Loading...

フリーランスのウェブサイト

2018年フリーランスウェブサイトトップ10 専門家やユーザーのレビューを読んでフリーランサーを見つけ、仕事を達成させましょう。 世界中からプロのフリーランサーを探し、彼らの知識をあなたのプロジェクトに生かしましょう。簡単に雇用して仕事を始められます。無料でプロの人事部に雇用を任せたりあなた自身でチームを管理したりできます。当社の専門家が最も人気のあるフリーランサーウェブサイトを試し、市場で最高のウェブサイトはどれか分析しました。UpWork、Elance、Fiverrなど。

 
  • ルーカス・ターナー UpWorkは透明性と安定性があることがフリーランス市場での強みです。アウトソーシングやフリーランサーの選択が簡単になるように力を入れているのは明らかです。雇用主とクライアントの仕事の履歴を表示したり、フィードバックシステム、エスクロー支払いシステムやデスクトップ・モバイルアプリもあるのがメリットです。UpWork特有のメリットは雇い主はUpWork Proプランを選択してUpWorkが最適なフリーランサーをひとり一人見つけてくれるので、何件もの申し込みを自分で確認する時間が省けます。

  • マックス・アンダーソン Fiverrは最も安価で色々なサービスと提供しているフリーランスサイトの一つです。無料で登録でき、ギグは$5からなので素早くフリーランサーに小さな仕事をしてほしいという時に役立つサービスです。本当にたくさんのサービスが提供されており、フリーランサーの想像力とFiverrの利用規約次第で色々なことが可能です。プラットフォームは本当に簡単に利用でき、評価やフィードバックシステムがあるのでフリーランサーや雇い主の評判を確認することもできます。

  • マックス・アンダーソン 2500万ものユーザーが登録しており1200万のプロジェクトが完了しているというFreecanler.comは最も人気のあるマーケットプレイスです。手数料と月額料金で成り立っています。雇い主もフリーランサーもプロジェクト料金または時間料金を払います。手数料は両者のメンバーシップのレベルで変わります。デメリットは毎月最高で8回しか仕事に申し込めず、それ以上申し込みたい場合は有料アカウントにアップグレードする必要があります。そのため、新米フリーランサーはあまり気が進まないかもしれません。

  • オリバー・テイラー Guruはフリーランサープラットフォームで、プロやグループが8つのカテゴリのサービスを提供するというものです。このプラットフォームの使い方を覚えるのにはやや時間がかかりますから長期的なフリーランサーや雇い主に向いていると思います。Guruの魅力の一つは雇い主はプロジェクトを掲載したり、フリーランサーから申し込みを受けるのに手数料を支払わなくていいということです。その代わり、支払いの処理には低額ですが手数料がかかります。Guruはクレジットカードや電子決済ゲートウェーの他にも小切手や口座振り込みなどの方法でも支払えるのがいいでしょう。

  • オリバー・テイラー たくさんのフリーランスサービスがあるなか、iFreelanceには2つの注目ポイントがあります。一つ目は手数料がゼロだということと、フリーランサーは無制限でプロジェクトに申し込みできるということです。この会社のミッションは雇い主とフリーランサーを繋げるネットワークの役割を果たすことで、そのため、雇い主とフリーランサーがマッチしたらiFreelanceはできるだけ関与しないということです。手数料がないのはそのためです。これにはデメリットもあります。信用できない相手だった場合、サポートが得られないということです。

フリーランスのウェブサイト - 弊社のトップレビュー

ランクサービス開始価格評価
1. UpWork
$ 0.00
4.5 / 5
2. Fiverr
$ 0.00
4.5 / 5
3. Freelancer.com
$ 4.95
4.5 / 5
4. Guru
$ 0.00
4.4 / 5
5. iFreelance
$ 0.00
3.5 / 5