordPress.orgのレンタルサーバーには、Hostingerがおすすめ1です。Hostinger独自のコントロールパネルから手軽にWordPressをインストールできるようになっています。また、Webサイトとプラグインのアップデート、バックアップの作成も自動的に行ってくれるのは素晴らしいですね。助けが必要な場合、24時間年中無休のカスタマーサポートが頼りになります。
1
hostinger-logo-alt

Hostingerのプランが最大75 %オフ!

期間限定です。お見逃しなく!

8494 のユーザーがこのクーポンを利用しました

特徴

  • 無料で使えるWordPress.orgは、ボランティアチームが運営する無料CMSなので、基本機能はすべて無償で使えます。有料のテーマやプラグインもありますが、それらを使わなくても最大限に活用できるCMSです。
  • 素晴らしいブログ機能を内蔵 新たにリリースされたWordPress.orgのブロック型テキストエディタは、操作性に優れ、モバイル対応です。また、内蔵のSEO機能を使うと、記事やページへのタグ付け・カテゴリ分けが可能なので、検索エンジンがコンテンツを簡単にインデックス化できるように工夫できます。
  • ホスティングとドメイン名を自由に選べるWordPress.orgはセルフホスト型CMSなので、好きなレンタルサーバーとドメインレジストラを選べます。裏を返せば、WordPress.orgはセットアップにやや手間がかかると言えますが、さまざまな企業を比較検討してコストパフォーマンスの高いサービスを選ぶことができます。
  • 高度なデベロッパーオプション WordPress.orgのケイパビリティを拡張したい場合、デベロッパーツールやチュートリアルが充実しているので、独自のテーマやプラグインを作成することも可能です。
日本語に対応
ホスティング セルフホスト
アプリと拡張機能 59,000個以上の無料・有料プラグイン
カスタマーサポート サポート掲示板、サポート資料、地域の交流会、ワークショップ

Joomla!'s extensions library
Joomla!には数千個の拡張機能があり、容易に機能を追加できます
ホームページを作成したことがある場合、Joomla!はぜひ検討したいオープンソースCMSでしょう。テンプレートは2つしかないので、カスタムサイトを構築するにはサードパーティからテンプレートを購入するか、独自に作成する必要があります。

Joomla!は無償で使えますが、セルフホスト型CMSなので、レンタルサーバーと独自ドメインは自分で用意しなければなりません。予算が限られている場合、レンタルサーバーとドメインレジストラを自分で選ぶとコストを削減できます。

Joomla!は優れた高度な開発ツールがいくつかあります。コーディングガイドライン、開発者向けドキュメント、PHPアプリケーションを構築するための独立したJoomla!フレームワークなどがあります。

Joomla!でホームページを作成するなら、レンタルサーバーは ScalaHostingがおすすめです1VPSプランはパワフルで、cPanelを強化した「SPanel」が使えるので、レンタルサーバーのリソース管理を手軽に行えます(なお、cPanelは日本語に対応しています)。また、チャットやメール、チケット、電話で24時間年中無休のサポートに問い合わせることができ、知識ベースもあります。
1
ScalaHosting_logo

ScalaHostingのプランが最大53 %オフ!

期間限定です。お見逃しなく!

208 のユーザーがこのクーポンを利用しました

特徴

  • オープンソースのCMSソフトJoomla!は開発者向けドキュメント、コーディング標準、フレームワークがあるので、デベロッパーはJoomla!に貢献したり、必要な拡張機能を構築したりできます。
  • 便利なコンテンツツールJoomla!は、メタデータ、キーワード、URLの最適化に完全対応しています。コンテンツのバージョン管理も可能なので、Webサイトに変更を加えても後で前の状態にロールバックできます。
  • 70言語以上、翻訳パック多言語サイトを作成し、ユーザーのブラウザの言語設定をもとに自動的に言語が切り替わるようにしましょう。こうすることで、より多くのユーザーが快適にWebサイトを閲覧できるようになります。
  • コンテンツ編集・公開ツール 内蔵のテキストエディタを使えば、コーディングの知識がなくても記事を作成できます。ほかにも、記事のスケジュール設定、アップロード済みメディアの管理、記事のカテゴリ分け・タグ付け(ユーザーがコンテンツを探すために便利)などが可能です。
日本語に対応
ホスティング セルフホスト
アプリと拡張機能 数千個のサードパーティ拡張機能(無料・有料)
カスタマーサポート 充実したドキュメント、無料動画チュートリアル、利用者同士で質問できるコミュニティ掲示板

Squarespace template library
Squarespaceには、完全にカスタマイズ可能なモバイル対応テンプレートが100個以上あります
1
Squarespaceはホームページ作成ツールだけでなく、高性能のオールインワン型CMSとして役立ちます。ほかのCMSとは違い、無料プランはありませんが、ホームページのホスティングとドメイン登録を任せられることを考えると、料金はリーズナブルでしょう。初心者やホームページを手軽に作成したいユーザーには、Squarespaceがピッタリです。

