当サイトには、提携サイトへのリンクが含まれています。当サイトのリンクをクリックして提携サイトで製品を購入した場合、当社はアフィリエイト報酬を受け取ります。詳しくはこちら。アフィリエイトプログラムへの参加が当サイトのレビューに影響を与えることはありません。
  1. WebsitePlanet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. HostingerとHerokuを完全比較!2021年におすすめなのは?

HostingerとHerokuを完全比較!2021年におすすめなのは?

マーク・ホールデンマーク・ホールデン
2021年5月9日

Hostingerは普通のレンタルサーバー企業で、多彩なホスティングサービスを提供しています。一方、HerokuはコンテナベースのクラウドPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)で、デベロッパーがアプリをデプロイ、管理、スケールアップできるサービスを提供しています。HostingerとHerokuのサービスは大きく異なりますが、選ぶ際に注意したいことは他にもあります。

では、HostingerとHerokuのどちらを選べばよいのでしょうか?今回の調査では利用者の立場から特長、パフォーマンス、価格などを客観的に分析しました。

その結果、Hostingerが圧勝となりました。Hostingerの最新割引はこちらでご覧になれますが、HostingerとHerokuの完全比較の全容を知りたい方は引き続きお読みください。

1. プラン・価格

Hostingerは初心者、Herokuはデベロッパー向け

Hostingerは共用、WordPress、メール、クラウド、VPSサーバーなど多彩なホスティングサービスを提供しています。

一方、HerokuはJava、Ruby、PHP、Python、Scala、Node.js、Go、Clojureなどたくさんのプログラミング言語に対応したコンテナベースのクラウドPaaSを提供しています。また、Herokuはデータサービスやプライベートスペース(専用環境)も提供しています。

この比較ではHerokuのPostgresというクラウドDBaaS(データベース・アズ・ア・サービス)に注目していきます。価格が異なるプランが5種類あります(ホビー、スタンダード、プレミアム、プライベート、シールド)。一番安いプランは1万行まで無料で利用できますが、たくさんのリソースが必要だったり、スケールアップしたりするとHerokuの価格はかなり高くなってしまいます。

サービス内容が違うため、HerokuのプランとHostingerの共用レンタルサーバーを直接比較するのは困難です。しかし、Hostingerの共用レンタルサーバーはとても低価格で利用できることに注目しましょう。クラウドサーバープランは3種類あり、4年契約を選ぶのが一番お得です。

Hostingerは30日返金保証もあります。一方、Herokuだと返金保証はありません。

まとめると、Hostingerの方が安く初心者でも使いやすいため、Herokuよりコストパフォーマンスが高いと言えます。

2. 機能

Hostingerの方がリソース配分と使いやすさが良い

HostingerはCloudLinux OS、無料SSL、SSDストレージ、無料ドメイン(最初の1年間のみ)、速度ブースター(1~4倍にスピードアップ)、無料CDN、ワンクリックアプリインストーラ(100種類以上のアプリあり)、革新的なカスタムhPanel、無料の自動バックアップ(毎日)、無料マイグレーション、複数のPHPバージョン(5.2~7.4)に対応しているなどの特徴があります。

HerokuのPostgresクラウドDBaaSではデータベースフォークを利用でき、負荷テスト、1つのコマンドでデータベースのクローンを作成、新しいスキーママイグレーションのテストなどに役立ちます。他にも、フォロワー(水平スケーリング向けの読み取り専用データベースレプリカ)、データクリップ(データを基に業務決定するのに便利)、自動化されたデータベースの健康状態の確認、1つのコマンドでデータをロールバック、Mutual TLSを介したプライベート・シールド環境へのスムーズな統合、アクセス権限の管理・コントロール、Edge AWS CDN(有料アドオン)などの特徴があります。

