1. Website Planet
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. ウェブサイトとウェブページ…違いは?

ウェブサイトとウェブページ…違いは?

マーク・ホールデン
マーク・ホールデン
52
2019 十月 28

ネットの世界には詳しくない人でも詳しい人でもありがちな間違いはウェブサイトウェブページを混同することです。初心者には同じような言葉に思えるかもしれませんが、この二つの言葉は似て非なるものなのです。それぞれどう違うのか理解すれば区別する重要性をご理解いただけるはずです。この記事ではその違いについて分かりやすくご説明します。

なぜ混同しがちなのでしょうか?

ウェブページウェブサイトは似たような機能を指す言葉ですし、どちらも「ウェブ」で始まるから混同してしまう気持ちも分かります。しかし違いがあるのです。しっかり理解しておきましょう。

ウェブページ

インターネットが普及する前、本はコンテンツを読むために最も人気のある手段でしたね。ページをめくるたびに新しい情報が書かれています。ページはそれぞれ独立したものです。本のページはウェブページのようなものです。ページに情報が含まれていて、単独でも意味が成り立つものなのです。端的に言うと、ウェブページはネットで読むことの1つの文書で、このページにはテキスト、画像、動画などが含まれています。ウェブページはシンプルな形式だったり、目では見えないコードが書かれている場合もあります。各ウェブページには特定のURLが割り当てられています。

ウェブサイト

同じように本の例えを考えましょう。ウェブページは本のページのようなものだとすると、ウェブサイトは本自体のことです。共通の話題の書かれたページをまとめたものです。ですから1~585ページがMody Dickについて書かれていると、Mody Dickという名前の本ができるのですね。同じように、すべてのウェブページをまとめたのがウェブサイトなのです。他人のウェブサイトのあるウェブページはあなたのウェブサイトには入りません。

一般的に、1つのウェブサイトにあるウェブページは共通のドメイン名が付いています。ドメイン名はURLのことで、wwwで始まるアドレスのことです。ですからwww.Websitesareawesome.comというドメイン名には複数のウェブページがあり、そのウェブページのURLはこのドメイン名で始まります。ウェブページごとにURLの後にくる部分が異なります。例えば以下のようなウェブページがあるでしょう。

  • Websitesareawesome.com/about
  • Websitesareawesome.com/products
  • Websitesareawesome.com/library
  • Websitesareawesome.com/FAQs
  • Websitesareawesome.com/contactus

このようなウェブページが一つのウェブサイトに含まれているのです。

なぜこれが重要なのですか?

この二つの言葉の違いを理解するのは本当に大切なのでしょうか?実はマーケティングキャンペーンが成功するかどうかはあることを理解しているかどうかにかかっている場合があります。それは、検索エンジンはウェブサイト全体をインデックス化するのではなく、ウェブページのみをインデックス化しているということです。つまり、クローラーがウェブサイトをクロールするとき、各ウェブページを見てウェブページのコンテンツに基づいてそれぞれインデックス化しているのです。

検索エンジンはすべてのウェブページをインデックス化しているのではありません。特定のキーワードやフレーズでウェブサイトを最適化したい場合、各ウェブページをそのキーワードやフレーズで最適化する必要があるのです。1つのウェブページだけ1つのフレーズでランキング上位にすることはできません。ウェブページごとにキーワードを最適化することでサイトのSEOをより良くすることができるのです。

以下の例では犬の首輪(Dog collars)を検索してみました。

ウェブサイトとウェブページ…違いは?

GoogleはPetcoやChewy.comのホームページを表示したのではありません。なぜでしょうか?Googleは私が目的としているものに限りなく近いページを表示しようとするからです。ですから首輪を販売しているようなウェブサイトを表示するのではなく、欲しい商品の掲載されているウェブページ自体を表示してくれるのです。すごいと思いませんか?

ウェブページを最適化する方法

各ウェブページを最適化することの重要性が理解できましたね。ではその方法を見ていきましょう。注目したい方法はいくつかあります。

  • URLに適切なキーワードを読みやすいように追加して最適化しましょう
  • ウェブサイトの構造を分かりやすくし、はっきりした直感的に分かるようなカテゴリに整理しましょう
  • 69文字以内でウェブページと題名を最大限に活用しましょう
  • ユーザーの興味を引くようなウェブページの説明を書きましょう
  • ウェブページのヘッダーも興味を引くようなものにしましょう
  • 高質で情報量の多い、興味深いコンテンツをウェブページに掲載しましょう
  • 画像を利用すればたくさんの情報を伝えることができますから、高画質の画像をできるだけたくさん盛り込みましょう
  • ウェブサイト内のページや他のサイトへのリンクを賢く追加しましょう。良質なサイトにのみリンクしましょう
  • ウェブページのレイアウトをGoogleに適したデザインにしましょう。広告をたくさん表示するのは避け、重要なコンテンツはフォールドの上に掲載しましょう

WixWordpressなどの多くの素晴らしいウェブサイトビルダーはウェブページがしっかり最適化できるようにアドバイスを提供しています。

ウェブサイトを最適化する方法

ウェブサイトを最適化したいものですよね。そのためには以下のようなことを行いましょう。

  • ウェブページが素早くロードされるようにする
  • ユーザー体験が最高になるように工夫する
  • 高画質動画、コンテンツ、キーワードをウェブページに盛り込む

 

これでウェブサイトを成功させることができるようになります。

違いを有効利用しましょう

ウェブページとウェブサイトの違いは理解できましたね。ではこの知識を有効利用しましょう。最も重要なポイントは特定のキーワードでランキング上位になりたいならウェブページすべてをそのキーワードで最適化することです。ブログ記事や商品ページ、ランディングページなど、ウェブサイトにある全てのウェブページを注意して最適化させる必要があります。ホームページが特定のキーワードでランキング上位に位置しているからと言って油断してはいけません。各ウェブページを一つ一つ最適化してウェブサイトへのトラフィックを最大限に伸ばしましょう。

 


画像

Webpage vs Website: https://writingexplained.org/webpage-vs-website-difference

52 拍手
この記事が役立ったら拍手をお送りください!

関連記事

関連記事をもっと表示

コメントがありますか?

0 文字中 100 文字
必須項盬"Campo richiesto" Maximal length of comment is equal 80000 chars コメントは最低100文字です

本物の人間からであることを確認するためにすべてのユーザーからのコメントを48時間以内にチェックいたします。この記事が役立って幸いです。他に人にも伝えていただければ幸いです。

家族や同僚にこの投稿を共有してください。

他にユーザーの役に立つことでしょう。弊社のチームがレビューを確認して正当だと確認されたら48時間以内に公開されます。

あなたのサイトのパフォーマンスを改善し、デジタルマーケティングの目標を達成するのに役立つ裏技やアドバイスなどを毎月お届けします!

気に入ってもらえて良かったです!

お友達と共有しましょう!