Squarespaceのブログ機能は本当に素晴らしいと思いました1記事ごとに書体を変えられるほか、公開前にほかのユーザーに記事を評価してもらったり、公開したブログ記事を購読者に配信したりできます。

Squarespaceはコーディングの知識がなくても使えます。ドラッグ&ドロップ型ブロックエディタだけでホームページを管理できるのです。WordPressやJoomla!ほど自由にデザインを変えられないのは重大なデメリットですが、十分に編集してオリジナルのホームページを作成できます。

1
squarespace-logo-alt-2-1

今すぐSquareSpaceのプランで30 %オフをご利用ください!

無料ドメインを1年間ゲット!

1752 のユーザーがこのクーポンを利用しました

特徴

  • 高度なSEOツールサイトのキーワード調査を行い、「SEOベストプラクティス」を参考にすれば、ユーザーに役立つ高品質コンテンツを制作できます。また、SquarespaceをGoogle Search Consoleと簡単に連携できますから、訪問者がどのようなキーワードを検索してサイトに流入したか理解できます。
  • メールマーケティング機能を内蔵 Squarespaceの「Email Campaigns」は、メールマーケティング施策を一元化する便利ツール。メールの自動配信、基本的なアナリティクス、連絡先リストを簡単に管理できるなど、メールマーケティングとWebサイトの管理がスムーズに行えます。
  • インテグレーション機能が数百個 SNSアカウント、決済処理サービス、アフィリエイトアカウントなどをSquarespaceと連携するのは簡単!さらに、無料または有料の拡張機能をダウンロードして、ほかのサードパーティサービスと接続することも可能です。
  • メンバー限定コンテンツ Squarespaceの「Member Areas」を活用すれば、ブログや動画などのコンテンツで稼げます。この機能をSquarespaceのメールマーケティング機能と連携すると、メンバーリストを自動的に更新できます。
詳しくはSquarespaceの完全レビューをご覧ください

日本語に対応
ホスティング Squarespaceのプランに含まれます1
アプリと拡張機能 数百個のインテグレーション機能が内蔵されており、無料・有料の拡張機能も数十個
カスタマーサポート ライブチャット、メール、サポート掲示板、動画チュートリアル、ウェビナー、知識ベース

Drupal, The Business Responsive Theme
この「Business Responsive Theme」のほかにも、3,000以上のテーマが利用可能です
Drupalは業界で最も高度なCMSと言っても過言ではありません。初めてホームページを作成する場合、あるいはサイトの管理を行う開発者を確保できない場合はおすすめしません。ドキュメントはとても充実していますが、それなりの覚悟が必要です。

とは言え、Drupalはデータ量が多いWebサイトにピッタリのCMSです。このCMSはビジネス向けに設計されており、大量のデータを高速で処理できるフレームワークが基盤となっています。カメラマン、映画製作会社、プロデューサー、ビジュアルアーティストなど、メディアの表示速度を優先したい場合はDrupalがおすすめです。

Drupalは無料拡張機能(モジュール)が48,000個以上あり、必要な機能をホームページに追加できます。ほかにも、Google Analyticsの設定、バックアップの管理、サイトマップの生成なども可能。大半のCMSはこのような機能を提供していますが、必要に応じてダウンロードできるのは良いと思いました。

Drupalはリソース使用量が多いセルフホスト型CMSなので、パワフルなレンタルサーバーが必要となります。Kamateraがおすすめです1。高度なファイアウォールを搭載したクラウドホスティングサービスで、必要な分だけリソースを自動的にスケールできます。
1
kamatera-alternative-logo

1か月分のを無料でゲット!

KamateraのVPSが1か月間無料!

95 のユーザーがこのクーポンを利用しました

特徴

  • オープンソースCMS 数百人のボランティアがコアのアプリケーション、拡張機能、テーマの構築、バグ修正を行っています。自分のホームページのために開発したものがほかのユーザーの役に立つと思う場合、詳しい貢献者ガイドがあります。
  • 軽量で高速多くの場合、CMSには最初から一式のモジュールが含まれていますが、Drupalの場合は手動でインストールする必要があります。つまり、コアのCMSの読み込みが速いのです。必要に応じて拡張機能を追加することで、オールインワン型CMSのように重くならないようにすることができます。
  • 資料が充実している「開発経験はあるけど、Drupalは初めて。」ユーザーガイドや開発ガイド、コミュニティが作成したWikiなどが用意されていますから、始める際に参考になります。
  • 数千個のテンプレートこのCMSはテンプレートが多数あります。Drupalには、利用者コミュニティが作成した無料テンプレートは3,000個以上あり、その多くはインストールガイドやドキュメントが用意されています。バグに遭遇した場合に備えて、デベロッパーの連絡先情報が掲載されているものもあります。
日本語に対応
ホスティング セルフホスト
アプリと拡張機能 48,000以上の無料モジュールでDrupalの機能を拡張
カスタマーサポート ユーザーガイド、開発とディストリビューションに関するドキュメント、サポート掲示板、wiki、認定済みサービスパートナーのマーケットプレイス、交流イベント