比較してみましょう。

レンタルサーバーの種類
共用、WordPress、メールサーバー、VPS、クラウドサーバー
コンテナベースのクラウドPaaS+データサービス、プライベート環境
無料ドメイン
×
無料SSL証明書
×
ディスク容量
SSDは100GB~200GB
68GB~3TB
接続数
無制限
120~500接続
自動バックアップ
1日
毎日・毎週・毎月
コントロールパネル
hPanel
ウェブダッシュボード
メールアカウント
無制限
情報なし
無料CDN
×
無料サイト移転
×
返金保証期間
30日間
×

Hostingerの方が多彩なレンタルサーバープランを用意していて、リソース配分が良く、使いやすいのでこの項目ではHostingerの勝ちとなりました。

3. パフォーマンス

Hostingerは稼働率保証があり、高パフォーマンス。Herokuは保証なし

Hostingerのティア3データセンターは世界各国7か所に立地しています。また、稼働率99.9%保証(停止時間はクレジットで補償)、各コンテナで100%隔離された仮想マシン・コンテナを使用、Cloudflare CDN、RAID-10付きSSDドライブなどの特徴もあります。

HerokuはISO 27001とFISMAに認定されたAmazonの管理するデータセンターを使用しており、AWS(アマゾンウェブサービス)の技術を活用できます。また、プランによってはバーストできるvCPUとディスク領域も使用でき、EBSに最適化されたインスタンス、自動フェイルオーバーによる高可用性(プレミアムプラン以上)も利用可能です。

Hostingerは稼働率99.9%保証付きです(停止時間はクレジットで補償)。当サイト独自のパフォーマンス検査ではロード速度と稼働率は優秀でした。詳しくはHostingerの詳細レビューをご覧ください。

Herokuは99.5%から99.95%の稼働率が期待できると主張していますが、保証はありません。しかし、プレミアムプランは毎月の停止時間は最大で15分なので可用性が高いと言えます。詳しくはHerokuの詳細レビューをご覧ください。

Herokuは停止時間が少ないですが、Hostingerの圧倒的なパフォーマンスには敵いませんでした。

4. セキュリティ

HostingerもHerokuもゆるぎないセキュリティ対策

HostingerはSSL証明書、毎日の自動バックアップ(毎日)、RAID-10、隔離されたリソース、LVEコンテナ、Cloudflare CDN、Bitninja・Imunify360(WAF)、WanguardDDoS対策、予測的サーバー監視・保守などの特徴があります。

Herokuではファイアウォール、DDoSマイグレーション技術、スプーフィング・スニッフィング対策、利用者のアプリケーションの隔離、脆弱性の管理、故障したプラットフォームのコンポーネントの復元(データベースや利用者のアプリケーションも復元可能)などのセキュリティ対策を提供しています。

どちらもしっかりしたセキュリティ対策があるので引き分けです

5. サポート

Hostingerなら無料でサポートを利用可能。Herokuだと素早いサポートは有料

Hostingerは24時間年中無休でライブチャット、チケット、メールサポートを提供しています(メールはログインしている場合のみ利用可能)。さらに素早く対応してもらいたい場合、有料の優先サポートも利用できます。Hostingerのライブチャットを試したところ、ほぼ直ちに返信してくれました。

Hostinger's customer support
Hostingerのカスタマーサポートはとても素早く対応してくれます。

一方、Herokuは無料サポートがあり、返信には1日かかります。また、プレミアムサポートはかなり高価格で、1時間以内に対応すると保証しています。ログインしているユーザーはチケットでも問い合わせることができ、メールでも質問できます。しかし、加入前にオンラインフォームで質問してみたのですが、返信は届きませんでした。

Heroku Knowledgebase Support
Herokuの知識ベース

自分で問題解決したい場合、Hostingerはいくつかチュートリアルを用意していて、ブログや詳しいテクニカルガイドもあるので便利です。Herokuだとコミュニティ掲示板、ブログ、ヘルプセンター、デベロッパーセンター、使いはじめガイド、ポッドキャストがあります。

Hostingerは無料で素晴らしいサポートを提供しているので、Herokuに圧勝です。Herokuの無料サポートは対応が悪く、高価格な優先サポートもHostingerには敵いませんでした。