Wordpress.com's theme library
WordPress.comはテーマが200個以上あり、サードパーティ製テーマも簡単に追加できます
1
WordPress.comは、WordPress.orgより小規模な、初心者向けCMSであると言えます。WordPress.comのプランは、ホスティング、ドメイン名、バックアップ、セキュリティ対策、eコマースツールがそろっています。セルフホスト型のWordPress.orgでは、これらを自分で用意しなければなりませんから、WordPress.comのほうが手間がかかりません1

もちろん、自由度は少し限られてしまいますが、ホスティングを任せられる他社のCMSと同程度でしょう。高パフォーマンスなWebサイトを作成したい方にもおすすめです。WordPress.comは、パワフルなホームページを簡単に作成できるように工夫されています。

また、WordPress.comのユーザーはチャットとメールで24時間年中無休のサポートに問い合わせられますから、ホームページを作成中にトラブルに遭遇しても安心です。

1
wordpress-logo-alt-2

WordPress.comのプランが最大55 %オフ!

期間限定です。お見逃しなく!

1130 のユーザーがこのクーポンを利用しました

特徴

  • オールインワン型CMS WordPress.comはバックエンドの管理作業をすべて行ってくれます。セルフホスト版(WordPress.org)のパワーと、手軽さを兼ね備えたCMSです。最初からうまくいくソリューションに投じる予算がある場合におすすめです。
  • パワフルなインテグレーションツール 数千個のプラグインがありますから、APIさえあれば、ほとんど何でもWordPress.comと連携できます。ただし、プラグインが利用可能なのはビジネスプラン以上です。
  • eコマース機能 ビジネスプラン以上では、ECサイトを作成できます。消費税の自動計算、StripeやPayPalとの連携、クーポン、商品レビューなどの機能があります。また、eコマースプランでは大手運送業者とのインテグレーションが可能なので、手間を省けます。
  • 広告収入 プレミアムプラン以上に加入すると、収益化ツールを使ってコンテンツから不労所得を得ることができます。ブログやコンテンツ制作に挑戦したい場合はWordPress.comがピッタリでしょう。
Wordpress.comの完全レビューで必見の機能について詳しくご覧ください。

日本語に対応
ホスティング WordPress.comのプランに含まれます1
アプリと拡張機能 ビジネスプラン以上では数千個のプラグインと拡張機能が利用可能
カスタマーサポート 24時間年中無休のライブチャット・メールサポート、知識ベース、無料ウェビナー、チュートリアル

6. Shopify:ECサイトの構築におすすめのCMS1

Shopify's theme library
Shopifyのテーマはシンプルですが、モダンなデザインで、モバイルに対応しています
1
eコマース向けCMSとして知名度が高いShopify。サービス内容を見れば納得できます。割引コードや在庫管理をはじめとする幅広いストア管理機能があり、100以上の決済ゲートウェイサービスと連携できるなど、ShopifyはECサイトを簡単に構築し、成長させたい人にぴったりのCMS1なのです。また、Shopifyストアはほかのeコマースマーケットプレイスと同期できるので、ネット販売を一元管理できます。

ただ、一番安いECサイト向けCMSとは言えません。特に、ECサイトを始めたばかりで毎月の売り上げが低い場合はコストが気になるかもしれません。しかし、すでに成功しているECサイトをステップアップしたいと考えている場合、Shopifyを選ぶ価値は間違いなくあります。

1
shopify-logo-alt

Shopifyのプランが最大25 %オフ!

期間限定です。お見逃しなく!

411 のユーザーがこのクーポンを利用しました

特徴

  • 実店舗販売に対応 Shopifyが販売しているPOSデバイスを使うと、店舗での支払い、在庫管理、販売レポートの閲覧などが行えます。スマホでShopifyのPOSを使うこともできるので、新たな設備を購入しなくてもOKです。
  • 6,000以上のアプリShopifyをメールマーケティングサービス、会計ソフト、SNSプロフィールなどと連携し、ECサイトをさらに強化できます。
  • ストア分析ダッシュボード Shopifyのダッシュボードで、訪問者の統計情報、コンバージョン率、リアルタイムのストアアクティビティを素早く閲覧できます。プラグインを追加する必要はありません。
  • 学習リソース Shopifyは無料のビジネス向けコース、2つのポッドキャスト、さらには地域ごとの交流イベントなどを展開しているので、ほかの販売者から学んだり交流したりできます。ビジネスをスケールするのに役立つサポートが充実しています。
Shopifyの完全レビューでパワフルなECサイトを構築する方法をご覧ください

日本語に対応
ホスティング Shopifyプランに含まれます1
アプリと拡張機能 6,000以上の無料・有料アプリ
カスタマーサポート 24時間年中無休のライブチャット、メール、電話サポート

あなたにピッタリのコンテンツ管理システムは?

一番おすすめなのはWordPress.orgです。無料で使うことができ、自由度が高いため、ビジネスが成長したり、趣味が変わったりしても、Webサイトを簡単に進化させることができます。

予算が限られている場合、レンタルサーバーとドメインレジストラを自分で選べるのもメリットの1つです。例えば、HostingerのWordPress用レンタルサーバーは格安かつ高パフォーマンス1です。

とは言え、WordPress.orgは初心者向けCMSとは言えません。ホームページを始めて作成する場合、Squarespaceを検討すると良いでしょう1。オールインワン型CMSなので、美しいホームページを作成することだけに力を入れればOKです。

いくらか開発経験があり、もう少し高度なCMSが欲しい場合、Joomla!がおすすめです。Joomla!も無料のオープンソースCMSで、開発者向けドキュメントやコーディングガイドライン、PHPフレームワークが充実しているので、ホームページのアプリを構築する際の参考になります。

最適なレンタルサーバーをお探しなら、Joomla!にはScala Hostingがおすすめ1。完全にカスタマイズ可能なクラウドプランがあり、料金も手頃です。

業界トップクラスのコンテンツ管理システム 6社を表で比べてみましょう。

CMS・ホーム

ページ作成ツール
注目ポイント
WordPress.org 数千人が常にプラグインの更新、開発、作成、ソフトの改善を行っている
Joomla! デベロッパー向けのサポート資料とフレームワークがあるため、Joomla!を自由に拡張・カスタマイズしてあらゆるWebサイトを制作できる
Squarespace キーワード調査、サイトアナリティクス、サイトマップの自動生成など、高度なSEO機能を内蔵
Drupal 完全にモジュラーなので、軽量かつ高速。情報量が多いWebサイトにおすすめ
WordPress.com 初心者でも操作しやすいブロックエディタで、Webページの構築とブログ記事の作成をスムーズに進められる
Shopify 高度なeコマース機能を搭載。在庫管理、割引コードの作成、外部サイトやマーケットプレイスでの販売管理など

よくある質問

動作が速いおすすめのCMSは?

WordPress.orgがおすすめです。ありとあらゆるWebサイトを構築できる、汎用性の高いCMSなのです。コアのCMSは不要な機能で肥大化していないので、Webサイトに負荷がかかることはありません。なお、スピードはレンタルサーバーにもよりますが、WordPress.orgには Hostingerがおすすめです

初めてでも習得しやすいCMSは?

初心者でも安心して始められるCMSをお探しなら、Squarespaceがおすすめです。手厚いカスタマーサポート、直感的に操作しやすいWebサイトエディタ、Webサイトを始めるのに必要な全機能がそろっているなど、とても優秀なCMSで、2024 年におすすめのホームページ作成ツール TOP10にもランクインしています。

多くの企業に選ばれているCMSは?

インターネット上に存在するWebサイトのおよそ半数がWordPressを使っています(WordPress.comとWordPress.orgの両方)。eコマース専用CMSではありませんが、ShopifyなどのECサイト作成ツールに匹敵する、優れたeコマースプラグインがいくつかあります。デジタルマーケティング戦略を支援するSEO機能も充実しています。Wordpress.comに加入する際は、こちらのクーポンページをご覧ください。

WixはWordPressよりおすすめですか?

ニーズによります。WordPress.orgはカスタマイズ性が高く、完全にオリジナルのホームページを作成できます。WordPress.comも自由度の高さは同じですが、レンタルサーバーと独自ドメインを設定する手間を省くことができます。とは言え、Wixのようなホームページ作成ツールも、さまざまなメリットがあります。ホームページの作り方 完全ガイドをご覧になれば、どちらがニーズに合っているか判断できると思います。ぜひご覧ください。

この記事を評価
4.7 6 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。 Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低10文字です
コメントがありますか?
返信する
%s件の返信を見る
View %s reply
関連記事
関連記事をもっと表示
本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。
Popup final window
家族や同僚にこの投稿を共有してください。

We check all comments within 48 hours to make sure they're from real users like you. In the meantime, you can share your comment with others to let more people know what you think.

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

1 1 1

口コミはこちら 1

2921081
50
5000
44113112
string(0) ""