Hostingerの勝ち

セキュリティの項目では引き分けとなりましたが、それ以外の項目はすべてHostingerの勝ちです。機能、パフォーマンス、価格、サポートはすべてHosingerの方が優れているため、この完全比較の優勝者はHostingerです。Hostingerはおすすめのレンタルサーバーランキングにもランクインしているほどですから、間違いなくおすすめです。

しかし、アプリをテスト、デプロイ、管理、スケールアップするデベロッパーや学生にとってはHerokuのコンテナベースのフルマネージドクラウドPaaSは試してみる価値がありそうです。

比較表

Hostinger
Heroku
プラン・価格
安い共用レンタルサーバー、クラウドサーバー、WordPressサーバー、メールサーバー、VPS
コンテナベースのクラウドPaaS+高価格なデータサービス(PostgresクラウドDBaaS)、プライベート環境
注目ポイント
CloudLinux OS、無料SSL、SSDストレージ、無料ドメイン(最初の1年間のみ)、速度ブースター(1~4倍高速)、無料CDN、ワンクリックアプリインストーラ(100種類以上のアプリあり)、hPanel、無料で自動のバックアップ(毎日)、無料マイグレーション、複数のPHPバージョン(5.2~7.4)に対応
データベースフォーク、フォロワー、データクリップ、自動化されたデータベースのヘルスチェック、1つのコマンドで可能なデータのロールバック、Mutual TLSを介したプライベートスペースへのスムーズな統合、アクセス権限の管理、Edge AWS CDN(有料アドオン)
パフォーマンス
稼働率99.9%保証(停止時間はクレジットで補償)、各コンテナで100%隔離された仮想マシン・コンテナを使用、Cloudflare CDN、RAID-10付きSSDドライブ
稼働率は99.5~99.95%、ISO 27001とFISMA認定済みのアマゾンが管理するデータセンター、バースト可能なvCPU・ディスク領域(プランによる)、EBSに最適化されたインスタンス、自動フェイルオーバーによる高可用性(プランによる)
セキュリティ
SSL証明書、毎日の自動バックアップ(毎日)、RAID-10、隔離されたリソース、LVEコンテナ、Cloudflare CDN、Bitninja・Imunify360(WAF)、WanguardDDoS対策、予測的サーバー監視・保守など
ファイアウォール、DDoSマイグレーション技術、スプーフィング・スニッフィング対策、利用者のアプリケーションの隔離、脆弱性の管理、故障したプラットフォームのコンポーネントの復元(データベースや利用者のアプリケーションも復元可能)
サポート
24時間年中無休のライブチャット・チケット・メールサポート、優先サポート(有料)、セルフサービスのチュートリアル、ブログ、知識ベース
無料・有料のプレミアムサポートにメールとチケットで対応、コミュニティ掲示板、ブログ、ヘルプセンター、デベロッパーセンター、使いはじめガイド、ポッドキャストなどのセルフサービスのサポート

よくある質問

HostingerはHerokuより優れたサービスですか?
はい。Hostingerの方がコストパフォーマンスが高く、おすすめのレンタルサーバーランキングにもランクインしています。
HerokuはWordPress向けサーバーを提供していますか?
いいえ。マネージドWordPress向けサーバーはWordPressにおすすめのレンタルサーバーランキングをご覧ください。
HerokuでVPSサーバーは利用できますか?
いいえ。VPSサービスを提供している企業はたくさんあります。安いVPSサービスのオススメランキングでは確実な安いサービスをご紹介しているので参考にしてみてください。
この記事を評価
4.03 ユーザーが投票しました
投票済みです! 取り消し
この入力フィールドは必須です。Maximal length of comment is equal 80000 charsコメントは最低10文字です

コメントがありますか?

レビューに返信
%s件の返信を見る
View %s reply

関連記事

関連記事をもっと表示

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!

1877993
100
5000
11029460